スポンサーリンク

何とも言えない試合 一応完封リレー

03/19 ファーム練習試合 埼玉西武-横浜DeNA@スカスタ

DeNAが5投手の完封リレーで西武に勝利した。濱矢は2本の内野安打だけに抑えたが、以降の投手は6四球と内容は今一つだった。打線は6安打だったが7回に神里の2点タイムリー三塁打で2点を奪い、決勝点となった。

デ 000 000 200 | 2
西 000 000 000 | 0
失策:山野辺(2回)
盗塁:山田(4回)、岸(7回)、水口(8回)
暴投:赤間(9回)

スコア

所感

2-0というスコアほど、投手が良かったとも感じないし、打者によって明暗がはっきりしていた印象。何とも言えない試合。

ベイスターズでは山本、山下がそれぞれ2安打。3回と5回、この二人の連打で2度、大きなチャンスがあったが、後続がなく無得点。

唯一の得点が、この日はファームでフル出場した神里の2点タイムリートリプル。これも悪い当たりではないが、センターの戸川が少し目測を誤ったようなプレーになった。桑原とか、上手いセンターならフライで終了していただろう。神里は他の打席の内容も良くないし、このところほとんど打っていなかった。ラッキーだとしても、試合を決める一打となったので、プラスに考えて欲しい。

1軍からの出場という形になる伊藤裕、百瀬もいいところがなかった。彼らを含めて2番から6番が全員4タコという結果になった。この日は西武もブルペンデーという感じだったので、それほど抑え込まれるような投手のリレーでもないのだが。そういや、内海が初登板していたね。

投手では濱矢が良かった。ストレートの球威も感じられたし、変化球を低めに集めることができた。不運な当たりで内野安打を2本許したが、後続から併殺を取って切り抜けた。このくらいの投球ができれば、1軍も見えてくる。ただ、先発としては長いイニングを依然として投げないので未知数。第2先発やロングリリーフとして考えているのか。

あとはコルデロが意外と球威があるなと思ったくらい。3回から8回まで毎回、先頭打者の出塁を許しているし、四球も多かった。何で完封リレーできたのかというくらい塁上を賑わせていたし、ピリッとしなかった。勝又は相変わらずのコントロールだった。ディアスもまだこれからだろうが、どうなるのかという立ち上がり。赤間は無難に2イニングを投げたが、おっと思わせるものはなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました