スポンサーリンク

紅白戦で村田2発!打線好調目立つ

18日、横浜ベイスターズは初の紅白戦を行い、村田が新人の2投手からそれぞれホームラン。多村、鈴木、内川にもホームランが出るなど、打線の好調さが目立つ結果となった。投手では土肥が2回無失点と無難な結果。若手は打ち込まれる投手が多い中、吉川が2回無失点と結果を残した。

スコア

紅 000 201 0 |  3
白 221 300 4 | 12
本 村田(1回2ラン、高宮)
村田(4回ソロ、三橋)
多村(4回2ラン、三橋)
鈴木(4回2ラン、秦)
内川(7回3ラン、岡本)

メンバー

[紅組]
6 藤田
4 北川
8 金城
3 小田嶋
D 鈴木
9 吉村
7 古木
2 相川
5 木村

   回 失
高宮  2  4
三橋  2  4
吉川  2  0
岡本  1  4

[白組]
8 西崎
7 小池
9 多村
5 村田
4 内川
2 鶴岡
D 南
3 新沼
6 野中

   回 失
土肥  2  0
秦   2  2
佐久本 1  0
龍太郎 1  1
稲嶺  1  0

村田のバッティングが光る

この日一番目立ったのは、白組の4番に入った村田。ルーキーの高宮、三橋からホームランを放ち、プロの洗礼を浴びせた。三橋から打ったホームランは、宜野湾球場のバックスクリーンを越える、150mアーチだとか。ウッズにも負けない当たりだったようで。種田の打法をヒントに「ガニ股」にしたとか言われているが、改造がうまくいってるんだろうか。おととしくらいもこの時期に爆発して期待させたが、オープン戦あたりから降下して、シーズンもイマイチだった。今年は頼むよ。

若手が揃う中で唯一出場したベテランの鈴木。紅白戦でも結果を出していかなければならない状況で、ホームランを放った。野球人生を懸けた今年のスタートは、まずは良い感じで滑り出したといったところか。

投手では、フォーム改造ということで、土肥が登板したようだが、その感触はどうだったのか。結果は良かったようだが。

高宮、三橋はプロのレベルを実感したことだろう。オープン戦に向け、さらに練習していって欲しい。秦、龍太郎とローテを狙う投手が結果を出せなかった。いまいち伸びて来ないなぁ。

中継ぎ左腕の争いでは、佐久本、稲嶺に結果が出たが、岡本は打ち込まれたようだ。

吉川が2回を無失点。岸本と共に、中継ぎの3本柱を支えて欲しい存在だけに、今後に期待していきたい。

19日はチャリティーの紅白戦が行われるらしい。湘南の選手も多数混じって行われるようで、誰がアピールするのか、楽しみだね。

コメント

  1. YB宜野湾キャンプ(紅白戦)

    いよいよ実戦形式。 ファンとしても楽しみな紅白戦→オープン戦と続いていくわけですが、初日にして若手投手陣が炎上。 この時期って投手有利じゃなかったの?

タイトルとURLをコピーしました