スポンサーリンク

上茶谷、もってなかった

04/02 東京ヤクルト5-2横浜DeNA@神宮

DeNAはドラフト1位のルーキー上茶谷がプロ初登板初先発。7回1失点の好投を見せ、8回の打席で代打が送られた後、味方が逆転したが、パットンが逆転を許して初勝利はならず。打線も上茶谷の大学時代の先輩となる原に抑え込まれて援護できず。近藤から逆転したが逃げ切れなかった。

ポジ

上茶谷がプロ初登板。7回を1失点に抑え、7三振を奪った。青木には外から甘く入った変化球をうまくレフトスタンドへ運ばれたが、それ以外の失点は許さなかった。

5回は村上にフェン直のツーベースを打たれるも、味方の素早いリレーと相手走塁に助けられ、無失点で切り抜けた。6回も先頭の青木にツーベースを打たれたが、後続を断った。

7回を投げたということが評価できるし、先輩である今永、濵口、東らの初登板よりも素晴らしい内容だった。ローテの柱として、来週以降も期待したい。

佐野が開幕から代打で3打席連続のタイムリーヒット。しかも、重要な場面ばかり。打力が上がっているのはもちろん、勝負強さ、自信が持てているのが心強い。

ヤジ

パットンも、こういうことはあるので仕方がない。ただ、春先はあまり調子が出ない印象。ただ、8回は100%パットンしかありえない選択だった。切り替えて欲しい。

宮崎、筒香以外のスタメンが完全に封じられた。今日の原が良かったのは間違いないが、ロペス、ソトの迫力がなく、打線がちょっと弱いね。二人ともまだ打点ゼロだし。今日のところはソトが早期に復帰できたことを良しとしておきたい。

上茶谷、もってないね。彼が初登板で初勝利するような星の下に生まれてなかったのが敗因かな。ただ、勝っていれば8年ぶりだったそうで、誰かと思ったら加賀美だって。じゃあ、いいや。

キジ

8回裏、2-1と1点リードで1アウト1、2塁でバレンティン。

長打のあるバレンティンに対しては、一気にひっくり返されることを警戒する。内野手はベース寄りに守り、各塁間を広く空けてライン際を締めていた。基本的に間違っていないと思いながら見ていた。8回裏なので逆転されると厳しい、最悪シングルヒットで同点にされても、長打で逆転は許したくなかった。

バレンティンの強烈な打球はサード宮崎の右へ。ダイビング及ばず、球足の速い打球は抜けていき、ツーベースとなった。定位置に守っていればサードのほぼ正面。併殺打でこの回は終わっていただろう。たらればを言っても意味がない。ただ、長打警戒のシフトを取っていたのに、球足が速く、レフト線に転がってツーベースになってしまった。一気に逆転されたわけではなかったが、これが痛かった。

最悪を想定した長打警戒のシフトだったが、結果として長打となってしまった。うまくいかないこともある。これは仕方ない。

青木に出した死球が致命的だったね。ホントに青木は調子が良くて怖い存在。だからこそ厳しく行って当ててしまったのだろうけど。

それにしても今日の神宮は寒かった。花火が似合わない気温だった。明日も同じような気温が予想されている。打線の冷え込みが続いているが、そろそろ主軸に結果が欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました