スポンサーリンク

毎回の16安打も3ランの3点だけ 4併殺の拙攻で勝てず

05/16 広島東洋3-3横浜DeNA(マツダ)

DeNAは初回に大和のヒット、オースティンの四球でチャンスを作るも、佐野のライナーはシフトしていたショート正面で併殺。ここから併殺と残塁祭りが始まった。5回までに10安打も無得点。7回に佐野のヒットが13本目。1アウト1、2塁としたところで、ソトがライトへ逆転3ラン。ようやく得点を挙げたが、8、9回はチャンスで無得点。山崎が8回に追いつかれ、16安打を放ちながら引き分けに終わった。

ポジ

16安打をポジとしていいのか分からないが、ひとまず不振が続いていた大和が3安打を放ったことはプラスに受け止めたい。2番が仕事をすればという状態が続いていたが、これだけ打っても点は入らない。2番と並んで自動アウトと言われた8番キャッチャーも、嶺井が3安打と四球で4打席全てで出塁。そもそもの打順構成なのか、チャンスでの精神面の弱さなのか。

ソトは、コルニエルの初球ストレートを狙ってきっちりと捉え、彼らしいライトへのホームラン。防御率0点台をマークしていたコルニエルを打ち砕き、チームの歴史的拙攻を止めた殊勲の一打だったが、残念ながら勝利には結び付かなかった。3安打をマークして打率も.258まで上がって来た。5月は.341と調子はうなぎ上りだ。

ピープルズは悪くはなかった。自らの打席で併殺打となってしまった後、引きずったわけではないだろうが、死球から失点してしまったのは勿体なかった。5回2失点で、援護がきっちりとあれば勝てていた内容だと思う。

三嶋はまたも2アウトから打たれだしてヒヤリとさせられたが、一打サヨナラの場面で無失点で切り抜けられたことで一息はつけたか。読売戦以外は自責点もないのだから、自信を持って投げればいい。

ヤジ

稀に見る得点効率の悪さ

毎回の16安打、さらには毎回得点圏に走者を置きながら、奪った3点は3ランホームランによるもの。タイムリーはおろか、犠牲フライ、内野ゴロ間にすら得点を奪うことができなかった。

安打数四死球チャンスメモ
1111アウト1、2塁佐野の遊直で併殺
2202アウト1、2塁
3201アウト1、3塁佐野が二ゴロ併殺
4301アウト満塁ピープルズが投ゴロ併殺
5210アウト1、3塁2アウト満塁から宮崎が中直
6111アウト1、2塁桑原が遊ゴロ併殺
7301アウト1、2塁ソトが逆転3ラン
8101アウト2塁
9112アウト1、2塁

初回はシフトを敷いているところへ真正面のライナー。セカンドランナー大和が戻っていても先にベースを踏まれていたかなという位置。これはハードラックだし、2回は打順が投手に回ってしまったので、次の回に向けた打順調整として割り切れるもの。

だが、課題だった2番の大和が2打席連続のヒットで出塁し、オースティンの打席でスタートを切り、レフト前ヒットで三塁まで進んだ3回、佐野が2打席連続で併殺に終わると、雲行きが怪しくなる。

4回はソト、牧のヒットで1、2塁として嶺井もセンター前ヒット。ついに得点圏でヒットが出たが、ソトでは還れず各駅停車。投手のピープルズが1アウト満塁で打席に入る。来日した際、打席に入るのは高校以来と言っていたピープルズは、プロでのバッティング経験が少ない。前回、二塁打を打っているとは言え、打撃コーチが「低めのボールは捨てて、見逃し三振はOK」という指示を与えたのかどうか。言ってできるレベルにもないとは思うが、低めのチェンジアップに手を出して当たり損ねのピッチャーゴロ。最悪の併殺打でまたも無得点。

1イニング3安打での無得点で、完全に拙攻モードになった。5回は先頭の桑原がセンターへ抜けるかという当たり。これを小園がダイビングで止めるが悪送球となり、記録は内野安打で送球がスタンドに入って二塁へ進塁。続く大和が早くも猛打賞となる3本目のヒットも、セカンドの頭を越えるライナーで桑原はサードで止まった。

ノーアウト1、3塁で3番オースティン。さすがにここは得点が入るかというところだったが、オースティンが初球の甘いチェンジアップをミスショットしてセカンドフライ。名誉挽回を期す佐野も初球のストレートに詰まって、浅いセンターフライ。たった2球でランナーは動けずに2アウト。呪われているかのようだった。ソトは粘って四球を勝ち取り満塁。宮崎は浮いてきたストレートをきっちり捉えたが、センター右へのライナーで、これを羽月が地面スレスレでキャッチ。5回までで2桁安打をマークしながら無得点という結果になった。

6回は嶺井が死球で出塁後、代打の山下がヒットで続き、チャンスで1番に返るが、桑原が併殺打。ここまで来ると笑いが出てしまう。

ヒットが出るのが2アウトからが多いというのであれば、まだ理解はできるのだが、ノーアウト、1アウトで大きなチャンスを作りながら、まるで得点するのを避けるかのような攻撃。30年以上、数えきれないほどの拙攻を見て来たが、それにしても見たことがない程の攻撃だった。

7回に、この試合4打席目で初めて得点圏に走者がいない場面だった佐野が、13本目のヒットで1アウト1、2塁。他のどの打席で打っても得点が入るのに、ここだけ打つかという感じだが、続くソトが併殺打になろうものなら、いよいよ記録的敗戦が見えて来るところで、思いがけないライトへの逆転3ラン。この試合で、チーム唯一の長打がこの場面で出るというのもまた野球は分からない。

待望の得点を取ったので、堰を切ったように得点が入るのかと思いきや、8回、9回もヒットが出て二塁に走者が進んだが、結局タイムリーは1本も出ず。15本の単打では得点できないチームということのようだ。

佐野の4番起用に批判も出ているようだが、日本人の4番に拘っているのか。多くを語らない三浦監督だが、そこに拘りがあるのなら、ファンが納得するようなメッセージが欲しい。何も語らずとにかく必死に、だけでは横浜一心は実現できないのではないか。

調子が悪くても西川は怖い

個人的にはリーグでの有数の厄介な打者と認識している西川だが、最近は不調のようで打順が7番に入っていた。それでも何を打ってくるか分からないし、少々のボール球でもヒットにしてくる。逆に言えば何でも打ってしまうところが災いし、うまく行かない時には凡打が続いてしまうのかも知れない。

ヒット3本で満塁のチャンスを逸した直後、死球で出たランナーを二塁に置いて、追い込まれてから低めのボールになるチェンジアップを拾い、フラフラと上がった打球がレフトの手前に落ちるタイムリー。当たり損ねのような打球ひとつで点が入ってしまう。

そして、8回は山崎のツーシームも、ボールゾーンに落ちたところを拾ってショートの頭を越える同点タイムリー。あのボールを巧く打たれてはどうしようもない。打たれたことより、坂倉を歩かせてしまったことが問題だろう。

確かに坂倉は14日の初戦でも代打で二塁打を打っているし、ハマスタで京山からグランドスラムを打った記憶も新しく、DeNA戦で.545の打率だった。勝負しづらいのは分かるが、5月に入って出番も減り.214と調子が良いとは言えない状態だった。どちらも簡単な打者ではないが、4回のタイムリーのようにツーシームを拾われる可能性を考えれば、坂倉できっちり勝負して欲しかった。少なくとも無理に勝負しなかった結果、歩かせたという内容ではなかった。

キジ

1989年8月の新浦以来の記録も

過去に無得点に終わった試合の最多安打はいくつなのか調べていたら、懐かしい名前があった。新浦壽夫。読売から韓国へ移籍し、その後1987年に横浜大洋で日本へ復帰した。自分が子供時代に投げていた記憶のある投手だ。燃えプロにも「ニウラ」として登場していた。

1989年8月4日、ハマスタで新浦が古巣・読売戦で先発。5回までに11安打を打たれながら無失点で抑え、最終的には13安打を浴びたが完封勝利を挙げている。これが日本記録のようだ。確かに無失点であっても、現代の野球であれば2桁安打を打たれていれば代えられてしまうだろう。実際にこの日の床田は5回10安打無失点で、打順が回ったわけでもないのに交代している。

今後破られそうもない記録だが、継投による完封として記録更新寸前だった。7回の佐野のヒットが13本目で、この時点でまだ無得点だった。ソトの3ランで記録的敗戦は回避されたが、それを上回るペースで拙攻が繰り広げられていた。

筒香はドジャースへの移籍が決まる

この日の朝、驚きのニュースが駆け巡った。レイズからDFAとなり、ウエーバー手続きの最中だったが、ドジャースへの移籍が決まった。2019年オフにベイスターズからポスティング申請した時も、レイズの他にドジャースも条件提示していたと噂される。

筒香の年俸の大部分をレイズが負担する形での移籍になりそうで、レイズは金銭的痛みを伴っての放出となる。移籍先がなければ傘下のマイナーで受け入れるとしていたが、筒香の今後を配慮してくれたということだろうか。

ここに全てを懸けるしかない。急に改善するのは難しいが、何かのキッカケになるかも知れないし、ナショナルリーグへの移籍になるので気分転換にはなるかも知れない。本拠地の場所も反対側となる西海岸。ユニフォームは青系で違和感はなさそう。近いうちにデビューになると思うが、悔いのないように思い切りやって欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました