スポンサーリンク

ある意味投打が噛み合って完敗

08/07 東京ヤクルト8-2横浜DeNA@神宮

これも野球というやつだろうか。先発の上茶谷が3回までに毎回の4失点で降板。リリーフも失点してリードを広げられた。打線はルーキー吉田大喜の球威とコントロールに苦しみ、チャンスを得ても3併殺の拙攻で潰してしまった。投打ともに冴えず完敗。

ポジ

佐野は最初の打席、吉田大喜のストレートに振り遅れており、首をひねっていた。2打席目も同じような感じだったが、際どいボールを見極めて四球を選んだ。3打席目は甘く来た変化球を見逃さずにヒットを放った。相手投手に合っていない中、きっちりと四球を選び、打てる球をヒットしているあたり、非常に成長を感じる。終わってみれば3打数2安打1四球で3出塁、打率もまた上げた。

山崎の足で内野安打1本は許したが、この試合で投げた中では平田が一番安心して見られるなという感じ。ホームランを打っている塩見に対して、コースを投げ分けてストライクを先行させ、最後は良いところにフォークを投げて三振。左の宮本に対してはフォーク連投で決まらず、最後は少し甘くなったスライダーでバットに当てさせなかった。ストレートに伸びがありそうだし、変化球も良いコースに投げられている。出番はこの試合のような展開が多いが、結果を出し続けてアピールして欲しい。

ヤジ

吉田大喜にプロ初勝利を献上してしまった。データや映像はあるとは言え、初対戦なので、まずは球筋を見極めるところからなのだろう。各打者の最初の打席を見る限り、ストレートがスピードガンよりも速く感じているようだった。そして、フォークが良い高さに来ていたので、捉えるのが難しかった。

神里はカットボールを捉えてヒットしたが、動いてプレッシャーをかける間もなく、ロペスが併殺打で終了。これで少し乗せてしまった。2回、3回と三者凡退で終えている間にリードが広がって行き、吉田大喜も気持ちが楽になって行った。

4回、先頭の梶谷が変化球をヒットしたところで一気に攻めたかったが、神里がストレートに遅れて三振。ロペスは最初の打席と同じく低めの変化球を引っ掛けて凡退。佐野が歩き、宮崎は初球のカーブを強振したが、打球は上がり切らずレフトの正面。良い当たりで吉田大喜も肝を冷やしたが、ここで捉えられなかったのが勝負を分けた。

序盤はストレートを捉えることができなかった。4回の戸柱のヒット、5回の梶谷の二塁打はやっとストレートを捉えたヒットだった。ロペスのタイムリー、佐野のヒットも変化球。0-7という場面だったが、宮崎のところで長打が出ていれば、少し終盤もつれたかも知れないが、最悪の併殺打。試合がほぼ決まったという感じになった。

吉田大喜の丁寧な投球に3併殺。ラミレス野球の悪い面が顕在化し、勝ったり負けたりの負けが出たという試合。これも野球ということで、9度目の貯金4挑戦も失敗に終わった。

上茶谷は、それほど悪いようには見えなかったが、少しコントロールが甘かったのかもしれない。しかし、それをきっちり捉えたヤクルト打線が良かったということだろう。塩見の2ランが痛かった。先頭をヒットで出塁させたが、青木、村上を打ち取って2アウトまで来ていただけに、塩見への1球がコース、高さともに少しずつ甘くなったのが悔やまれる。ただ、これも逆方向への見事なバッティングなので、相手が上だったと考えるしかない。

上茶谷の次回登板は明日の状態を見て、というラミレス監督のコメントだが、何を見るのだろうか。試合後の時点での明言を避けただけで、気持ちとしては決まっているのかもしれない。個人的には前回の阪神戦は、梅野に打たれた以外は非常に良かったし、この試合の1回だけを見て変える必要はないと思っている。来週も同じヤクルト戦だということが引っかかるのかも知れない。昨年はヤクルトキラーだったのだが。

キジ

ここ最近、ずっと安定していた先発がついに序盤から打たれた。5回を投げ切れないのは7月21日のヤクルト戦のピープルズが、5回途中で交代して以来。先発が4失点以上するのも7月24日の上茶谷以来ということで、先発がQSもしくはそれに近い内容でずっと来ていた。3回での降板は、中川を初回だけで代えた7月16日以来の短さ。

その分、武藤を始めとした先発が崩れた場合の投手の出番がほとんどなかった。調整の難しさはあるだろうが、この日は武藤、三上が失点を重ねる形になった。この試合は投打ともに奮わず、切り替えやすい敗戦ではあると思う。

武藤が先発も?と言われていた月曜は、結局井納が中5日となるのだろうか。前回の登板で足を気にしていた様子の濵口も、登録を外れることなくケガの情報もない。ファームは阪口、ピープルズに続いて先発したのは宮城なので、来週の昇格を前提とした投手は見当たらない。依然として坂本は不明だし、登録を外れた後は櫻井もどうしているのか分からない。イースタンの公式戦以外はあまり情報がないので、他の機会で投球はしているのかもしれない。

ハマスタでスイープした中日が、地元で読売に快勝した。差を詰めたいところで、ルーキーに思わぬ苦杯をなめた。2戦目は今年順調に来ている小川。DeNAはエース今永を立てるだけに負けられない。五分に持ち込み、平良に勝利を付けて勝ち越したいところ。この試合を腎盂腎炎で欠場したソトは、残り2戦は少なくとも無理をしない方が良いのではないか。オースティンに続いてソトも欠いて長打力は激減するが、その分神里を中心として走力と繋ぎで得点を奪う野球を見せて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました