スポンサーリンク

さて、4番はこのまま首位攻防戦?

08/01 横浜DeNA2-4東京ヤクルト@ハマスタ

YOKOHAMA STAR NIGHT 2019の第3戦は、接戦をものにできず惜敗。5回裏にノーアウト満塁で無得点に終わったのが響いた。スターナイト史上初のスイープはならなかった。

ポジ

2番手の櫻井がよく投げた。先発の大貫が2回2/3で降りた後、3回1/3を1失点。6回の失点も、ソトが捕れなくもなさそうなフェンス前の当たりを捕れずにツーベースとして、暴投で三塁進塁。これは嶺井じゃなくても止めるのは難しいのかなとは思うが。そして、最後は中村の詰まった当たりがライト前へ落ちてしまった不運な失点。

交代していきなり、1、3塁から1塁ランナーがスタートし、3塁ランナーがホームを突くプレー。引っかかってしまい、ホームへの送球が遅れたようにも見えたが、リクエストの末、アウトに。青木、バレンティンから三振を奪うなど、ゲームを立て直した。プロ初ヒットもあったし、今後が楽しみだね。

ヤジ

まあ、今日の試合は分かりやすいよね。5回裏、ノーアウト満塁で無得点。これが試合を分けたということだね。宮崎のホームゲッツー、そしてソトが歩いた後、再び満塁で筒香が凡退。特に宮崎のところで最低でも同点にしておきたかった。ノーアウト満塁でいわゆるBIG4に回って行く最高の場面でしょ。これで無得点では、どうしようもない。防御率がリーグで断トツワーストのヤクルトだが、ハフ、マクガフと出てくれば簡単に点は取れない。

今永を週末に変更して、大貫の先発で臨んだ試合。打線が山田大を攻略して大量点を期待していたが、打てそうで打てない彼の投球に見事にハマってしまったね。

ノーアウト満塁では最初の打者次第で結果が大きく変わるというので、宮崎の併殺が一番痛いのは間違いないが、そこをカバーして、ここぞで打ってほしい4番だが、今日も音なし。大事な読売3連戦だけど、4番筒香で行くのかね。チームの得点力どうすれば上がるのか、答えは明白だと思うけど。変なメンツとか、名前で起用している場合ではないと思う。

キジ

スターナイト初の3タテはならず。ある程度、お察しな試合ではあるが、ものにしたかった。悔しい試合。

広島が読売に勝ち越した為、3位広島まで4ゲーム差となった。オールスター時点を考えれば、混戦になりつつある。これを3強での混戦にしていくためにも、週末の読売戦は重要になる。8月以降で、首位から5ゲーム未満になるのってほとんどなかったよね。

オールスター時点で5割で首位に立っていた2015年は、8/7時点で3.5ゲーム差というのがあるけど、あの時は、実質もうどんどん下降していくだけの状態に陥っていたからね。

9月の時点でも5ゲーム未満の位置に付けていられれば、念願の優勝争いに絡むことができるかもしれない。CSに2回出場することができたが、優勝争いに全く絡むことなく3位に入っただけ。今年は、是非とも優勝を争ったうえで、その先のステージに進んでほしい。明日からの3連戦が、最初の正念場になる。 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました