スポンサーリンク

狂気!?ラミレスショー開演

09/02 読売3-1横浜DeNA@東京D

ハマスタで抑え込まれたサンチェスに対して、この日も6回1安打に封じ込められた。先発の濵口は早々に失点し3回で降板。リリーフ陣が踏ん張って逆転の望みを繋いだが、読売の執念の継投に一本が出ず完敗。この試合の負けよりも気になることがたくさんという日になった。

ポジ

僅か2安打に終わった中で、細川がもう少しでホームランというライトのフェンスの上にある金網に当たるダブル。高梨のアウトサイド高めに入った球を右方向へ強く打ち返した。これが何と高梨が今季、右打者に打たれた初ヒット。特徴的なフォームから、サイドスロー気味に投げて来るので、左打者はかなり打ちづらそうな投手という印象だが、実は右打者の方が抑えている。といっても左打者の被打率も1割台なのだが。

ファームで蝦名が4試合連続ホームランと絶好調。ラミレス監督も光るものを感じて、開幕1軍ベンチに入れたのだが、その目に狂いはないということか。細川も結果を出して行かなければ、入れ替えになる。2打席目にはしっかりと四球を選んでいるし、他の打席では自分のスイングができている。もう少しチャンスを与えて欲しいが。

濵口が3回で降板後、伊勢、ピープルズ、エスコバーと追加点をやらずに踏ん張った。こういうリリーフの仕事が逆転勝利をもたらすのだが、この日は打線が応えられなかった。相手にとっても良い気持ちの勝利とはならなかっただろう。

ヤジ

1回の立ち上がりは無難に三者凡退。4番岡本も初球で打ち取ったが、丸に対してストレートが2球外れた後、チェンジアップが真ん中に入り、ライトスタンドへ運ばれた。これでショックを受けたわけではないのかも知れないが、中島にはストレートの四球というのは失望する。吉川尚にもストライクが取れず、3-1から真ん中に投げたストレートを右中間に運ばれた。

なおも1アウト3塁で8、9番でうまくアウトが取れればというところだったが、炭谷のファーストゴロで、ソトがホームへの送球が逸れてしまった。タッチプレイなのでストライク送球でもどうかなというタイミングで、記録はフィルダースチョイス。ソロホームランの1点で留めておけばというところだったが、先発の柱としては情けないイニングになってしまった。

打線は、宮崎がこの日もスタメンを外れた。途中、代打で出場して守備に就いたのだが、無理はさせない方針なのだろう。今時、根性で出るという感じでもないし、悪化して数週間の離脱になったらもっと痛手だ。その影響というわけではなく、良い投球をされ、打線に勢いもなかった。2安打ではどうしようもない。

ただ、7回のチャンスでは、読売が防御率0点台の高梨を代打宮崎の場面で大竹に代え、乙坂が出て来ると大江を投入する執念の采配だったが、DeNAは乙坂をそのまま打席に送った。好調で代打の切り札となっている状況であれば、そのまま乙坂も悪くない。昨年のCSで左腕の岩崎からサヨナラホームランを打ったことは記憶に新しい。ただ、今年は不振で左腕に対しては3打数3三振だった。そして、左打者に被打率1割そこそこの大江。どうすべきかは明白だった。

中井の代打も思い浮かぶが、今年の中井は左腕に2割そこそこしか打てていない。それこそ左腕の先発相手にスタメンで使っている倉本を送るのがベストだったのでは。彼を取っておく意味もないし、実際に使わずに敗れている。結果論だが、やるべきことをやっていないのは明白。都合の良い時だけデータの話をするが、大事なところで生かせない。勝負勘のなさが露呈した。

キジ

多くのベイスターズファンが、この試合よりも次の試合の先発のことが気になったであろう。来日4年目で初めての先発マウンドに立つパットン。伊勢はオープナーでないことを遅まきながら学習したのだろうか。正しく理解できないまま流行りに乗って「オープナー」と言って恥をかいたが、今度こそということか。

「ピープルズもブルペンで待機する。パットンはその後はリリーフに戻る予定。2週間前からこういう構想はあった。それを実行しようと思った」。この監督の発言はもはや信用ならないし、意味がない。

もちろん、ラミレス監督も勝つための最善策と本人は思っているのだろう。ベンチにいるコーチ、選手のどれだけが同意しているのかは分からないが。そして、現状のDeNAの陣容では、読売に対して正攻法で対戦しても勝てないと踏んでいて、奇策が必要と判断しているのだろう。凡人には全く分からない思考回路だ。「名将過ぎてついていけない」。

先発として2連勝、特に8月28日のヤクルト戦では素晴らしい投球を見せたピープルズを、何故ここでリリーフ起用するのか。今や大黒柱くらい期待ができる井納を何故首位チームに当てないのか。

そして、もっと分からないのが、「オープナー」としてセットアッパーのパットンが投げた後に先発のピープルズが投げるのであれば、「初めて正しいオープナー」の作戦が取れるのに、前日のこの試合で使ってしまうことだ。中4日で2イニング29球を投げさせて、さらに連投もさせる構え。ここでリリーフ適正のテストなのか。確かに立ち上がり150キロを投げるが、徐々に球威が落ちていくピープルズは、リリーフどうかなと思ったが、何故今ここでやるのか全く理解できない。奇襲ついでに適正も見ちゃおう大作戦か?

濵口が想定よりもかなり早い3回で降板することになり、国吉は翌日の「ブルペンデー」に備えてベンチから外れていたため、ピープルズを使うことになったのか。ピープルズをベンチに入れている時点で使うつもりが最初からあったということだろう。

13連戦で先発が足りないと考えるのは分かるが、ちゃんとローテーション投手がいる木、金でわざわざブルペンデーをする必要はない。ラミレス監督は天気予報を見ていないのか。台風10号が、歴代最強クラスで九州に接近しようとしている。金曜から試合をするのはどこか?広島での4連戦だ。もちろん、台風の進路によっては影響が少ないかもしれないし、中止になることを前提にすることはできない。ただ、これだけの台風が付近を通過するとなれば、影響は避けられないだろう。

ましてや優勝するつもりであれば、首位の対戦で一番良い投手を先発させていくべきだと思うのだが。ラミレス監督にとっては、パットンが先発することがベストと思っているので、分かり合えないとは思うが。明日の試合、そして13連戦が終わった時、これらの作戦に対してどういう結果が出ているか、注視して行きたい。

そして、悪い報せばかりではなく、オースティンがこの日、ファームの試合に出場した。3打数2三振と結果は出ていないが、徐々にゲーム勘を取り戻せれば、来週のハマスタでのスターナイトあたりで復帰もありうる。ロペスをどうするつもりなのか分からないが、ピープルズの起用はそういったこととも関連しているのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました