スポンサーリンク

この展開なら逃げ切らないと 石田と山崎で逆転負け

03/30 横浜DeNA4-5東京ヤクルト(ハマスタ)

三浦新監督のホームゲーム初陣は苦い試合となった。初回からスアレスを攻め、1アウト満塁から宮崎の先制タイムリー、田中俊の併殺崩れで2点を先制。先発の大貫は4回2アウトまでノーヒットの好投で、7回を終えて4-1とリード。8回に勝ちパターンの石田を投入するが2四球の後、内川にタイムリーを許し2点差。山崎も注ぎ込んだが塩見、川端に連続タイムリーを浴びて逆転。9回に2安打でチャンスを作るも得点できず、あまりにもショックな逆転負け。

ポジ

大貫は素晴らしい投球だった。もともとオープン戦での投球を見れば、大貫が一番良かったので、開幕投手でもおかしくなかった。相手との兼ね合いとハマスタでの初戦も重視した形でのローテーションになったと思う。

4回2アウトまでノーヒットだったが、村上を意識して歩かせてしまい、内川にはスプリットをすくわれた。塩見の打球は柴田の好守で内野安打で止め、失点を防いだ。このピンチを乗り切った大貫は6回まで4安打無失点。7回先頭の塩見にストレートをライトポール際に運ばれたが、これは打った方も見事だった。その後は2三振を奪って3人で片付け、7回まで投げて勝ちパターンに託した。

勝利は消されてしまったが、3連戦の頭で投げる投手として文句のない投球だった。次回は鬼門のバンテリンドームで大野雄大との投げ合いが予想され、厳しいマウンドになりそうだが、この日のような投球ができれば勝負になると思う。

桑原が4安打。2戦目までヒットが出ず、内容も良くなかったので心配してしまったが、杞憂だった。センターを中心として逆らわないバッティングで、積極的にバットが出ていた。やはり桑原が打つとチームも乗って来る。得点効率は今一歩というところではあったが12安打と活発な攻撃を呼んだ。

牧は9回に石山の初球を捉えてレフト前に運ぶなど、マルチヒットをマーク。守備でも村上の打球を好捕し、機敏な動きで併殺を完成させた。この守備には球場も盛り上がった。もともとセカンドでファーストの守備は学んでいるところだろうが、良い動きができている。ソトが戻った場合にセカンドの最有力という位置を掴んでおくためにも、攻守で活躍を見せておきたいところ。今のところ非常に近い位置にいると思う。

開幕1、2戦は攻守に精彩を欠いたと書いた柴田が、この日は攻守に躍動した。特に守備では好守を連発し、大貫を助けた。得点には結びつかなかったが、マルチヒットをマークし、下位打線で存在感を見せた。佐野、宮崎あたりでチャンスとなった場合、田中俊とともに重要な役割になるので、柴田のバッティングがチームの得点力にも影響してくる。

逆転を許し、チームもファンも意気消沈する中、砂田がきっちりと9回を抑えた。練習試合からの無失点を継続している。早くも3試合目となった登板過多は気になるが、石田が不振の中、左腕として存在が大きくなってくるだろう。

ヤジ

今年のベイスターズは、そう簡単には勝てないことは覚悟しているので、多少の敗戦はやむを得ないと思っているが、この負け方はさすがにツラい。打てなくて負けるならまだしも、4点ながら先制、中押し、1点を奪われた直後の追加点と、理想的に得点を重ね、先発が7回まで投げた。残り2イニングというところ、日曜も1点のリードを守れなかったのだが、1点差をひっくり返されたのではなく、3点リードなのでね。

石田がどうにも勝負し切れない。慎重になり過ぎているというのもあるが、ボールのキレが今一つなのか、打ち取り切れない。ストレートにしてもファウルで逃げられるし、変化球も打者が対応できてしまっている。それを感じているから余計にコースを狙い過ぎるのだろう。全員が調子良いということはなかなかないのだが、8回を任せている投手がこの状態だと苦しい。

勝ちパターンを任せると決めたので、リリーバーとしてピンチの場面での登板は避けて通れない。ただ、三浦監督もコメントしていたように、山崎は長らく回の頭から任されていた投手なので、絶対的にピンチでの登板の場数が足りない。7回に登板させなかったのであれば、ピンチの場面は国吉か平田で乗り切るのが良いのではないかと思っていた。

東京ドームでの投球を見て、三浦監督も山崎なら大丈夫と思ってマウンドに送ったのだろうが、前述した通り、勝ちパターンを担うのであればピンチでの登板ができないようでは困るし、クローザーに戻るのであればこのくらいは抑えてくれないと。強いて言えば石田の状態を考えても、どのみち投入するなら内川のところから山崎でも良かったんじゃないかという結果論もあるが、監督の決断をそこまで責めるものでもないかなと思う。応えられなかった選手の問題だろう。今後も石田の起用は変えないようなコメントだったが、3連続なので少し考えざるを得ないのではないか。

打線も最後、ヒットのランナーを置いて4、5番だったので何とかして欲しかったが、今日の内容で責めるのは酷かなとも思う。勝ちパターンできっちりと逃げ切らないといけない試合だった。

キジ

12年ぶりの開幕3連敗。いや、でも意外にも12年ぶりなのか。DeNAになってからはもちろん初めてで、中畑監督、ラミレス監督よりも長く産みの苦しみを味わってしまっている。

本日の同行者が試合後、名言っぽいものを語ったのでご紹介。

「どれだけ勝ち星や選手を奪われても、魂だけは奪われるな」

こんなシーズンの始まり、そしてこんな試合を見せられて、もうファン辞めた!と思ってしまっては負けだと。ベイスターズファンである以上、こんな苦しい状況でもファン魂を見せて応援し続けるのだと。ここを乗り越えた先に、大きな喜びが待っているはずだ。

こんな状況でルーキーのデビューとなる。プレッシャーがかからないはずもない。入江が好投したとしても、勝ちパターンも揺らいでいるのでなかなか厳しい状況だ。結果を気にせず、自分のできる精一杯の投球をすることに集中して欲しいと思う。

横浜市営地下鉄の関内駅
みなとみらい線の日本大通り駅のエスカレーター
オープニングセレモニー
試合開始。ホーム開幕の先発は大貫
ParaviのBOXシートから素晴らしい眺めだった
初回チャンスで牧がハマスタ公式戦初打席も、ここは三振
ヤスアキジャンプで球場は盛り上がるも、一抹の不安がよぎる
最後は宮崎に期待がかかるも、初球をセカンド真正面のゴロ
悲しげに光るように見えるのは気のせいだろうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました