康晃が牽制球投げた!そしてやっぱり打たれた

06/27 横浜DeNA6-8阪神@ハマスタ

DeNAは先発のピープルズが今一つの出来で初回から2失点。逆転してもらった5回には糸井の2ランなどで再逆転を許し5失点で降板。オースティンの2点タイムリーで逆転したが、最後は山崎がサンズに3ランを浴び、シーソーゲームに決着がついた。

ポジ

打線の好調さは持続。この日は得意のホームランなしで6点を挙げた。走者を還すバッティングが出来ていたというのもあるが、走塁、進塁打といった仕事がきっちりと出来ていたため、打線に繋がりがあった。

初回はオースティンの深い外野フライでソトがタッチアップし、3塁へ進んだ。佐野が気持ち的に楽になり、同点タイムリーが生まれた。5回は二塁打のオースティンを佐野が進塁打で進めて、ロペスの遊ゴロ間に得点し、1点差とした。ヒット1本だけで取った得点が6回の逆転劇を生んだ。足は速くなくても、こうした最低限の仕事をすることで、ホームランがなくても得点ができる。良いパターンでの得点が連勝をさらに伸ばしてくれれば最高だったのだが。

オースティンはデビュー戦となった火曜日以来の3安打。外角低めの変化球にバットが出てしまうことが増えてきたが、この日はしっかりと見極めができていた。ソトもマルチヒットと好調で、ホームランはまだ量産されていないが、この二人の並びは非常に怖い状態。続く佐野も8試合連続安打ときっちり打っている。ロペスまで打ったら手が付けられないが、この試合で自打球がすねに当たり途中交代した。大事に至らなければいいが。

開幕戦で悔しい思いをした国吉が、1点ビハインドの場面で登板し、素晴らしい投球を見せた。その投球が味方の逆転を呼び、ボーアから始まる8回もマウンドに立った。3イニング目もピシャリと行けば、完全にDeNAペースで文句なしだったのだが、ピンチを迎えてしまうあたりはあと一歩だが、パットンがベンチ入りしていない中、三嶋も温存して山崎まで繋いだことは評価できる。石田も難しい場面での登板となったが、良く抑えてくれた。

ヤジ

高めに浮いたピープルズ

前回の初登板も、序盤はボールが高めに浮いている感じはあったが、球威で何とか退けていたが、この日はナックルカーブも捉えられたため、使いづらくなって単調なピッチングだった。3、4回はストレートが低めに落ち着いて来て、その間に味方が逆転して、これは初勝利いけるかなというところだったが、5回先頭の高山に死球を与えてリズムが崩れた。それにしても、高めに浮きだしたところ、低めのチェンジアップをライトスタンドに運んだ糸井はさすが。

5失点とは言え、5回を投げてはいるし、前回は勝利投手でもおかしくない内容。今後も先発で登板になると思うが、次回のタイミングをどうするか。来週は濵口の後、櫻井と大貫あたりが先発することになるので、リリーフを用意したい。ピープルズを一旦抹消して、7月5日に再登録が可能な井納にスイッチする方法もある。負傷交代したロペスをベンチから外してパットン、エスコバーを両方使うような動きを見せてくるのではないか。

自信も信頼も弱い康晃

「植田のリードが大きいから注意するように言った」ということだが、2アウトランナーなしから四球を出しただけの守護神に対して、投手コーチがマウンドに行くことは異例。ベンチから信頼がない証拠だ。2アウトを取ったとは言え、糸原には高めのストレートを捉えた当たりのライトフライ、糸井は強烈なライナーがサード正面を突くハードラック。気持ちは分からなくもない。

その結果、プロ入り5年間、公式戦では一度もなかった牽制球を投げた。しかも立て続けに2球。おおっとなった矢先、植田に盗塁を決められた。際どいタイミングでリクエストしたがセーフは変わらず。

オールスターで牽制球を投げた時も打たれたが、この日も打たれてしまった。牽制球は原因ではなく偶然だが、前2試合の投球内容から見れば、いつかやられるだろうなという状態だったので、やっぱりという試合になった。

それでもストレートはあまり心配していないが、ツーシームは空振りを取れないまでも、もう少し打者が反応したり、タイミングをずらされるようでないと、なかなか厳しい。調整も難しいシーズンになっているが、何とか状態を上げてきてもらいたい。

水曜日に2セーブ目を挙げた際のブログでも、結果として抑えれば文句はないがという前提で、上記のように書いている。多くの人が山崎の状態の悪さを気にしていただろう。

とにかくツーシームにキレがない。打者が空振りしなくなったのは、もうだいぶ前からだが、今年の状態ではタイミングを外すことすらできない。初対戦のサンズも、2球速いストレートを見せられた後のやや低めのツーシームを完璧に捉えていた。低めに行っているにも関わらず落ちが悪いし、打者の手元で変化していない。ただのちょっと遅い球になっている。

スコットの場合はちょっと違うかも知れないが、藤川、石山とまだ8試合なのにクローザーが痛打されるシーンが目立つ。6月開幕の調整、無観客試合といろいろなことが影響していて、難しいのかもしれないが、パ・リーグのクローザーは順調だから言い訳にもできない。

現状だとパットンの方が良いので、本来なら入れ替えたいところだが、パットンはベンチ入りしない日があるので、そうもいかない。山崎が実際に失点したのは1試合だけであり、この話は早計かもしれないが、想定しておかなければならない。ロペスを抹消することも視野に入れておくべきだろう。

キジ

ピープルズが打たれて逆転されたあたりで、阪神のリリーフを考えると難しいかなと思っていたので、敗戦にそこまでのショックはないが、心配していた山崎の状態が上がって来ないことが一番不安だ。

ここまで7試合で10得点だった阪神に1試合で8点許したが、先発投手が初めて大量点を許してしまった試合で、確率的にもそろそろそういうことが起こるタイミングだった。ただ、ボーアにタイムリー含む2安打、この日に昇格したサンズに決勝3ランと、元気を与えてしまったことが今後にも影響してきそうな気配。

3戦目の平良がQSをマークして、打線がベテランの中田をきっちり捉えられれば、勝ち越しで終えることができる。今年も阪神が、とならないように、ここは全力で勝ちに行ってもらいたい。守護神が逆転されてムードが悪くなりそうなところ、9回裏に藤川に対して食い下がり、2アウト満塁まで攻めた流れに乗れば、良い結果が出るはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました