スポンサーリンク

あぶねー!!何にも代えがたいこの歓喜

06/21 横浜DeNA2x-1広島東洋@ハマスタ

これが3ヶ月待ちわびてきた歓喜!DeNAが、開幕3連敗目前で逆転サヨナラ勝利。この瞬間を我々は待っていた。2連敗で迎えた3戦目、広島のルーキー森下が素晴らしい投球で7回無失点。負けを覚悟していた中で、喜びが爆発した。

ポジ

DeNAの投手陣が良く投げた。1点に抑えたからこその逆転劇だった。先発の平良は、初回から丁寧な投球。ストレートに威力もあったし、変化球も良いコースに投げられていた。時折、失投はあったが、しっかり低めに集めているから、急に来た甘い球をミスショットしていた。

何よりもどんな場面でも表情が落ち着いていて、この平良で打たれたら仕方ないなと思わせるほどだった。それだけ自信を持って、ここまで調整できたということ。先発ローテの柱として期待できる今季初登板だった。普通なら勝てる内容だが、前日のピープルズに続いてそれが残念。

そして、国吉が広島にリベンジした。開幕戦では、2アウトを簡単に取ってから田中を歩かせて、大瀬良に合わされての2ラン。この日の登板は、腕の振りも良く、指にかかったストレートが来ていた。

2イニングをパーフェクトピッチングで、広島に流れを渡さず、サヨナラ勝ちを呼んだ好投だった。ホームランを打たれたピレラには、156キロのストレートで押した。最後はカットボールで詰まらせ、きっちりやり返した。

パットンも、四球からピンチを招いたが、柴田が會澤のゴロを何とか捌き、リプレー検証の末、アウトに。前日4安打の堂林を打ち取り、開幕戦ではできなかった1点差のまま9回裏を迎えることができた。

前日、スコットからタイムリーを打っているソトから始まったのも、DeNAにとっては巡りが良かった。その瞬間はこんなこと思えなかったが、乙坂の併殺も逆に良い方向に回ったとさえ思うほど。

ソトが高めに浮いたスライダーをライトのフェン直のシングルヒット。あと少しで同点ホームランという当たりがシングル。やっぱり届かないのかなと思ったが、続く佐野が初球を強烈なライナーでライト前ヒット。これで行けるぞという雰囲気になった。

一塁走者が還ってのサヨナラ負けを防ぐため、ロペスを迎えて外野手は長打警戒でフェンス近くまで下がる。ストレートに押された打球がライトの前にポトリと落ちて満塁。完全にDeNAに流れが来ていた。

ノーアウト満塁は、最初の打者で点が入らないと、無得点に終わるケースが往々にしてある。宮崎のところで少なくとも同点とし、嶺井への代打オースティンに期待と思っていたが、高めに入ったストレートを見逃さずに右中間へ運んだ。初対戦できっちり捉えたあたり、さすが首位打者。

3者連続ホームランでサヨナラ、3日連続でサヨナラに続いて、4連打で逆転サヨナラとはハマスタの広島戦は劇的だ。

ヤジ

緊迫した好ゲームからの劇的な幕切れ。何も言うことはない。

キジ

その瞬間、「よし!!」と共に出たのは「あぶねー!!」という声だった。いや、ホントに3タテ食らったと覚悟していた。3連敗をして、せっかく開幕したのにモヤモヤしたまま日曜の夜から火曜の夜まで過ごすところだった。本当に危なかった。ありがとう、ベイスターズ。

森下は素晴らしい投球だった。昨年のドラフトの時も、森下を抽選なしで獲得できたのは羨ましい思いがあったが、投球を見てますますそれを感じる。もちろん、ベイスターズファンとしては、将来の森に期待しているわけだけど。

ルーキーのデビュー戦で、先頭の梶谷にヒットを打たれても落ち着いていた。乙坂の当たりが正面を突いて、梶谷が飛び出したのもラッキーだったとは思うが、あれだけのボールを投げていれば、そうでなくても結果は出るはず。

何よりも謙虚な姿勢に好感を持てる選手だと思う。ベンチでの素振りもそうだし、試合後のコメントが「自分が9回に投げても同じ結果になったかも」だなんて、なかなか言えることじゃない。体力的にフルシーズン持つかどうかというところはあるけど、新人王に近いね。

ラミレス監督が思わず、試合後のインタビューで「代えてくれて良かった」と言ったけど、これは本音だろう。ルーキーの初登板ということを考えれば、7回での降板は妥当。前日、点を取っていたからスコットならチャンスはあるかもと思ったが、まさかここまでうまく行くとは。

スコットも素晴らしいボールを持った投手だが、彼には悪いけど、この試合に関しては、森下のボールを見ていたので、打ちやすいと感じただろうね。コースも甘かったし。

全国放送のNHK総合で中継された試合。全国のベイスターズファンに、ヒヤヒヤさせながらも、最高の歓喜を届けることができたと思う。スピードガンが全然正しく表示されず、9回になってやっと球場と同じ表示になったことは水に流そう。

プレイバックや練習試合を観るのとは、全く違う。これだけ心の底から勝って欲しいチームの公式戦を観るのは、緊張もするし、ドキドキもする。もう負けだろうなと思ったところからの逆転。前日はカープファンが味わったであろう野球の醍醐味を、ベイファンにももたらしてくれた。

いつものように水を撒き散らしてはしゃぐ選手たちは見られなかったけど、こういう喜びを待っていた。やっと2020年のプロ野球が開幕したことを実感できた試合だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました