これはハマスタ阪神戦?思いがけない大勝

06/28 横浜DeNA9-1阪神@ハマスタ

デーゲームで読売が12-0でヤクルトを、広島が10-3で中日を下しており、上位3チームとして乗り遅れるわけにはいかないDeNAは、鬼門のハマスタ阪神との対戦だったが、9-1で大勝。このカードとは思えない展開に違和感を覚えながら、好スタートに手応えを掴んだ。

ポジ

バッテリーの大活躍

ヒーローインタビューに立った平良、戸柱のバッテリー。当然ながら、この2人の活躍が非常に大きかった。

平良は、先頭の近本を歩かせ、盗塁を決められ、糸井に打たれ、とヒット1本であっという間に1点を失った。前日の嫌な負け方からそのままの流れで、阪神が主導権を握る展開になりそうだった。しかしマルテ、ボーアを打ち取って最少失点で切り抜ける。

打線に逆転してもらった後は、サンズには少し手こずりながらも3人ゴロを打たせて片付けて波に乗った。唯一のピンチは4回、マルテに二塁打を打たれた後の1アウト1、2塁。ここも前日のヒーロー・サンズを外側のシンカーで見逃し三振に仕留めた。

ストライクゾーンの出し入れが巧く出来ていたし、球威もあって的を絞らせなかった。戸柱の配球も良かったし、平良がそれに応えるコントロールを持っていた。

戸柱はロペスがベンチから外れた分、宮崎の後の6番に入った。これは戸柱にチャンスが集中するぞと思ったところ、初回に3点目のタイムリーと結果を出した。そして、5回の内野ゴロ間での追加点が、試合の流れで非常に重要だった。高いバウンドになるラッキーな面はあったが、三振では得点は入らない。7回のノーアウト満塁ではホームゲッツーに倒れてしまうあたりも戸柱らしい。

坂本に続いて、平良にも白星。これで戸柱がスタメンマスクの試合は3勝0敗。バットでも6打点と少ない出場ながら貢献度は高い。伊藤光とお互いを高めながら、今後も活躍してほしい。火曜日の濵口とバッテリーを組むのはどちらか。坂本が不在の分、戸柱の可能性が高いのではないか。

後続がカバーして繋がる打線

1点を先制された初回、梶谷が右中間へ二塁打を放ち、すぐに同点のチャンスとなった。しかし、ソト、オースティンがいずれも引っ掛けてサードゴロ。梶谷は二塁に釘付けとなり、DeNAの悪いパターンが顔を覗かせる。しかし、ここで佐野がカバーする。5球目の外角低めのストレートを見事に弾き返し、あと数十センチでホームランというレフトのリボンビジョン直撃のタイムリー二塁打。4番の仕事を果たしてくれた。

前日からの流れからして、すぐに逆転できたのは非常に大きかった。今の打線の状態なら中田を打ってくれるだろうと期待したが、見事に応えてくれた。だが、その後は中田も立ち直り、追加点が取れない中、今度は佐野がチャンスメイク。戸柱の内野ゴロ間に得点し、ヒット1本で貴重な追加点を挙げた。

7回は、ノーアウト満塁のチャンスを作ったが、戸柱の併殺でチャンスが潰えたかに思われたが、柴田が追い込まれながらも粘ってタイムリーを放ち、カバーした。大和が勝負強さを発揮して2点タイムリーで追い打ちをかけ、ゲームを決めた。

前日に続き、ハマスタでホームランなしで9点を奪った。14安打でチーム打率が3割に乗ったように、どこからでもヒットが出る状態なのだが、走塁や進塁打の意識、そして走者を進められなかった場合でも後続がカバーするような流れが出来ていて、打線に繋がりを感じる。ソロを3発打つよりもこちらの方が相手にとって脅威だ。

1番から6番まで全員20発以上打てる打線、というのが前面に立っているが、ソトやオースティンも含めて、逆方向に長打を打てるというのが、強引さをなくして、繋がりのある打線にしている。ロペスも強烈なプルヒッターだが、場面に合わせてバッティングを変える。

攻撃面に関して言えば、昨年にもなかったような良い状態にある。良過ぎて後が怖い感じもあるが、来週はさらに良い状態の読売との対戦。ここで各打者がどれだけ打てるか、打線として機能するか注目したい。

ヤジ

せっかく今季初スタメンのチャンスをもらった倉本だったが、結果としては3三振。最初の打席で僅か数メートルでホームランという鋭い当たりを見せたし、積極的に振って行った結果だが、厳しいものになった。高卒だしまだ早いという声は当然だが、ファームで田部が素晴らしいバッティングを見せているので、これならちょっとだけ呼んでみたらという気になる。

キジ

エスコバーが今季初合流

この日は結果的に山崎を使わずに済んだ試合になった。本人的には早く雪辱したい思いもあるだろうが、チームが連敗しなかったことで大きく救われただろう。

ピープルズを一旦抹消して、7月5日に再登録が可能な井納にスイッチする方法もある。負傷交代したロペスをベンチから外してパットン、エスコバーを両方使うような動きを見せてくるのではないか。

昨日のブログで書いたように、やはりピープルズを登録抹消してエスコバー、パットンを両方ベンチに入れてきた。ラミレス監督も5年目なので、何を考えているかはだいぶ分かるようになった。賛否は別として。結果的には終盤に打線が突き放したため、贅沢なリレーになった。

来週以降、ロペスをどうするか。この試合は戸柱、柴田が機能してロペスの不在を少し緩和できたが、やはり宮崎が歩かされるシーンが増えてくるだけに、ファーストの守備を考えてもロペスは捨てがたい。登録抹消していないということは、10日もかかるものではないということなので、来週はエスコバーとパットンを交互にベンチ入りさせるのではないか。

ハマスタ「最後の」無観客試合

プロ野球は7月10日以降、最大5,000人の観客を入れる方針となっており、完全な無観客試合のハマスタは、これが最後となる。自分の応援パネルも9試合全てで中継カメラにフレームインしていたが、これらが並ぶ光景は見納めであってほしいと思う。

昨年、ハマスタで勝率.614を誇ったが、毎試合座席を埋め尽くしていた大観衆は一人もいない。そんな中の試合ではあったが、表情を変えない応援パネルだけでなく、おうちハマスタでの様子などファンがリモートで撮影した応援動画が、選手へ思いを届けた。そのサポートもあって、9試合で6勝3敗と好スタートを切った。

ここから15試合ビジターが続く。今年から一新した「より青く、より強く」のユニフォームを纏っての戦い。昨年は下記の通りビジター5球場で全て負け越している。どのくらいの成績で7/17にハマスタへ帰ってくるのかが、まず序盤のポイントになるだろう。

球場勝率打率防御率
神宮570.417.2385.6815
甲子園451.444.2342.896
ナゴヤドーム670.462.2483.6211
マツダ480.333.2104.7111
東京ドーム570.417.2374.4619

コメント

タイトルとURLをコピーしました