スポンサーリンク

2006ベイスターズ投手陣の展望

まだキャンプも始まっていないが、個人的な投手陣の構成を展望として書いてみる。

先発

三浦
門倉
土肥
----
吉見
那須野
秦
龍太郎
染田

先発については、三本柱は誰もが分かるとして、あとの先発だが、阿波野コーチの構想では若手を使っていくらしい。吉見は今年は「四本柱」に入るくらいの安定感が欲しいなぁ。残りの若手では那須野と染田の自由枠コンビに期待したいが、染田は去年、フォームをいじられて壊れてしまった。復活して欲しい。

中継ぎ

川村
木塚
加藤
----
岸本
高宮
佐久本
ベバリン
吉川
牛田
岡本

トリプルKの3人は文句なし。加藤はやはり中継ぎの方がいいと思う。ロングも行けるし。この中に入って欲しいのが岸本。彼が川村のポジションを取って藤川的活躍をすれば、大変なリリーフ陣だねぇ「右は」。

左はホルツの代わりの外人左腕の情報もないし、佐久本で行くつもりなのか?高宮は先発の話もあるけど、中継ぎで使うことになりそう。どちらかと言うと、岡本の方が戦力になるんじゃないかなー。

ベバリンは先発厳しいんじゃないのかな?シコースキー的に中継ぎで使えればかなり助かる。

抑え

クルーン

とりあえずここは決まりだけど、去年も後半はかなり打たれてたしねー。オレとしては岸本が抑えになってくれることを期待。

大穴

三橋
飯田
森

来年の高崎投手(日産)への布石と言われる(栂野の代わりとも)三橋だが、意外と1年目から活躍したりして。飯田も面白い存在で、左腕と言う点を生かして1軍昇格も?森は、ちゃんと投げられるようにさえなれば、大変な戦力。同級生の那須野、染田、岸本らと相乗効果で復活したら、こりゃ大変な投手陣だ。

全体

ほとんど補強もなく、佐々木、斎藤隆、若田部と高年俸投手が消えて、見た目がとにかく弱々しい。本当に若手の成長次第。それだけに那須野の世代に期待してしまう。1997年あたりの戸叶、福盛、川村ら若手投手陣の急成長が再現されれば、優勝争いも可能だと思うが、その成長がなければ最下位争いもある、そんな状態かな。オープン戦で激しい開幕1軍争いが起こることを期待!

コメント

  1. yuanyuan より:

    岸本

    はじめまして。横浜ファン、中継ぎ応援中の yuanyuan です。

    岸本って、先発とリリーフ、どっちで起用される予定なのか分からないですが、個人的には私もリリーフになってほしいです。コントロール良くなればかなりいけそうな気が (岸本もKですね。。。)。

    左の中継ぎについては情報が全然ないですよね。

    高宮は先発、という情報もあるけどどうなるんでしょうか。

  2. Rocky より:

    Unknown

    yuanyuanさんコメントありがとうございます。

    >岸本もKですね。。。

    そうなんですよ。クルーンも入れて「5K」で、右は凄いんですが、左はね・・・。

    書くの忘れましたが、バーンサイドって左の中継ぎは獲得したんだったか?佐久本もあまり期待できないですから、やはり高宮が戦力になれないと厳しいですね。

タイトルとURLをコピーしました