スポンサーリンク

オマタセ!オースティンいきなり挨拶の3ラン

09/12 横浜DeNA7-3中日@ハマスタ

初回、1点を先制したDeNAはなおも走者2人を置いて、この日復帰のオースティン。いきなり挨拶代わりの3ランを叩き込み、自ら快気祝い。1点差に詰め寄られた後、5回満塁でオースティンが押し出し四球を選んで貴重な追加点。持っているものが違い過ぎるTAの活躍で連敗を止めた。

ポジ

復帰後すぐに「希望」となったTA

前日、仙台の森林どり泉で行われたファームの試合に出場し、レフト線への二塁打など3安打を放っていたオースティン。それを受けて、おそらく前日のうちに横浜へ戻ったのだろう。この日、1軍への復帰が決まった。ラミレス監督も、最初は代打での起用を考えていたそうだが、オースティンと話して「6番」でのスタメンとなった。

前日3安打とは言え、それより前の4試合ではノーヒットと、調整にはまだ時間がかかるかなと思っていた。初回、1点を先制してなおも1、2塁でオースティン。ここでホームランなんて期待し過ぎだよなと思った直後、2球目の低めに沈む球を強振すると、打球はあっという間にバックスクリーン左へ突き刺さった。何だこの挨拶は!こんな衝撃的な復帰があるのか。いきなりの3ランで4点のリード。チームの空気が変わった。

2打席目は2アウト2、3塁となったところで先発の松葉が降板。又吉と対戦したが、空振り三振に終わった。1点差とされた後の5回、2アウトからソト、佐野の連打。宮崎とは勝負し切れず、満塁でオースティンを迎える。やはりこの試合はオースティンを中心に回るのか。ここは、木下雄も勝負し切れない。3-1から変化球を見極めて押し出しの四球を選んだ。貴重な追加点をもたらし、続く倉本の2点打で試合を決めた。

この日も接戦を制した読売とは10ゲーム差。普通に考えれば絶望的な数字だが、「希望」としてオースティンが復帰した。彼を起爆剤にして、快進撃を見せられるか。ケガが多い選手だから、この後はフルで活躍できるようにして欲しいというのが願い。あと1回くらいケガしそうなのだが。

佐野が両リーグ最速の100安打

プロのレギュラーとして3桁の安打を打てば、一流の仲間入りとなる。それだけでも凄いことではあるが、俊足の1番打者でもない佐野が、数々のリードオフマン、巧打者を差し置いて、両リーグ最速で100安打に到達。消化した試合数が多い方ではあるDeNAだが、セ・リーグにおいては2位の宮崎、中日・大島に13本差であり、そういう次元でもない。

もはや「4番としてよくやっている」どころではない。ここ数年の筒香よりも頼りになるレベルで打っている。この日も見事なバッティングを見せてくれた。とにかく最大の良さは左投手を苦にしないこと。体が開かずにしっかり捉えられる。昨年は代打ということもあり、右投手での起用が圧倒的。左投手には31-8で.258とそんなに打っておらず、ホームランもゼロだった。

ラミレス監督が期待を込めて新しいキャプテン、4番に選んだとは言え、ここまでの活躍を予想できたのだろうか。ただ、レギュラーとしてやっていく上で、左対左は必ず克服する必要がある。91-35で.385と右投手よりも打率を残しているのは素晴らしい。この試合も初回に左投手の松葉からセンター前へ2本。いずれも低めの難しい球をしっかりと打ち返している。5回も木下雄から低めを拾ってセンター前ヒット3本目。最後の打席は凡退したが、ゴンザレスの152キロを捉え、左中間を抜くかというような当たりだった。

2ストライクまでは、強く振れるボールを打ちに行き、難しいボールは軽打でヒットにする。なかなか打ち取れない打者になっている。シーズンも半分を超え、どこまで行くのか非常に楽しみだ。

守備のミスを取り返した倉本

4回、ノーアウト満塁でビシエドがセカンドゴロ。大和が若干無理な体勢でセカンドへ送球し、少しボールが逸れた。倉本も体勢が崩れていたが、強引にファーストへ送球し、これが大きく逸れた。セカンドランナーまでホームインして2点目を許した。打者走者の進塁は免れたが、守備のミスが出てしまった。急に濵口が四球を連発してリズムが崩れたとは言え、言い訳にできない。

5回裏、ミスを挽回するチャンスが訪れる。オースティンの押し出し四球で1点を追加した後、中日は藤嶋に交代。左腕を出して来てくれればと思っていたが、初球、高めに来たストレートをおっつけてショートの頭を越える2点タイムリー。今年好調の要因でもあるレフト方向への良いバッティングができた。守備のミスを取り返す活躍で、再び4点リードに戻し、主導権を握った。

ここ最近は大和がセカンドに回り、倉本がショートに入っている。以前から問題視されている守備も、だいぶ改善されており、柴田も含めた3人の争いの中で、一番のポジジョンを勝ち取った。倉本を中心として使うという意思の表れがショート倉本になっている。彼自身が掴んだものだから、守備で失うわけにはいかない。そして、大和や柴田よりも少し守備では劣るのは事実だが、それを取り返すバッティングが今年はある。3人の高いレベルでの争いが、DeNAのセンターラインを強くする。この数年悔しい思いをした分、今年は弾けてもらいたい。

ヤジ

個人的に投手は濵口ファンなので、厳しくなってしまうが、勝利投手でヒーローインタビューに立とうが、この試合はここに書かせてもらう。

立ち上がりは非常に良かった。ストレートに力があり、相性が悪い大島には打たれたが、平田をインサイドのストレートで詰まらせて併殺打、アルモンテにはアウトサイド一杯に147キロが決まって手が出なかった。2回も高橋から146キロストレートで空振りを奪うなど、ストレートの走りは今年一番だった。だからこそ、チェンジアップやフォークが効いてくる。

ストレートを磨くことをテーマに調整してきたという効果が出ていた。前回の登板から間隔を空けて、相性の良い中日戦に持って来た。ある意味、背水の陣でもある。その覚悟なのか、髪形も普通に戻し、気合が入ったマウンドだった。

だからこそ、4回に「いつもの」濵口に戻ってしまったことが残念でならない。大島と相性が悪いのは分かるが、4-0で1番から始まる打順で四球はない。こんなことをやっている投手は勝てない。ついこの前、7-0から四球を2つ出して同点とされた先発もいただろう。

立ち上がり飛ばして入ったせいもあるのか、この後はストレートの威力が落ち、平田に対して高めの釣り球を投げたが、完璧に弾き返されてしまった。これで弱気な面が顔を覗かる。変化球を甘く投げられない意識が強すぎて、叩きつけてしまう投球が多くなった。これでは打者は振らないし、ストレートを狙いやすくなる。アルモンテも歩かせてノーアウト満塁。

こんな投球だから、野手のリズムも悪くなる。倉本の悪送球に加え、宮崎にもエラーが出て、京田の技ありのタイムリーで1点差に迫られた。ヒット2本で3失点(自責1)という勿体ない点の取られ方。

5回も同じような投球で、大島に対してストレートの四球。平田もストレートをファウルで逃げられ、根負けして歩かせてしまった。1アウト1、2塁で両外国人を迎える。ここで代えられてもおかしくなかった。個人的には代えるべきと思っていた。だが、アルモンテはインハイのストレートで詰まらせて内野フライ。ビシエドも同じく高めのストレートでファーストファウルフライに打ち取り、ピンチを脱した。

結局、85球ながら5回で降板。打線が追加点を奪い、パットン、エスコバー、石田、三嶋と4人の完璧なリレーで4勝目を付けてもらった。当然、本人も納得した登板ではなかっただろう。久々の勝利を得て反省できることに感謝して欲しい。そして、今回も良いところはあった。ストレートの力を取り戻すことで、武器のチェンジアップが生きて来るはずだ。次回は、もう少し長いイニング、力のあるストレートを投げ切れるように調整を続けてもらいたい。正直、今回のような投球では評価できない。4年目でローテの中軸を担わなければならない立場。そろそろ勉強のマウンドは終わりにしてもらいたい。

キジ

キッズスターナイトは、天気予報が悪かったが何とか無事に試合を行うことができた。途中、5回くらいからレーダーにはない雨雲でずっと細かい雨が降るコンディションだったが、子供たちも試合を楽しむことができただろうか。今年はなかなか球場で観たり、声援を送ることができないが、こういった試合で少しでも良い姿を見せることが、未来に繋がって行く。コロナの年は大変だったけど、ハマスタでベイスターズが見られたという思い出が残ってくれればと思う。

政府の規制緩和に基づき、プロ野球でも19日から観客を収容人数の50%を最大として緩和されることになった。DeNAも19日からの読売戦のチケットの一般発売を急遽延期して対応している。来週からはついにハマスタの外野やウィング席に観客が入ることになりそうだ。しかし、日本ハムの飯山コーチがPCR検査でコロナ陽性となるなど、まだまだ予断を許さない。今後も感染者は増えたり減ったりの繰り返しになるだろうが、ずっと規制しているわけにもいかない。様子を見ながら段階的にやっていくしかないだろう。

オースティンの復帰は、チームの士気を高めてくれるし、ファンとしても高揚感がある。見事な復帰戦だった。今後もケガには気を付けて欲しいが、ケガしないようプレーできるタイプでもないようなので、祈るしかない。この試合で15号3ラン!というくらいの感じだが、まだ5号。出場23試合目だから無理もないのだが、もっと打っている感じがするくらい、欠かせないものになっている。彼が入ることで一層、打線の恐怖感が増して、佐野らにも良い効果が出ると期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました