スポンサーリンク

スターナイト史上初のサヨナラ勝ち

07/31 横浜DeNA4x-3東京ヤクルト@ハマスタ

スターナイト2戦目は、史上初のサヨナラ勝ちとなった。3-3の同点で迎えた9回裏、満塁から宮崎が三遊間を破るヒットを放ち、試合を決めた。スターナイト連勝でスイープに大手をかけた。

ポジ

9回裏1アウトから代打の乙坂が、近藤の高めのストレートを完璧にミートし、レフトオーバーのツーベース。あと少しでホームランという当たりだった。続く嶺井には代打の佐野を起用したが、ここは申告敬遠で塁を埋めてきた。神里はセンター前へゴロが抜けていき、満塁。宮崎にはカウントが3-1となり、近藤としては苦しい場面になった。5球目は外角低めのストレートだったが、これをレフト前に運んでサヨナラ勝ち。

このところスタメンでも活躍する乙坂、佐野がベンチに控えていて、代打でチャンスメイクし、スターナイトで初めてのサヨナラ勝ち、そして、初めての連勝スタートをもたらした。もちろん、最後を決めて宮崎も、この日3安打で、2番での起用に応えた。サヨナラ打は、サードゴロゲッツーと紙一重だったけどね。

先発の濵口は、6回1失点と好投した。球数が多いのは彼らしい投球で、やむを得ないところがある。3四球と適度に荒れていて、打つ方も難しかったのかな、と。6回で110球を要したが、ヒットは3本。完全に打ち取った当たりを石川が深追いして、捕れなかったバレンティンの打球もヒットになっているので、山田と青木に打たれただけだ。失った1点も自身の暴投によるものだが、一塁線の当たりがソトの緩慢な動きでスリーベースになってしまったことが原因。6勝目が消えてしまったことは残念だが、ハマスタでまた好投ができたので、だいぶ払拭できたのではないか。やっぱり、デーゲームがダメなのかね。

同点の場面で康晃が登板。スターナイトの登板はあまり良い印象がないが、この日は下位打線をテンポよく三者凡退で片づけた。サヨナラ勝ちを呼び込む流れを作ったと思う。

嶺井は代役としてスタメン出場した。エラーはあったが、まさかのホームランもあり、一定の役割は果たしたと思う。打つ方では過度の期待はしないので、何とか投手陣を引っ張って行ってもらいたい。

ヤジ

今日は8回に三嶋を登板させた。康晃は温存できたものの、代わりにパットンを使ってしまったので、三嶋を選択した。彼の役割からすれば、問題ない選択だったと思うが、ストレートが少し高かったかなという印象。山田には真ん中のストレートをライトスタンドへ運ばれた。これは打った方も上手いと思うけどね。

三嶋が登板した時点で、かなり流れとしては嫌だなと思っていた。5回、嶺井のソロで追加点を取ったあとの2アウト2、3塁で筒香が凡退。7回は2アウトから連打で1、2塁とするも、ソトが凡退した。ここで中押しできなかったのが響いた。3-1で逃げ切れる流れになっていなかった。

チャンスで凡退した4番。チームは何とか勝利したので、そこまで責め立てる必要はないが、4番に戻ったとたんの沈黙ぶりはやはり気になる。力んでいるように見えてしまう。そう簡単に2番へ戻すこともしないだろうが、何とか機能するようにしたいところ。2番の時と同じ気持ちで、と簡単にはできないのだろうけどね。伊藤光の離脱もあり、打線でカバーしていきたいところ。チームの得点力がベストになるオーダーを優先すべきと思うけど。

キジ

夕方に入ったショッキングなニュース、伊藤光の登録抹消。昨日の9回にファールチップがミットの中で悪い形で当たり、左手の薬指を剥離骨折となった。これは痛い。痛すぎる。本人が一番痛く、悔しいだろうが、今のベイスターズの中で伊藤光の貢献度はかなり高かった。

オーソドックスではあるが、投手陣の特長、セ・リーグの打者のデータも頭に入り、うまく回りだしたところだったし、何より下位打線として時にランナーを還し、時に出塁し、ということで打線の中でも大きな役割を担っていた。4番筒香にした場合に、出塁した筒香を還す役割として、大和とともに伊藤光の存在も計算していた。他の捕手となると、特にバッティング面ではかなり見劣りする。

この日の試合では嶺井が1号を放って、存在感をアピールしたが、長期の離脱となるので、大きな差になって表れるだろう。今季はちょっと終わったかなとさえ思う、残念な知らせだった。

起きてしまったことはどうしようもないし、ケガ人がどうしても数人出るのはありうること。嶺井にしても、戸柱にしても、ここまでいろいろと経験を重ねてきた。彼らにとってはチャンスだから、伊藤光のカバーというよりも自分が活躍するという気持ちで、持てる力をフルに発揮してもらいたい。山本もバッティングはいいものを持っているので、なかなかスタメンマスクというのは難しいが、アピールしてもらいたい。

スターナイト8年目にして、初めて1戦、2戦と連勝した。初の3連勝が見えてきた。本来、今永の先発を大貫と入れ替えた明日、勝利できればチームにとって大きい。打線が山田大からいかにして得点を重ねるか。7/8の対戦では打ちあぐね、2年ぶりの勝利を献上してしまった。そこから3連勝してきており、ヤクルトの中では勝てる先発という状況。

左腕の先発投手に対して、相性が悪いが、週末の読売戦を前に、少しでも貯金を増やしておきたい。

ちなみにドローンの宇宙空間ショーは、バックネットの正面から見ないとよく分からないものがあって、うーんという感じだった。キレイだけどね。ドローン100台がハマスタに入ってくる最初の部分が一番良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました