スポンサーリンク

エスコバー初の実戦登板!田部が2安打

03/18 ファーム練習試合 埼玉西武-横浜DeNA@スカスタ

ファームの練習試合に上茶谷が先発。4回1失点とまずまずの内容だった。また、キャンプでケガをしていたエスコバーが、予想を上回る回復で実戦復帰した。高卒ルーキー田辺がスタメン出場し、マルチヒットをマークした。

デ 000 012 000 | 3
西 000 110 02X | 4
盗塁:森(9回)
盗塁死:山野辺(1回)、関根(3回)、熊代(5回)
捕逸:東妻(8回)

投打成績

エスコバーが復帰登板

キャンプで膝を痛めたエスコバーが、実戦初登板。まだ試運転という感じだが、2三振を奪って3人で抑えた。これから膝の状況を確認しながら状態を上げて行くという段階だろう。開幕が延期になっているので、順調に調整できれば、開幕に間に合う可能性がある。こうなると外国人4枠はますます熾烈。

三上も登板し、3者をいずれもゴロアウトで片づけた。球威はもう少し欲しいが、三上らしいピッチングだった。

先発の上茶谷は4イニングで3度、先頭打者にヒットを打たれたことは課題だが、ピンチで我慢の投球ができて、1失点でまとめた。悪くてもこうして最小限の失点で食い止めればゲームを作れる。コントロール、変化球の切れもまずまずだった。開幕ローテーションには入ってきそうだね。

打線は今ひとつも田部が2安打

1軍のローテーション投手である今井からもう少し結果が欲しかったが、ヒットを打ったのは石川だけ。コントロールを少し乱していたので、絞りづらかったかもしれない。四球を選ぶことはできていた。

森に負けじと、高卒ルーキー田部が2安打。センターから右方向へ逆らわないバッティングを見せた。パワーはまだまだこれから付けて行く部分だろうが、多村のような雰囲気を感じた。

昨年81試合登板の平井から逆転となる2点タイムリーを放った飛雄馬。活躍が続いている。1軍で結果を残すためにも、他の打席の内容の悪さを改善していかなければならない。とにかく結果が出たことは次へ繋がる。

明日も引き続き西武主催ゲームとして、スカスタでの開催。この日は1軍の練習試合に合流した若手が、明日の試合は出場するかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました