スポンサーリンク

2番神里を変えずに奏功、中井も打った

08/06 横浜DeNA3-0中日@ハマスタ

ここ2試合、2番に入って活躍を見せている神里だが、左腕の松葉が相手と言うことでスタメンを変えて来ることも予想されたが、そのまま2番で起用。ホームランとタイムリーでポイントゲッターという想定とは違う役割になったが、功を奏した。中井もスタメン出場し、貴重な先制ソロを放った。

ポジ

今回は、謝罪シリーズということで。

中井が流れ掴む1号ソロ

1、2番が走力を含めて良い形で回っているので、左腕の松葉でも神里で行って欲しいが、中井を出したりしてしまうのか。

昨日の投稿に書いたのは、中井を使うなという意味ではなく、神里を外して2番にセカンド中井、3番ライト・ソトという起用になるのかなと思って書いた。中井の状態が良いことは分かっていたし、右の代打は彼しかいないような状態なので、そのまま神里で行って欲しいなと思った。

でも、これは謝らなければならない。スタメンで出場して、見事な活躍だった。初回の2アウト満塁で先制できず、主導権を握り損ねたところで、流れを掴む先制ソロだった。守備の動きも良かったし、マルチヒットで存在感を見せてくれた。代打での勝負強さも生かしたいが、状態がいいのでもっと使いたい。贅沢な悩みになる。

4連勝でチーム勝ち頭

昨年、大貫の印象として「いいヤツっぽいけど、ダメそうな顔をしている」と思ってしまった。何しろハマスタで初回に6点取られて、その裏7点取り返すという、伝説の試合を現地で観ている。あの1アウトも取れずに降板していった大貫のイメージが、強烈に残っている。

しかし、この日のマウンドでは自信に満ち溢れていて、別人のようだ。ここ3試合の安定感をそのまま維持し、中日打線を打ち取って行った。7回は先頭の阿部に二塁打を打たれ、1アウト3塁のピンチを背負ったが、高橋を打ち取り、A・マルティネスからは「狙って」三振を奪った。控えめながらガッツポーズを見せた大貫の顔からは、ダメそうな雰囲気は一切消えていた。

これで今永に並んでチーム勝ち頭となる4勝目。33イニングなので、規定投球回数にはまだ不足しているが、防御率は1.91と平良を上回ってきた。開幕前の練習試合では登板すらなかった遅れて来た男が、一気にローテの軸になり始めて来た。来週は木曜に試合がなく、次の登板がいつになるかも注目だ。

ヤジ

左腕相手でも2番神里をそのまま残し、前日ヒーローだったロペスを外し、中井をセカンドに使った。左腕に強い倉本も起用し、結果的に得点に至らなかったが、チャンスで良いバッティングを見せた。外すならソトの方ではというところで、復調の兆しとなりそうな3安打。これはラミレス采配がズバリ大的中!と言いたいところだが、そうもいかない。

11安打中ソロが2本。つまり9安打で1点。初回は満塁で根尾の好捕があり、ソトのホーム突入アウトもあり、12残塁。投手陣が完璧なリレーをしてくれたので、安心して見ていられる展開だったが、逆転されかねない流れ。おそらく、先発が平良だったらひっくり返されていたんだろう。

3安打を放ったソトが、打点も得点もゼロと全く得点に絡んでいない。不運もあるかも知れないが、やはり走塁が課題。3回の二塁打ではヘッドスライディングの激走を見せたソトだが、初回の宮崎のヒットはそれほど強い当たりではなかったが、還れず。少し前に守っていたが、前日佐野が刺されている根尾だったので止めた。逆に3回は倉本のヒットで突入するもアウト。止めても点が入らず、回しても点が入らず。

5回のソトは打った瞬間「これは間違いなし!」と実況してしまうくらいの当たりだったが、弾丸ライナーがフェン直。当たりが良過ぎて神里でも還れず。結局このノーアウト2、3塁は得点を追加できなかった。

打線の繋がりとしては、この日は良くなかった。佐野も毎日打てるわけではないし、2つの四球をきっちり選んでいるところは評価できる。2番神里がチームの潤滑油になっていることは間違いないので、このまま続けてもらいたい。

キジ

ここでもまずは謝罪から。

正直、ハマスタに慣れている上手い外野手なら捕っているだろう。急造外野手で初めてハマスタのレフトを守る根尾には難しい当たりだった。

初回の根尾の守備は見事だった。ハマスタのポール際は難しいし、フェンスとの距離感も掴みづらいだろうが、恐れずに捕りに行った素晴らしいプレー。そして、5回には倉本のレフト前ヒットでソトをホームで刺した。本職は内野だが、外野でも非凡なところは見せた。ハマスタでのプロ初ヒットはならなかったが、明日からのナゴヤドームでは打ちまくってもらいたい。

中日の打線の状態がどん底という感じがする。散発の4安打に抑えられ、長打も2本出たが得点まで持って行けない。そんな状態で、中日戦に相性が良い大貫が投げれば、調子が普通であれば抑えるのは必然だろう。そして、石田は完璧。三嶋は最近の中では良くない方だったが、それでも寄せ付けなかった。何という安心感。中日には申し訳ないが、広島や読売相手ではこうは行かないぞとは思うが、良くなっているのは間違いない。

3連勝で今季最多タイの貯金3に戻ってきた。6連敗の分は全て返したことになる。オセロ状態が続いていた為、今季9度目の貯金4への挑戦となる。ここから壁を突き破って、読売を追いかけて行けるか。神宮の3連戦で勝ち越すことができるか、重要なカードとなる。上茶谷も好投で勝てるようだと、チームはますます勢いづくはず。期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました