プロ野球 感染防止特例2020まとめ

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言が出される中での自粛、休業要請により、2020年のプロ野球は3ヶ月遅れでの開幕となった。Withコロナの生活の中でプロ野球の公式戦を開幕するにあたり、NPBは通称「特例2020」を定めて、2020年に限った特別なルールで実施されることになった。その変更点をまとめる。

日程

公式戦

  • 通常143試合 → 120試合
  • 3月20日開幕 → 6月19日開幕
  • 交流戦18試合 → 中止
  • 地方開催 → 基本的に全て本拠地

開幕カード

当初(3月20日)変更後(6月19日)
読売-DeNA(東京ドーム)読売-阪神(東京ドーム)
ヤクルト-阪神(神宮)ヤクルト-中日(神宮)
広島-中日(マツダ)DeNA-広島(横浜)
楽天-オリックス(楽天生命)オリックス-楽天(京セラ)
西武-日本ハム(メットライフ)西武-日本ハム(メットライフ)
ソフトバンク-ロッテ(PayPay)ソフトバンク-ロッテ(PayPay)

セ・リーグは、もともと6月19日に予定されていたカードを関東地方で集中開催する。パ・リーグは本拠地が分散していることから、3月20日の開幕戦で予定していたカードに変更した。楽天は本拠地開催まで時間が必要としたため、京セラドームでの開催となった。

セ・リーグは、2020年は異例の日程編成とし、開幕権を持ち越すことを決定した。これにより、2018年にAクラスだった広島、ヤクルト、読売は2021年にホーム開幕となる。2019年にAクラスだった読売、DeNA、阪神は2022年となる見込み。

オールスター

  • 7月19、20日 → 中止

クライマックスシリーズ

  • セ・リーグ
    • 2ステージ制 → 中止
  • パ・リーグ
    • 2ステージ制 → 1位対2位のみ 最大4試合制

日本シリーズ

  • 11月7日開幕 → 11月21日開幕

補強期限

  • 通常7月31日締切 → 9月30日締切

ドラフト会議

  • 11月5日 → 10月26日

CS後、日本シリーズ開幕直前を予定していたが、延期に伴い公式戦の最中に実施することになった。学生の進路に配慮して、例年と同時期の10月末に前倒し。

試合

延長イニング

  • 12回制 → 10回で打ち切り

観客

  • 当面、無観客試合にて実施
  • 7月10日以降、自治体と連携しながら最大5,000人の入場を検討予定

登録

出場選手登録(トータル)

  • 通常29人 → 31人

出場選手登録(外国人選手)

  • 通常4人 → 5人

同時に出場できる人数は4人のまま変更なし。投手、野手でそれぞれ最大3人までが従来のルールだが、最大4人にできる。ただし、投手または野手いずれかを4人として特例を適用した後は、この割合を変更することができない。特例を解除し、4人登録に戻せば従来通り投手、野手の人数を変更できる。

野手4人、投手1人で登録した場合、途中から野手3人、投手2人の5人登録は認められない。特例を解除して4人登録に戻し、野手2人、投手2人にすることはできる。

野手3人、投手2人から野手2人、投手3人への変更およびその逆は、いつでも変更が可能。

ベンチ入り人数

  • 通常25人 → 26人

出場登録日数の取り扱い

  • 通常145日登録で1シーズン → 登録日数×1.3で計算

例年だとプロ野球の開幕から閉幕までの登録対象日数は190日程度あるが、2020年は140日程度しかない。そのため、実際に登録された日付に対して上乗せして計算する。

112日登録されれば、1.3倍で145.6日となり、1シーズンとしてカウントされる。また、145日に満たなかった分は端数として、他の145日未満のシーズンの端数と合算される。

感染疑い等への対応

  • 出場選手登録抹消後、10日間は再登録不可 → 本人や家族への感染疑い、体調不良が発生した場合、登録抹消となっても陰性が確認されれば10日を待たずに再登録が可能

その他

勝率第一位投手賞の表彰対象

  • 通常13勝以上 → 10勝以上

PCR検査

  • 開幕までに全選手に実施
  • その後、月1回程度実施予定

コメント

タイトルとURLをコピーしました