スポンサーリンク

ハマスタ8割入場で技術実証 最終戦は延期に

DeNAは、10月30日から11月1日に横浜スタジアムで行われる対阪神3連戦で、観客を満席の8割まで入れ、Withコロナの大規模イベント開催ガイドライン策定に向けた技術実証を行うと発表した。チケットは最大35%引きの「みらいチケット」として発売される。当初の日程では11月1日が今季最終戦だったが、17日の試合が中止となり、この試合の代替が最終戦となる見込み。

技術実証とは

これまでも感染対策はやって来ているが、今後のWithコロナの社会で、段階的に日常に戻して行くうえで、8割の観客を入れた場合でも、その対策がしっかりと運用できるか、入場した観客の行動はどのようななるかを実際に開催して検証するもの。決して観客をたくさん入れたらコロナが広がるか?を見るものではない。

国や専門家、あとはスーパーコンピュータによる解析などで関係者が協力して行う実証。高精細カメラで撮影し、マスクの着用率を見たり、人がどのように動くか行動分析をしたりする。トイレの混雑具合、いわゆる密がどこでどのように発生するかといったデータも取る。

個人を特定するものではなく、データは分析のみに使うことは約束されているが、監視されているような感じは否めない。これは専門家によっても意見は分かれるかも知れないが、屋外であるハマスタでの野球観戦は、マスク着用で大声を出さなければ、同じ方向を向いているためリスクは高くないだろう。

ただ、問題なのは席での飲食が常時発生しているということだ。映画館も、飲食禁止なら全席を使えるようになっている。野球の場合はビールがつきものという人も多いだろう。また、試合展開やプレーによっては思わず声が出てしまうという場面もある。そのあたりをどこまで徹底できるか。声援が送れないのに、ビールまで飲めないとなると本当に球場に行く醍醐味がますます薄くなってしまう。

あとは今年、ハマスタへ行った人は感じていると思うが、スタンドよりもコンコースの混雑の方が気になる。接触時間は短いから濃厚接触にはならないのだろうが、スタンドの座席間隔をかなり取っても、コンコースであれだけ密になっては、という気がする。特に試合終了後の密集も気になる。分散退場もよりしっかりと行う必要があるだろう。5割でもトイレは並んでいたので、8割だとどうなるのか不安もある。

それも含めた実証なのだろう。金、土、日の3連戦ではあるが、優勝も決まりCSもない中、阪神戦とは言え、こういう状況で8割の観衆が入るのかも気になるところ。デーゲームはまだしも、金曜のナイターは天気によってはかなり寒いはずだ。

ただ、オリンピックの野球、ソフトボールの会場となっているハマスタの責任として、こういった大規模イベントを行う場合に注意すべき点を検証するという試みを行うこと自体は賛同したい。やれるように対策を入れて前へ進まないと来年も同じような1年になってしまう。どういうことに注意して、どのような制限をかければ良いか。今後のイベント開催の礎になれば良いと思う。

みらいチケット

技術実証に伴い、つまるところ先述の内容で被験者の一部となること、これまでの開催と比較すれば少しであってもリスクは上がることから、割引料金でチケットを販売する。未来に向けてWithコロナでの大規模イベントの実証ということで、「みらいチケット」というネーミングで販売される。

ただ、この3連戦はベイスターズのフレックスプライスは☆5なので、そこから35%引きであって、特別安いわけではない。ただ、☆1~2相当の金額で週末のゲームを見られるのでお手頃感はあるだろう。

金、土の試合では、一部の席でスターナイトやガールズフェスティバルのスペシャルユニフォームが付くので、今年は収容人数の関係で行かれなかった人も、手にする機会になるかも知れない。

今季最終戦は11月12日以降か

ベイスターズは日程の消化が良く、ハマスタの試合は中止がなかった。当初の日程では、技術実証が行われる11月1日がハマスタ今季最終戦の予定だった。しかし、17日の読売戦が今季初めての雨天中止。現時点で予備日は組まれていない為、この試合の代替試合が今季最終戦となる見込み。

マジックを8としている読売は、優勝がほぼ確実。日本シリーズに進むことになる。そのため、優先して日程が組まれるが、現時点では11月10日の阪神戦(甲子園)が最終戦となっている。11月8日に東京ドームでヤクルト戦が組まれており、11月9日にハマスタの試合を組むことは可能。まだ30試合弱残っているので、なるべく前倒しで組むなら、ここになるだろう。

ただ、ハマスタでのDeNA-読売のカードは10月27日~29日にも3連戦が残っていることから、予備日も含めて組まれるのではないか。そうなると11月12日となって、13日が予備日という組み方になる。

さらに、読売は東京ドームを本拠地としているので、台風などの災害や新型コロナのクラスターなどが発生しない限りは中止にならない。そのため、日本シリーズへの調整という意味合いで、ハマスタの試合をパ・リーグのCSの裏に持って行く可能性もゼロではない。そうした場合、14日(土)となり、15日(日)を予備日とする可能性もある。

日本シリーズに出場しないチームの試合であれば、11月18日までに全日程を終了すれば良いはずなので、まだ日程的に余裕もある。読売の日本シリーズ調整を考慮した日程になることは十分に考えられる。

もちろん、23日以降に広島、読売、阪神とそれぞれ3連戦があるので、どこかで中止があれば、また今季最終戦の日程が変わる可能性はある。現時点では、「11月1日はハマスタの今季最終戦ではなくなった」ということだけが言える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました