スポンサーリンク

オースティンの10割続く 濱矢は前進

02/23 中日4-7横浜DeNA@北谷

オースティンがこの日も2安打と四球で凡退がなく、打率10割をキープ。今後に期待が膨らんだ。先発の濱矢が立ち上がりは苦しんだがまずまずの結果を残したが、石田は3失点と不安を残した。

ポジ

DHでスタメン復帰のオースティンは、この日も左腕の大野雄からレフトへダブルを2本。右の柳に変わった3打席目は、相手が警戒してストレートの四球。これでオープン戦は5打数5安打1四球で10割。オープン戦で打っても、とは思うが、相手にインパクトは残した。今後は調子が悪い時にどれくらいやれるのか、相手が苦手なところを見つけ出した時にどう対処できるかが注目。もともとMLBでもメガプロスペクトと言われたくらい、能力がある選手なのは間違いない。このまま乗って行ってくれれば。

宮崎も2安打。彼の場合はいかに開幕にコンディションを合わせるかというだけなのだが、これくらいの調子で開幕に入ってくれれば最高だ。

スタメンのチャンスを得た伊藤裕が3打席目でやっとヒットが出た。このヒットから、控えの選手で4連打。最後は梶谷が走者一掃のダブル。同点に追いつかれた後の効果的な3点。公式戦だったら最高の展開だね。

先発の濱矢は、初回にビシエドの犠牲フライで失点し、29球を要してしまったが、2回以降は京田の内野安打だけに抑えた。球持ちが長いのが特徴で、コントロールも程よくまとまっていた。打者がタイミングを取り切れていない感じがあった。4イニングをきっちり投げ切り、次回以降のチャンスに繋げた。

昨年はイースタンで先発することも多かったが、4イニング程度しか投げないことも多かったので、6回くらいまで投げられるのかは少し疑問だ。次回以降で、長いイニングの投球を見てみたい。

齋藤は連投となったが、最終回をあっさりと片づけ、今年の活躍を期待させる登板だった。

ヤジ

石田が5回から登板し、いきなり高橋に特大の2ランを浴びるなど3失点。コントロールが今ひとつで、高めに甘い球ばかりだった。球威も不十分だったように見えた。主力級が残っていた5回は痛打されたが、6回以降は控え選手に交代しており、それほど打たれることはなかったが、この日の出来だとちょっと厳しい。まだ開幕まで3回くらいの登板があるだろうから、状態を上げて行く必要がある。次回の内容を見たい。

4番佐野は3試合でまだノーヒット。この試合では1回に内野ゴロ間で打点はマークしたが、まだ4番の仕事は見せられていない。練習試合では打っているし、心配することではないが、4番とキャプテンのプレッシャーもあるだろうから、早めに結果が出ると楽になるのだが。できればオープン戦で結果を残した状態で公式戦に入りたい。

キジ

右ひじの張りがあったオースティンだが、心配は無用とばかりにこの日も長打を連発した。ホントに彼の長打力はすごい。今後、変化球攻めで崩された時に、どれくらい不振が続くのか、そういったところを見て行く必要はあるだろう。2番に入っていることもあり、まだ得点圏での打席がない。勝負強さも求めて行きたいポイントなので、これから徐々にという感じか。

打線が活発過ぎて逆に不安になるくらいだが、3月に入って少し落ちて、開幕でまた上がって来るくらいになればいいが。まだ相手投手も全開という感じでもないし。

オープン戦3連戦の最後は名護。宜野湾からは少し距離もあるため、ロペスと宮崎は残留し、ベンチ入りしないようだ。ファームからは知野とデラロサが参加する。謎のスイッチヒッター、デラロサがアピールできるか?

そして、打球が当たって心配された山崎だが、既にブルペンで投球を行っており、名護で予定通り登板する。パットンは沖縄では実戦登板しないみたいだね。

ファームでは、エスコバーがキャッチャーを立たせてブルペン投球を行っていた。キャッチボールの延長みたいなレベルではあるが、投げられるということか。あまり無理はせず、いつもより長いシーズンでしっかり活躍できる状態で戻ってきてもらいたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました