スポンサーリンク

京山が好投!得点取れなくても完封リレー

11/24 フェニックスリーグ@日南

DeNAは先発の京山が素晴らしい投球を見せた。6回を3安打に抑え、7三振を奪って無失点。R.コルデロは3四球を出しながら何とか切り抜け、櫻井は好守に助けられながら無失点。最後は、シーズンでの不振を脱した感のある飯塚が締めて完封リレー。伊藤裕のタイムリー二塁打で挙げた1点を守った。

De 000 100 000 | 1
広 000 000 000 | 0
[De]○京山(6回)-コルデロ(1回)-櫻井(1回)-S飯塚(1回)
[広]●コルニエル(7回)-田中法(1回)-島内(1回)

ポジ

京山が素晴らしい投球を見せた。

立ち上がりは、2アウトを取ってから森の悪送球で出塁を許し、林をストレートの四球で歩かせたが、正随を3球三振に取って切り抜けた。

2回は小園にヒットを打たれた後に併殺を取り、3回は1アウトから羽月に三塁打を打たれたが、後続を連続三振に取った。6回まで3安打に抑え、7三振を奪う内容だった。

ストレートの球威があって、カット、スプリット、チェンジアップも概ね思ったところに投げられていて、低めに決まっていた。甘い球があっても、球威もあり的を絞らせなかった。

唯一反省するとしたら、小園に2安打を許したこと。5回はスライダーが真ん中に入ってしまった。打たれている打者にはもう少し慎重に攻めて欲しい。しかし、後続の中神からストレートで詰まらせて2つ併殺を取れたことは良かった。だが、1軍の打者相手ではなかなかそう簡単には行かないから、きめ細かい投球が求められる。

フェニックスリーグはこれが最後の登板だと思うので、来季に向けて良い内容で締め括ることができた。来年の大卒ルーキーは同学年ということになるから、入江がライバルとなる。プロで4年やって来て8勝している投手として、負けるわけにはいかない。春季キャンプから勝負できるように、作って来て欲しいと思う。

初回は悪送球があった森だが、8回には同点のピンチで知野が弾いた打球をカバーし、ホームへ突入した走者を刺した。送球の速さは魅力的だ。

R.コルデロ、櫻井は何とか無失点で切り抜けたという感じだったが、9回に登板した飯塚は良かった。

京山が2本打たれた小園は低めへのストレートを決め、フォークでファウルを打たせて早々に追い込み、最後はフォークを当てるだけになった。韮澤もフォーク2球で追い込み、最後は真ん中に入ってしまったが、レフトの守備範囲だった。最後は木下をフォークで空振り三振。完封リレーを完成させた。

ストレートが指にかかっている感じがあるし、フォークのキレもいい。やはりストレートがしっかり投げられることで、フォークを生かすことができる。リリーフとして、何とか来季勝負をかけたいところ。飯塚の場合は、京山より2歳上で上茶谷と同じ世代なので、もう1軍の戦力になっていないといけない。今年の悪かったところ、良くなったところを整理しておきたいところ。あと数試合登板があると思うので、この調子を維持して来季へ向かいたい。

ヤジ

広島の育成選手コルニエルに苦しみ、ヒットもなかなか打てなかった。伊藤裕のライト線への打球に正随が飛び込むも取れず、1点は奪ったが細川が走塁死するなど、追加点が挙げられなかった。しばらく打線に活気がない状態が続いている。三浦新監督が就任会見で挙げた得点力を、ファームでも上げて行かなければならない。ヒットは少なくても、四球や守備の乱れを確実に得点に結び付けられるよう、日々の積み重ねが大切だろう。もう少し躍動する野手を見たいものだ。

R.コルデロは3四球。失点はしなかったが、先頭打者にストレートの四球を出すなど、コントロールは相変わらず課題だ。この日、新しい育成選手の新外国人選手としてスターリン・コルデロの獲得が発表された。

新しいコルデロは右投手で、R.コルデロより年齢はひとつ下になる。201cmの高身長で、どんな投手が楽しみだ。左右の違いはあるものの、支配下登録そして外国人枠としてはライバルになっていくので、同じドミニカ共和国出身の同姓投手が加わって来る来季は、さらに結果も求められるだろう。

現状だとディアスの方が腕の振りも良く、期待感は大きいかなという印象。日本での経験の先輩として負けられない。

キジ

フェニックスリーグも残すところは、最終クール4試合を残すのみとなった。25日は練習日となる。

ここまで13試合で5勝8敗の9位と、チームの勝敗としては結果が出ているわけではない。細かいミスも出ているし、打撃陣が結果を出せていない印象だ。

若手にとっては2020年を締めくくる試合となるので、各自結果を出して行きたいところだろう。今年は秋季キャンプがないので、見つかった課題に取り組む時間は多くない。少し短いオフを挟んで2021年シーズンに入って行くが、各自が課題に対して自分自身で対策していくことが求められるだろう。

ルーキーたちにとっては難しいだろうが、例年以上にオフの過ごし方が問われそうな感じだ。ひとまず、今年の野球もこのクールで見納め。天気は何とか大丈夫かなという感じなので、見られる部分は最後まで楽しんでいきたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました