スポンサーリンク

一発頼みの打線から脱却なるか

2018年は、リーグトップの181本塁打をマークしながら、広島の721に対して大幅に少ない572得点。リーグワーストの得点力となった。30本塁打を狙える4人の打者を揃え、強力打線のイメージがあるが、実際はなかなか得点ができていなかった。

では、投手力はどうかと言うとこれも厳しく、リーグ5位の防御率4.18だった。規定投球回に到達したのもルーキーの東だけでは、投手力がないチームと思われるのは当然ではあった。

だが、「ベイスターズは打線は問題ないから投手次第」というコメントを見る度に、試合をちゃんと観てない人の意見だなと思っていた。打線にも問題は大アリで、むしろ将来を考えれば打線の方が深刻だ。

最近10年のベイスターズ打撃成績

年度打率得点3割規定選手名打率打撃部門タイトル
2010.25552116内川.3156 
2011.23942303渡辺.26614 
2012.23342214ラミレス.3005 
2013.26263014ブランコ.3331首:ブランコ.333、点:ブランコ136
2014.25356814筒香.30012 
2015.24950814筒香.3173 
2016.24957215筒香.3223本:筒香44、点:筒香110
2017.25259726宮崎.3231首:宮崎.323、点:ロペス105、安:ロペス171
2018.25057224宮崎.3188本:ソト41
2019.24659606宮崎.28412本:ソト43、点:ソト108

この10年のチーム打率・得点と、3割打者・規定打席到達者の人数、さらにチームトップの打率をマークした打者の打率・順位、打撃部門のタイトルを記載した。

これを見てもらうと、2012年にスタートを切った横浜DeNAベイスターズで、初めて3割打者がいないシーズンとなった。2011年以来となるが、2011年と2012年は、いわゆる飛ばないボールで打低投高が顕著だったシーズン。チーム打率と得点が飛びぬけて悪い数字になっているが、これはリーグ平均的に下がっているもの。それにしても2011年は内川のFA移籍もあってアベレージを稼げる打者がいなくなり、最高が渡辺直人の.266というすごい数字。

DeNAとなってからは、ラミレス、ブランコの外国人、そして、筒香、宮崎とアベレージヒッターが登場してきた。2019年は、筒香も宮崎もいながら、彼らの不振もあって最高が.284というあまりにも低い数字にとどまった。チーム打率は.246と「飛ばないボール時代」を除けば最低の数字だった。

ホームラン頼みの打線

そうした中で昨年を上回る596得点に至ったのはソトの活躍が大きい。チームのホームランは163本に減ったが、彼が打点を13伸ばしている。ロペスも2年ぶりに30本に到達し、球団初の外国人選手2名が30本塁打をクリアという年になった。得点圏打率は高かったものの、打率を4分ほど下げたロペスは、やや一発頼みな部分があった。

前回のブログでも書いた通り、走力による攻撃は皆無、むしろマイナスだらけで、得点圏へ確実に走者を進めて還すというより、本塁打を待つだけというような攻撃がほとんどだった。

今年、ベストゲームに挙げられるであろう2試合。9/4阪神戦は、ロペス、ソトの本塁打で追い上げ、ジョンソンから佐野のソロで追い付き、筒香がサヨナラ2ランを放った。そして、9/19広島戦は、0-7からソトの3ラン、梶谷のグランドスラムで追い付き、ソトのサヨナラ3ランで勝利した。

うまくいいところで本塁打が出ている試合は勝てているが、そうでない試合の方が多い。もう少し確実性高く得点していかなければ、優勝には届かないだろう。

本塁打の魅力もあるし、ハマスタを本拠地にしている以上、ある程度、本塁打を念頭に入れた布陣を考えても良いが、確実性が求められる。

来年の打線の展望

そうした中で、4番候補として、まずソトが挙がっているが、ラミレス監督から佐野、細川、伊藤裕への期待のコメントがあった。もちろん、彼らには期待している。だが、4番に求めたいのは偶発性の本塁打ではなく、ここぞのチャンスで確実に走者を還す打撃だ。

打点王に輝いたソトも、当然本塁打によって挙げた打点が多い。ソトを差し置いて4番に入る打者が、ソトを上回る打点を挙げるような勝負強さを発揮してくれれば、チームの得点力は上がって来る。

そして、3割を打つようなリードオフマンの存在も必要だ。今、そこに一番近いのは神里だろう。今年のCSで掴んだものをリセットすることなく、来季につなげてくれれば。

複数の3割バッターを輩出し、繋がりのある打線で得点を重ねていく。走塁改革と併せて、一発頼みの打線からの脱却も大きなテーマとして取り組んで欲しい。筒香がいなくなって打線が変わるタイミングでもある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました