スポンサーリンク

4番佐野が先制打!今日もオースティン

02/24 北海道日本ハム2-5横浜DeNA@タピック名護

DeNAが投打の主軸の活躍により4連勝を飾った。佐野のオープン戦初ヒットがタイムリー。オースティンに早くもオープン戦3号が飛び出し、今永が先発して4回1失点だった。

ポジ

4番の佐野がやっとオープン戦初ヒット。3回満塁で回ってきた2打席目で、変化球をライト線へ運ぶ2点タイムリー。チームに先制点をもたらした。結果的に勝利打点となる一打で、4番としての役目を果たした。本人もホッとしたというコメントを出していた。やはり打てないまま公式戦を迎えるのは、不安が大きい。今後も要所で打点を挙げるような活躍を期待したい。

そして、試合がある度に毎回書いているような感じだが、この日もオースティンが打った。初回の打席でオープン戦初の凡退に倒れたが、第2打席は冷静に四球を選び、5回の打席は斎藤佑樹と対戦。フルカウントからフォークが真ん中高めの甘いコースに入り、これを見逃さずに強振。打った瞬間という弾丸ライナーがレフトスタンドへ突き刺さった。

オープン戦3号。確かにボールは非常に甘かったが、フルカウントからこれだけしっかりスイングして捉えられるのは、素晴らしい。今後、いろいろ迷ったり、スランプになることもあるだろうが、こういう部分を忘れないでもらいたい。

先発の今永は4回1失点。渡邉諒に甘くなったボールを完璧捉えられ、トリプルを許したが、中田の犠牲フライだけに留めた。できればこの場面、ノーアウト3塁を失点しないような投球を見たかったが、犠牲フライならやむを得ない。今の時期にこの内容で投げられれば、順調と言える。本人的には課題はまだまだあるだろうが、開幕までの3週間で修正可能なレベルかと思う。

そして、山崎が5回に登板。投げているボールは本来のものではなさそうだが、ひとまずすぐに実戦復帰できたことは、本人も一安心だろう。開幕までに状態を上げて行くことはできる程度の遅れだと思うので、来週以降の登板で内容を見て行きたい。

打線は6安打ながら四球を絡めて犠牲フライでの得点など、効率的に5点を奪った。甘いボールではあったが、伊藤裕に長打が出たのも良かったし、大和、柴田は好調が続いていた。下位打線がこれくらい打つ状態でシーズンに入れれば、開幕投手やローテ上位の投手相手でもある程度、得点が期待できるのだが。

スタメンのチャンスをもらった百瀬。バットでは結果が出なかったが、守備でファインプレーがあった。25日のファーム練習試合もスタメンなので、今後も1軍に帯同できるよう、アピールが欲しいね。

ヤジ

特に言うことなしの試合。普通に各選手がしっかりとやって勝ったゲーム。乙坂、楠本、関根と途中からゲームに出場した選手も、捉えた当たりを放ったが、いずれもセカンドライナー。いい当たりだったが、結果には結びつかなかった。モヤモヤするだろうが、25日の沖縄での最後の試合にぶつけて欲しい。

キジ

大洋の頃は、オープン戦は強く、5月くらいまでで息切れしてBクラスというパターンが定番だった。春の珍事とはよく言われたものだ。それを彷彿とさせるくらいの快進撃。オープン戦で勝敗を言っても意味がないのだが、内容もしっかり伴った4連勝だと思う。

オープン戦首位は、昨年が広島、2018年読売。そして、2017年のロッテは13勝2敗3分という抜群の成績だったが、シーズンは最下位。2015年はソフトバンクがオープン戦首位、交流戦首位、リーグ戦首位で日本一に輝いたこともあるが、開幕直前を除き、基本的にオープン戦は勝ちに行っていないので、勝敗が良いからと言って、良いオープン戦を過ごせたとは限らない。

勝利するよりも、打たれたり、打ち取られることで課題が見つかり、それを開幕までに潰せた方が、公式戦での結果に繋がることもある。そういう意味で、オースティンの弱点を攻められて4三振とか、そういうシーンがあってもいいのではないかと思っている。既にインパクト、恐怖感を与えることはできているので。

あっと言う間にキャンプももう2日しかない。オープン戦に入り、開幕までにどんな準備をし、どんな陣容で迎えるのか。楽しみにしつつ、注視していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました