スポンサーリンク

多村放出はあるのか?

2006年は、6月に肋骨を骨折するなど、故障続きだった多村。シーズン終盤にはトレード話も報道され、日本ハム、ソフトバンク、中日とウワサは絶えない。本当のところはどうなのか?現状の外野手の布陣も踏まえて考察してみる。

スポンサーリンク

多村を取り巻くウワサ

事の発端は、日本ハムがSHINJOの後釜として狙っているという記事。多村本人がチームを出たがっているような内容も書かれていた。金村が監督批判をしたこともあり、多村⇔金村を軸としたトレードがあるのでは、という声が高まった。

日本ハムの次にウワサが出たのが、ソフトバンク。王監督が強打者の獲得をフロントに要請したことから、多村がターゲットになるのでは?というものだった。多村と王監督と言えば、今年3月のWBCで共に戦い、世界一。多村の評価が高いというものだった。

相手としては、寺原の名前が挙がった。投手陣に苦しむ横浜と、斉藤和、新垣ら若手の軸となる投手を持つソフトバンク。横浜はドラフトで寺原をクジで逃しているだけに、ありうる話ではあった。

そして、もうひとつは中日。落合監督がFAの小笠原獲得について、「うちが欲しいのは外野手」という発言で撤退。ドラフトで外野手を急遽リストアップするなど、外野手の補強へ動いた。

しかし、中日はドラフトで外野手を指名せず。逆に横浜が、中日がリストアップしていた下窪を含めて2人を獲得。これは多村が中日へトレードか?という状況になった。

実際はどうなんだろう?大矢監督の多村への評価は、まだファンとして窺い知ることはできない。鈴木尚典の復活に期待しているのはよく分かるのだが、多村についてはどうなのだろう?

ただ、ニッカンによれば吉村をファーストで起用する意向のようで、やはりセンターには多村を予定しているのではないか?

ドラフトで外野手を指名しなかった中日も、韓国の李炳圭(イ・ビョンギュ)を獲得する方針なので、ウワサにあるような朝倉らの主軸投手を放出するトレードは考えづらくなっている。アレックスがいない分は、李炳圭と藤井、英智らでカバーできるのでは?平田はちょっとまだ早いという判断かな。

スポンサーリンク

外野手の陣容

2006開幕時の外野手

鈴木(34)
金城(30)
多村(29)
田中充(27)
古木(26)
小池(26)
河野(26)
田中一(25)
南(25)
西崎(24)
桑原(24)
内藤(23)
吉村(22)
計13名

ここから、南がトレードになり、田中一が戦力外。そして、吉村が再度内野手に戻るとすると、3人減ったことになる。

だとすれば、ドラフトで外野手を2人指名していても、不思議なことではない。ただ、構成的に見ると、最年少が下園になるので、高校生の方が良かったと思うが、横浜高の佐藤を獲れなかったので仕方ない。

2007の外野手(予定)

鈴木(35)
金城(31)
多村(30)
下窪(28)
田中充(28)
古木(27)
小池(27)
河野(27)
西崎(25)
桑原(25)
内藤(24)
下園(23)
計12名

下窪の指名も、日大ということで村田らと一緒にやっていた縁や、プロ入りまでの過程から来る精神力の強さを評価したと思うが、多村が故障した場合のスペアとして、小池と競わせる意図があるのではないかと思う。都市対抗で首位打者になったように、下窪は代打としても期待できる。

鶴岡が右の代打の一番手という状況は厳しい。桑原が良くなってきたにしても、もっと打力のある右打者は欲しいところ。小田嶋を予定していたのだろうが、仁志の交換要員として放出してしまった。打力と守備面を考慮して、下窪獲得となったのだろう。

という風に考えて見ると、やっぱり多村を放出するのはないかな、と思えてくる。いきなりのトレードは想定に入れつつ、来季の多村に期待していきたい。ホントに来季こそは頼むよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました