スポンサーリンク

宮本連日の活躍!阪口は四球からリズム崩す

03/21 ファーム練習試合 横浜DeNA-北海道日本ハム@バッティングパレス相石ひらつか

DeNAは阪口が先発し、3回に2ランを打たれ5回2失点。4四球と課題のコントロール不足を露呈したが、球威あるストレートで攻めて5三振を奪った。打線は宮本のソロによる1点に抑え込まれた。

日 002 000 100 | 3
デ 000 100 000 | 1
失策:難波(8回)
盗塁:関根(5回)
盗塁死:高濱(1回)、片岡(5回)
走塁死:万波(8回)
暴投:阪口(2回)

投打成績

1軍のチャンスが欲しい宮本

宮本が右へ左へ長打を放ち、連日の活躍を見せた。4回は村田からライトスタンドへのソロホームラン。持ち前のパンチ力を見せると、6回は代わった望月から外側のボールを逆らわずに強く叩き、左中間へのダブル。

キャンプの紅白戦で悔しい骨折をしてしまったが、その後は有効にトレーニングができているのだろう。1軍のセンターは神里の不振により混沌としている。梶谷がその座に近づいているが、宮本も好調なうちに呼んでやってほしい。デラロサ呼んでるくらいなら、来週のハマスタの阪神2連戦、宮本を使ってもいいと思うのだが。

阪口はストレートの威力増す

阪口は、立ち上がりが非常に良く、カーブを使いながら152キロのストレートで押していた。これはすごい投手になったんじゃないかと思ったが、2回1アウトから今井を歩かせると、次第に球威、コントロールともに悪化。4回には高めに甘く入った球を樋口にセンターバックスクリーンに運ばれた。

樋口は横浜高校出身で、立正大、BCリーグを経て育成2位のルーキー。中日の柳と同級生。確実性、守備の面は課題があるのだろうが、飛ばす力はあるね。

阪口は5回まで投げて、失点は2ランだけに留めたが、4四球と課題を露呈した。四球を出すのは望ましくないけど、基本的にパワーピッチャーなんだから、あんまり細かいこと気にしない方がいい気がする。2回に四球を出してから置きに行くような感じで、立ち上がりのボールの強さもなくなってしまった。カーブも使って緩急があったのに、幅が使えなくなっていた。

1軍のチャンスを得られるか分からないが、思い切り行って欲しい。年齢的には大学3年生なのだから、3年でこのボールを投げていれば即戦力のドラフト上位候補でしょ。もっと自信を持って投げていい。

後続の投手もパッとしなかった。コルデロは自滅。彼の悪い時はこうなるんだね。阪口と似た話だけど、小さくなってコントロールをつけるのではなく、今の腕の振りでボールを思ったところに投げられるように練習していかないとね。

村田は経験もあるし、ボールを動かしてゴロを量産する彼らしい投球。術中にはまった形。そして、望月が非常に良かった。スピードガンは140キロに満たないこともあるが、角度があって球威を感じるし、落ちる球もキレがいい。ただ、そういう投手も打って行かないと1軍での活躍はないわけで、ちょっと寂しい試合だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました