スポンサーリンク

いよいよ横浜開幕! 平良は登録抹消に

横浜DeNAベイスターズは3月30日、本拠地の横浜スタジアムで今季初の公式戦を行う。三浦新監督にとっては初めてのホームゲーム。まだ2敗1分で勝利はないが、昨年チーム唯一の2桁勝利を挙げて開幕投手の本命とも言われた大貫を先発に立てて、記念すべき初勝利を狙う。

大貫、スアレスが初戦 入江は2戦目か

ハマスタ開幕戦となる30日は、大貫とスアレスの予告先発が発表された。これは大方の予想通り。スアレスは過去にも苦戦したイメージが残っている。オープン戦では結果が出ていなかったようで、先週のイースタンでも5回3失点で敗戦投手になっているが、要注意の相手だ。

そして、2戦目はルーキーの入江がデビューとなりそうだ。当初は3戦目になるのではないかと予想されていたが、3戦目の締めが上茶谷ということになるようだ。ヤクルトは、2戦目が石川という予想もあるが、高梨が来るのではないかと言われており、3戦目にルーキーの山野が予想されている。ヤクルトは先週末にイースタンの試合が組まれていなかったので、読みづらい。

入江の2戦目は、3戦目に勝ち越しがかかった場合のプレッシャーなどに配慮したものだろうか。オープン戦の結果、内容からすると入江が5番目でも不思議はないのだが。堂々とデビューして欲しい。

平良が右肘の張りで登録抹消 阪口昇格か

平良が右肘の張りで出場選手登録を抹消された。前日の読売戦、5回まで完全試合を継続していたが、6回先頭の大城に初球を左中間へ二塁打とされ、ケガの治療でベンチに下がった後、降板となった。

1球投げた後、すぐに木塚コーチが行ってベンチに引き揚げたこと、砂田の準備ができていたことから、右肘の張りについてはどこかのタイミングで首脳陣は聞いていたのではないか。完全試合を継続していたこともあり、行けるところまで行きたいという平良の意向を汲んでの続投だった可能性もある。

それにより悪化させてしまったということがないと良いのだが。平良の抹消については、ここまでの報道では川村コーチのコメントしかないのも不自然に思うのは邪推過ぎるだろうか。

なかなか年間を通してローテを守れない平良だが、素晴らしい投球をしていた中で、最初の登板でもう離脱してしまうとはさすがに計算外。ピープルズやロメロが仕上がるくらいまではローテを守って欲しかったのだが。

7人の先発ローテーションということで、阪口が控えているので、思いのほかすぐに出番となったが、このままローテーションを奪うくらいの意気込みでプロ初勝利を狙って欲しい。

阪口は、27日(土)のイースタンで、4回2/3で88球を投げている。呉念庭に2ランを打たれ2失点だった。ストレートは立ち上がり150キロ前後を投げていたが、全体的に今一つだった。それでもカーブで緩急を使って打ち取っていた。6安打を打たれたが、ピンチで踏ん張ることができていた。5回途中で交代したが、勝又がすぐにマウンドに上がっていたし、球数などで予定通りの降板だと思う。

28日のイースタンでは櫻井が6回無失点の好投をしていたので、彼にも先発候補としての期待が高まる。平良の離脱は痛いが、若い投手が攻めの投球で結果を出してくれたらと思う。

横浜開幕 BAY BLUE BLUES

横浜DeNAベイスターズは、公式You Tubeチャンネルで29日に新しい動画を公開した。「BBB」(BAY BLUE BLUES)という、昨年までのFOR REAL in Progressに代わるシリーズとしてコラムがスタートした。BBBの動画として、三浦監督が南場オーナーに就任依頼される場面や横浜一心のスローガンを検討している様子などから始まり、開幕戦の裏側が垣間見える構成になっている。

佐野キャプテンが青いボディペイントで「一」を書くという提案をしている場面もあるし、各選手が開幕戦にどのように臨み、どんなことを感じたのかが見られる。

サムネイルにもあるように、東京ドームを去る三浦監督の後姿は意気揚々という感じでもないが、それほど悲壮感が漂っているわけではない。「しんどいことはたくさんあるだろうなと覚悟している」と言っていた通り想定内のことだろう。ここから横浜で、ブレずに「横浜一心」を貫く、そんな戦いを見せて欲しい。

我らの「ポジハメの親玉」であるラミちゃんは、それほど悲観することはないと言っていた。

確かに当ブログの各試合の投稿を見てもらえば、「ポジ」もそこまで強引にならずともたくさん挙がっている。先発2人が四球を連発し、好投した平良も抹消になっている部分は痛いが、全体的には開幕前よりも希望が持てる試合だったと思う。そして、外国人選手も来日したニュースもあり、希望を持って横浜開幕を迎えられるのではないか。ラミちゃんの言葉を信じて、テンションを上げて行こう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました