スポンサーリンク

そりゃそうでしょうよ、想像通り連敗

08/21 阪神3-1横浜DeNA(京セラドーム)

先発の上茶谷が3回、高山にソロを浴びて先制を許すと4回にマルテのタイムリーで追加点を奪われた。5回に伊藤裕の犠牲フライで1点差に迫ったが、三嶋がマルテの犠牲フライで3点目を許す。10安打を放ちながら1点に終わる拙攻が響き、そのまま逃げ切られた。

スポンサーリンク

ポジ

今日もないね。マルチヒットとか3安打でポジってる時期でもないし、そこそこ好投しても負け投手であれば意味がない。

スポンサーリンク

ヤジ

前日、これも野球とコメントした通り、「たまたま繋がらなかった」という得意のポジな考え方で、何の反省もなく同じようなオーダーを組んできた。当然、反省するわけがない。これがベストと考えて「たまたま」うまく行かなかっただけとしか考えていないのだから、反省するはずがない。

だが、オーダーを見た時に想像した通りの敗戦になった。そりゃそうでしょうよ。

1番に乙坂を入れてきたが、上位でヒットは1本だけ。前日に続いて4番の佐野がヒットで出塁してチャンスメイクする形になり、またも8番投手が邪魔になって、ただ打つだけになってしまった。7番の大和は3打席連続ヒットだったが、チャンスで回ったのは2回裏だけで、そのヒットも2塁ランナー佐野がホームタッチアウトで得点にならず。これも次が投手だということが心理的に影響し、確率の低いギャンブルをしてしまっている。晩年の金本が守っているなら還れるだろうが、もともと強肩の福留。あのタイミングで回ってセーフになる可能性はかなり小さかった。

2点目を奪われた直後の5回に、大和がツーベース、上茶谷がヒットでノーアウト1、3塁。9番から上位に戻っていくところで、一気に行きたいイニングだったが、今の打線にそういう雰囲気はない。伊藤裕は、しっかりと外野へ深めのフライを飛ばしてまず1点。2アウトから筒香のヒットで1、3塁としたが、ロペスが低めの変化球を捉え切れず、レフトフライ。

6回は代わった岩崎から2本のヒットで2アウト1、3塁としたが、上茶谷への代打・細川がセカンドゴロ。一方、その裏の阪神は、先頭の木浪の完全に詰まった当たりがポテンヒットになり、ツーベース。福留の当たり損ねの打球がきっちりチームバッティングで進塁打となり、マルテの犠牲フライで貴重な追加点。たった1安打、しかも詰まった打ち取られたような打球だけ。あまりにも対照的だった。

極めつけは7回。まだ1軍に復帰したばかりのドリスに対して、9番の伊藤裕がヒットを放つ。ここから1番に返って、じっくり攻めていきたいところで、乙坂が初球をショートゴロ併殺打。これは野球が分かっていなさすぎる。引っ張った当たりで運悪く併殺になったのなら、まだ許せる。狙っていたのかも分からないようなツーシーム系の球を左方向に転がしているようでは。俺自身も乙坂の起用を要求していたが、これにはホントにガッカリだ。

松坂を速攻でKOしたように、好球必打でうまく打てればとてつもない威力を示すが、そうそう連打が出るものでもない。だからこそ、進塁打とか、叩きつけるバッティングとか、凡打のなり方というものがある。それの積み重ねが打線として繋がりになり、得点になる。連打が出るのを待っている采配がそうさせるのか、選手も大して考えもせず、とにかく振りに行くだけ。これでは確率も上がってこない。だからこそ勝率が良くても5割程度に収束するだろう。

この試合は10安打で1点、2試合で18安打を打ちながら、犠牲フライの1点だけ。ここまでになって、やっと「何とかしなければ」だそうで。気づくのが遅い。これが継投を始め、采配全般に表れている。

上茶谷は、この日は悪くなかった。でも、あともう一歩なんだよな。少なくとも失投をうまく打たれた、高山のホームランの1点だけに抑えなければならなかった。前日の試合で監督が見誤った通り、近本より木浪の方が状態がいいので、先頭打者の木浪は注意すべきだった。上茶谷も三嶋も、少し甘くなった分、詰まらせ切れなかった。非力だからストレートで詰まらせられるという配球も安易だったかもしれない。

チャンスで打順が回り、代打が起用されたために5回で降板となったが、非常に勿体ない登板だった。

スポンサーリンク

キジ

オールスター明け3週間ほどで10.5ゲーム差が0.5にまで縮まったが、この2週半で7ゲーム差まで開いた。最大差を考えれば、少し縮まっているくらいだが、週末の結果では元の差に戻る可能性がある。

ホントに今年は各チームの波が激しく、順位もそうだし、差が急速に増減する。それもあって、8月頭で早くも0.5差になってしまったことを逆に心配していたのだが、その通りになってしまった。

この状態で9月を迎えても、それは優勝争いとは言えない。明日にも読売にマジックが点灯し、対象チームはDeNAとなるが、首位を追いかけているとは言い難い。現実を見れば、4.5差に接近してきている阪神とのCS争いになる。そして、ファーストステージの主催をかけた広島との2位争いができるかどうか。

とにかく京セラドームでは勝てないし、3タテを食らってしまいそうな流れ。この強力な負けへの流れを食い止めることができるか。CS争いという意味でもこの1試合は大きく左右してくるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました