スポンサーリンク

コーチのミスで試合を落とす

05/03 阪神2x-1横浜DeNA(甲子園)

DeNAは阪口がプロ初登板初先発。2回以降は毎回走者を背負う苦しい投球だったが、何とか踏ん張り2安打無失点の好投。2回に神里のタイムリーで挙げた1点のリードを守り、勝利投手の権利を得た。しかし、6回代わった国吉が先頭の上本に同点ソロを浴び、プロ初勝利は消えた。9回に筒香の中越え二塁打でソトが憤死。延長10回、三嶋が大山にサヨナラ打を打たれて敗れた。

ポジ

阪口がプロ初登板初先発。相手が西ということもあり、90%くらいで負けの試合と思っていたが、謝らなければならない好投だった。立ち上がりから150キロを計測したストレートに力があり、変化球も含めてコントロールもまとまっていた。

3回は先頭にツーベースを打たれ、バントで1アウト3塁のピンチを招く。ここで前のカードで散々やられた近本を迎えたが、インコースを攻めたあと、内野ゴロで打ち取る。続く上本もストレートで詰まらせてピッチャーゴロ。ピンチを無失点で切り抜けた。

4回は大山にツーベースを打たれ、続く福留のピッチャーゴロで飛び出していた大山を刺そうと二塁に送球。これが逸れてフィルダースチョイスとなる。1アウトだったので、セカンドランナーは目で牽制して一塁でアウトを取ればよい場面だった。それでも動揺することなく、続く梅野をショートゴロに打ち取って併殺打。5回も高山への四球から得点圏に走者を背負ったが、近本をストレートで押してレフトフライ。勝利投手の権利を得た。

思い出の甲子園でプロ初登板のマウンドを踏み、5回2安打無失点の好投だった。ファームでもけっこう打たれていたので、5回投げ切れるかどうかで3~4失点くらいを想定していた。思いのほか良いボールを投げていたのでサプライズだった。初勝利とはならなかったが、また先発の機会を得られると思うし、これを自信にしてファームでも課題に取り組んでもらいたい。

ヤジ

まあ、もういろいろなところで書かれているのだが、9回表の走塁だね。

・アウトカウントがノーアウト

・次の打者は5番ロペス

・走者がソト

この条件を考えれば、ギャンブルで回す必要は全くなく、100%に近い確率の場合のみ回せばよい。確かにセンターの近本が慌てたためにボールが手に付かず、もたついた様子だった。しかし、VTRを見る限り、ソトがサードベースを蹴ったのは、送球がセカンドの植田に渡ったのと同じくらいのタイミングだった。犠牲フライだとして、あの位置からソトにはスタートを切らせないだろう。

次のロペスが右中間への大きなフライ、宮崎がヒットだったのは結果論であり、ここでノーアウト2、3塁だったとして、点が入るとも限らない。植田の送球が逸れていれば、この時点で勝ち越し点を得られた可能性はある。しかし、上記のシチュエーションにおいて、ギャンブルをする必要が全くなかった。

外野手の梶谷、乙坂を既に使っていたこともあり、代走を出せていなかった。柴田を代走で送り、佐野を外野に入れる選択肢もあったが、それをしなかったので、チームとしてはそこにギャンブルを求めていなかった。

ミスは起こりえること。これをミスと認識していないとすると非常に問題なのだが、ミスを認めて今後繰り返さないということが大事。とにかくタイミングが微妙なら全部止める、ということでもない。状況に合った的確な判断をするのがベースコーチに求められることなので、何年もコーチをしているから分かっていることであっても、再認識してもらいたい。

それにしても、コーチのミスがここまではっきりと試合の勝敗に直結するケースも珍しい。それくらい明らかで、あってはならないミスだったと思う。

上田コーチの判断ミスが起きないように、筒香がスタンドまで打ち込めば良かったのか。あともう少しで2日連続の決勝2ランになったかもしれない。やっぱり甲子園のセンターは広いのかな。高めのストレート、打った瞬間は行ったかなと思ったが、センターへ真正面へ飛んだし、少し押されていたみたい。

キジ

継投については賛否両論あると思う。代わった国吉が、初球で阪口の勝利投手の権利を消してしまったので、批判が強くなるのは仕方ない。割とラミレス監督は初登板だったり初勝利がかかっていると、早めに5回で交代するのはよくあることなので、継投は想定通り。

ただ、阪神も2安打でそれほど打てておらず、手を焼いていたことと、まだ66球で5回のピンチも言うほど苦しんでいたわけではなかった。始めから5回を目途で、と決めていたのを変更する勇気がなかったのかなと思う。リリーフが盤石の布陣ならまだしも、国吉-石田-エスコバー-山崎で1-0を逃げ切るにはちょっと心許ないかなと思うけど。打線の援護が欲しかったが、相手の西も尻上がりに良くなっていったから難しかった。

明日、バリオスが先発する。以前にも書いた通りパットンが抹消されているので、彼を使うチャンスではあるのだが。ということは京山はビハインドゲームのロングリリーフとして待機する感じなのかな。ここまではベンチ入りしていなかったが。もしかしたらバリオスにはあまり長いイニング投げさせるつもりがないかもしれない。

メッセンジャーが復帰登板。今年は初対戦だが、苦手中の苦手。コンディションがどうか分からないが、先発の名前を見ただけで明日は負けかなと思ってしまう。覆して欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました