スポンサーリンク

2023年ベイスターズ日程カレンダー

横浜DeNAベイスターズの2023年シーズン日程をカレンダー形式で紹介。開幕は3月31日(金)に京セラドームで阪神戦。ハマスタは4月4日(火)の読売戦で開幕。交流戦18試合とリーグ戦125試合の全143試合を予定。クライマックスシリーズは例年通り2ステージ制、日本シリーズは10月28日開幕を予定。

スポンサーリンク

ベイスターズ2023年日程

球場名なしは、全て横浜スタジアム。グレーは予備日。
試合開始時刻は未発表。クライマックスシリーズの日程は予想。発表され次第、更新。

京セラ:京セラドーム大阪
マツダ:MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島
バンテ:バンテリンドームナゴヤ
ハード:HARD OFF ECOスタジアム新潟
楽天:楽天モバイルパーク宮城
Pay:福岡PayPayドーム

未発表の残りカード

なし

スポンサーリンク

イベントゲーム

2022年は、コロナやオリンピックの特別日程の影響で時期がずれたり開催されなかったイベントが、ほぼ例年通りに開催された。

特にBLUE☆LIGHT SERIESは、スタンドをファンが埋め尽くし、青く光る配布物を点灯させることで、青く輝く幻想的なハマスタを演出して来た。満席まで観客を入れることができるようになり、復活した。

また、YOKOHAMA STAR☆NIGHTは、当該の3連戦だけではなく、前後の連戦も含めてSTAR☆NIGHT WEEKSとして限定ユニフォームを着る試合を増やすなど、新たな試みもあった。2023年は8月に連戦がないので、6試合の規模になりそうだ。

2022年は「ベイスターズ」「マリノス」ともに30周年ということでコラボイベントが行われた。2023年もアニバーサリーイベントはあるだろうか。ハマスタ45周年くらいしか浮かばないが、下記の予想よりも1つ、2つ多くイベントが行われると思う。

イベント日程
OPENING SERIES4/4-6 (予想)
スターマン☆ランド5/2-4 (予想)
YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL5/19-21 (予想)
交流戦SERIES6/2-4, 6/13-18 (予想)
BLUE☆LIGHT SERIES7/4-6 (予想)
YOKOHAMA STAR☆NIGHT8/8-10 (予想)
キッズSTAR☆NIGHT8/5 (予想)
スポンサーリンク

開幕カード

2023年は、2021年のAクラスチームが開幕戦を主催試合として行う。開幕カードの組み合わせは以下の通り。

カード球場
東京ヤクルト-広島東洋神宮
阪神-横浜DeNA京セラドーム
読売-中日東京ドーム

甲子園はセンバツが行われている為、例年通り阪神主催は京セラドームでの開幕戦となる。ベイスターズにとっては、DeNA初年度である2012年以来、11年ぶりにこの球場で開幕戦を行う。

年度相手球場
2012阪神京セラドーム
2013中日ナゴヤドーム
2014ヤクルト神宮
2015読売東京ドーム
2016広島マツダ
2017ヤクルト神宮
2018ヤクルト横浜
2019中日横浜
2020広島横浜
2021読売東京ドーム
2022広島横浜
2023阪神京セラドーム
DeNAベイスターズの開幕戦

意外にも?阪神との開幕戦も11年ぶりになる。2022年はDeNA、阪神ともにAクラスだったので、今年にこのカードが組まれるのは必然だったか。気が早いが、2024年の開幕戦はハマスタで読売戦が実現するかも知れない。

スポンサーリンク

その他ポイント

2023年はWorld Baseball Classic (WBC)が3月に開催される。決勝は日本時間3月21日にアメリカのフロリダ州で行われる。そのため、開幕が例年より1週遅い3月31日(金)となった。従って、日本シリーズも1週遅い10月28日(土)に開幕し、11月に跨る。

ハマスタでのホーム開幕戦は、4月4日(火)の読売戦。2週目はハマスタ6連戦となっている。2022年は4月に那覇で読売戦が組まれていたが、2023年もビジターでの最初の対戦は長崎、佐賀の遠征となる。東京ドームでの対戦は5月23日からの3連戦が最初になっている。

ホームゲームは、例年通り5月9日にハードオフ新潟で行われる以外は全てハマスタ。2022年と同様に、移動日を1日挟んで5月11日にハマスタで2戦目が予定されている。それ以外の地方球場は、7月11日に阪神主催で倉敷で行われる。

交流戦は、ホームで西武、日本ハム、ロッテと対戦。ビジターが楽天、ソフトバンク、オリックスとなる。2023年にオープン予定で注目されるエスコンフィールドでの試合はない。

オールスターは、2022年に引き続き平日の開催。バンテリンドームとマツダスタジアムで行われる。

2022年は土日に成績が悪く、特に日曜は苦しんだ。ヤクルト戦、広島戦が多く偏っていたが、2023年は特に前半で阪神戦、中日戦が多い。週末観戦組にとっては、先発投手と共に対戦カードの相性も気になるところ。

2022年は9月以降に過密日程となったが、その反省は全く生かされず、早い段階での予備日は全く入っていない。9月27日から10月12日まで16日間の空きがあるとは言え、何が起こるか分からない。8月31日や9月14日など、序盤で中止が発生した場合に備えて予備日を入れておくべきだと思うが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました