京山が好投、開幕ローテ狙う 宮本2盗塁

03/20 ファーム練習試合 横浜DeNA-北海道日本ハム@スカスタ

日 100 000 000 | 1
デ 001 000 000 | 1

失策:益子(1回)、益子(4回) 盗塁:神里(1回)、宮本(6回)、宮本(8回) 盗塁死:郡(4回) 牽制死:神里(5回) 暴投:京山(1回)

両チームの先発がまずまずの好投だった。京山は、初回先頭の片岡に捉えられてヒットを許し、続く宮田のラッキーな内野安打でピンチを広げられた。ここで暴投によりランナーがそれぞれ進塁するが、益子がセカンドへ送球し、これが悪送球となってセカンドランナーを還してしまった。それでも後続を断ち、1点だけで切り抜けた。

2回、3回はベースに当たるラッキーなヒット以外はテンポ良く抑えた。4回は1アウトから打ち取ったキャッチャーフライを益子が落球。そのランナーは益子が自ら盗塁を刺してアウトにしたが、その後連打を許してしまった。満塁で初回に打たれた片岡を抑え、最少失点で登板を終えた。

打たれたヒットもそれほど良い当たりはないし、球威もあって良いコースに投げ込めていたのではないかと思う。ラミレス監督が言っているように練習試合の期間でテスト登板があるようなので、この感触を持って行って欲しい。

それほど抜群という感じではないが平田が2イニングをパーフェクトピッチ。コントロールがまとまっていたのが良かったのではないか。そして、エスコバーは152キロのストレートを投げ込み、ファームの打者相手には格の違いを見せつけた。

さらに良かったのは三上で、こちらも2イニングをパーフェクト。3三振を奪い、ファームの打者だと簡単に打てないなというような出来。球威、変化球のコントロールとも文句なし。三上がこの状態で1軍に戻れるようだとリリーフに厚みが増す。パットンに代わってピープルズをローテに入れる算段もつく。

打線は5安打に終わった。今日もファームでの出場となった神里は、初回にライトへクリーンヒットを放ち、他の打席は全て四球。しっかりボールを見極めることはできた。最後の打席は申告敬遠だった。彼にとっては開幕が延期になったのはプラスになるだろうから、いつかはまだ分からないが、開幕に向けて状態を上げて行きたいところ。

そして、キャンプ紅白戦で骨折していた宮本が、3月に入って実戦でホームランを連発し、この日は同点タイムリー。さらに2度四球で出塁すると、いずれも盗塁を決め、足もアピール。神里が不振、細川もあまり良くはないし、関根も結果が出ていない中で、もっとアピールして、1軍の練習試合に呼ばれるようにしたい。

3回以降は毎回ランナーを出したがあと一本決めきれなかった。ランナーを出しはしたが、ほとんどが四球だったので、日本ハムの投手陣が一人相撲だった印象もある。7回、斎藤に対して1アウト満塁としたが、関根が併殺打に倒れた。何としても走者を還すバッティングが観たかったのだが。

得点に結びつかなかったが、高城が落ち着いてバントを2つ決めていたのが印象的だった。打力がない分、こういうプレーはきっちり決めておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました