スポンサーリンク

大和がエラーを取り返す決勝2点打!2週間ぶり勝利

05/21 東京ヤクルト3-5横浜DeNA(神宮)

2回に牧のタイムリーで先制したDeNAは、オースティンのタイムリーと宮崎のソロで3点のリード。しかし4回、先頭の青木の打球を大和が一塁へ悪送球。エラーで出塁を許すと、元山の一塁ゴロ間、松本友のタイムリーで1点差とされる。なおも1アウト満塁のピンチを三上、砂田が好リリーフで切り抜けたが、8回に山崎が同点とされた。9回2アウトランナーなしから関根、桑原の連打で作ったチャンスで大和がセンターオーバーの2点タイムリー二塁打。自らのエラーを取り返す一打で、チームは2週間ぶりの勝利。

ポジ

引き分けになりそうな試合を2アウトから

8回に山崎が追い付かれ、残る攻撃は1回。マウンドにはヤクルトの守護神、石山。牧が三振、伊藤光は粘ったがストレートに押されてキャッチャーファウルフライ。2アウトランナーなしとなり、この日の勝利が消える寸前。代打で打席に立った関根がストレートをセンター前に運び、希望をつなぐと、桑原は初球をレフト前へ弾き返した。

続く打者は大和。まだ左打者は神里、乙坂も残っていたが、代打は出さなかった。大和の状態が上がってきていると見ており、期待を込めた。石山は試合前まで右打者.276だったが、左打者に対して.206と抑えていた。このデータを知ってか知らずしてか分からないが、その期待に大和が見事に応えた。

これまでも終盤のここぞという場面での勝負強さは見せて来た。特にエラーがあったので、冷静な表情とは裏腹に、心は燃えていたのだろう。ランナーが二塁に行ったことで、外野がかなり前進守備になっていた。3球目のストレートを押っ付けた打球はセンターオーバーの二塁打。2者が生還した。

同点に追いつかれ、良くても引き分けかと思い始めたところ、2アウトランナーなしから得点しての勝利は価値がある。これを次に繋げることが大事になって来る。

宮崎がサイクルにリーチ、序盤は効果的加点

ロメロが立ち上がりから走者を背負いながらも、何とかピンチを断って無失点。打線は2回にオースティンの積極的な走塁の二塁打から宮崎がヒットで繋ぎ、牧のタイムリーで先制点。

3回は2アウトランナーなしから、今週組み替えた3番佐野、4番オースティンが連続二塁打で機能し、すぐに追加点を挙げられた。そして、4回にも宮崎が4号ソロで効果的に加点し、3点のリード。

先頭の桑原がストレートの四球で歩いた5回、サイクルヒットにリーチをかける宮崎の二塁打でチャンスを作った6回にも追加点が取れればベストだったが、序盤は良い攻撃ができていたし、最後の9回2アウトからの諦めない攻撃は良かったと思う。

三上、砂田がナイスリリーフでリードを保つ

ロメロが大和のエラーから2点を失い、なおもピンチが続いた。中村を歩かせて1アウト満塁。ここで三浦監督がベンチを出て、ロメロは降板。マウンドに上がったのは三上だった。高めのボールだったが、勢いがあった。山田が3球目を打ち上げてショートフライ。火曜に三上の好投を引き出した伊藤光が、ここでも良いバッテリーを形成した。

村上に対して砂田も投入した。スライダー3球で2-1からストレートがやや中に入ったが、ファウルで平衡カウントとし、最後はストレートを続け、村上のハーフスイングを引き出した。この大ピンチでリードを保ったことで、DeNAの主導権でゲームが進められた一番の要因。ここで逆転を許していれば、ズルズル行きそうなところだった。

砂田はイニングを跨いで5回も続投。もともとそう言われていたのかは分からないが、オスナ、青木に連打を浴びて苦しいところ、サンタナを併殺に取り、元山もきっちりと打ち取ってピンチを断った。

そのまま逃げ切れれば砂田に勝ちが付いた試合だったが、ワンポイントを抑えた三上とともに、ナイスリリーフが最終的にチームに勝利をもたらした。

ヤジ

ロメロの状態がなかなか上がって来ない。昨年もMLBでの登板はないし、なかなか触れ込みほどの投球はできていない。先発で155キロをコンスタントに投げられるわけではないのだろうが、ボールを動かしているとは言え、思ったよりも球威が足りないか。一方で、低めのボールを動かしてゴロを量産できている。良くも悪くも予想を裏切られている。

ピープルズの投球にもよるだろうが、今永が1軍に復帰し、坂本も戻って来ている。昇格を予定していた上茶谷もいるし、このまま1軍で投げ続けるのかは検討が必要だろう。

山崎は先週のマツダに続いて、終盤の1点リードを守れなかった。開幕当初よりも少し状態は落ちているか。ストレートのキレを本人も感じていないから、コースを狙い過ぎている。力みも出て来て、余計にコントロールを乱す悪循環にハマりつつある。今年は延長がないせいで、僅差のビハインドでも登板することで登板過多になっている。この試合がリーグ最多の23試合目だった。

今週の中止は、彼らリリーフにとっては恵の雨になりそうだったが、山崎の投球にはその効果は見られない。まずは基本のストレートをきっちり投げ込めるように、調整して欲しい。

キジ

5月7日以来、ちょうど2週間ぶりの勝利。3-2というスコアだが、お互いの先発が早々にマウンドを降り、先が読めない展開。中盤はお互いの打線がチャンスを潰した。ヤクルトは5回から3イニング連続で併殺打となり、なかなか追いつけなかった。DeNAとしては5連敗に引き分けと雨天中止が挟まって13日間勝てていなかっただけに、この試合に限っては勝てば何でもいい。

この日も終始、雨が降る中での試合となった。土曜日からはやっと天気が回復傾向で、良いコンディションで試合を行うことができるだろう。水曜の先発が雨で流れた濵口が、ここで先発することになった。今永も神宮に来てトレーニングをしていたということだが、ピープルズやまだ昇格していない坂本の姿もあったので、どこで復帰戦となるかはまだ見えない。この3連戦は初戦を取ることができたので、5カードぶりの勝ち越しを狙いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました