スポンサーリンク

もしかして森下の苦手に?唯一勝利与えず

09/26 広島東洋2-5横浜DeNA@マツダ

ここまで6勝を挙げて新人王と戸郷と争う森下。プロ初登板はハマスタで見事な7回無失点投球だったが、スコットの乱調で勝利が消えた。そこから3試合先発も2敗とセ・リーグで唯一勝てていない。最初見た時はホントに素晴らしい投手だと思ったが、DeNAが苦手になりつつある?

ポジ

6回の壁が大きく立ちはだかっている濵口だが、この試合は6回2失点で投げ切り6勝目。制球難だとかイニングが短いとか、いろいろな課題は露呈しているが、離脱者が相次ぐ中で年間を通してローテを守り、6勝4敗と勝ち越していることは評価に値する。

この日は初回に田中広の三塁打で先制を許し、1アウトから鈴木にもタイムリーで2失点。ちょっとストレートに力がないかなという感じだったが、すぐに宮崎のソロで1点を返してもらい、その裏を三者凡退で抑え、波に乗った。

味方が逆転した後もきっちり抑え、5回の1アウト2塁では高城が投球を弾くも、菊池涼をサードで刺す好守でピンチを脱出。鬼門の6回は2アウトから宮崎のエラー(けっこうイレギュラーしていたのでエラーは気の毒)で出塁を許し、続く松山にこの試合初めての四球を出し、嫌な雰囲気が漂ったが、堂林を打ち取って切り抜けた。

与えた四球は1つと濵口にとっては少ない投球だった。球威は最近の登板に比べるとなかったが、コントロールを重視して投げられたのではないか。

宮崎がサイクルヒットまであと少しという4安打。プロ3本目という三塁打が出て、残り二塁打だけという状況で9回の打席に立ったが、打球はセンター正面でワンバウンド。さすがに二塁へ行くことはできなかった。右中間へ打てれば良かったのだが、仕方ない。三塁打が極めて少ない選手なので、最初で最後のチャンスだったかも知れない。それでも、追撃となる13号ソロに逆転の口火を切るヒット、貴重な5点目を生む三塁打と勝利への貢献は絶大だった。

ロペスも今季初の4安打。打ち出すと止まらないチャモだけに、ここからの活躍に期待がかかる。日米通算2000安打も16本に減らした。4回のヒットは少しバウンドが変わって堂林が弾くラッキーな当たりだったが、それ以外は彼らしいレフト方向への強い打球だった。打球が上がり始めればホームランも出そうな感じだ。

三嶋が9月6日の同じマツダでの広島戦以来となる、節目の10セーブ目。もはや代役ではなく、クローザーとして考えるべきだろう。クローザー転向後の安定感は目を見張るものがある。山崎はちょっと復調してその座を返してもらうのではなく、三嶋を超えて復帰するくらいの気持ちでやらないとダメだと思う。それが今季ではなくても。来季はどういう体制になるのか分からないが、最初から山崎がクローザーみたいな形にすべきではない。三嶋としても、来季もクローザーとして開幕を迎えるべく、残り試合でセーブを積み重ね、その座をしっかり掴んでもらいたい。

ヤジ

先発がQSを達成しているので、5点取れば勝利が近づくのだが、15安打を放ち、そのうち2本ソロがありながらも5点というのはいただけない。勝ちはしたが、前日に引き続き打線の繋がりは悪い。

3年連続ホームラン王へ向け、9月に調子を上げて来たソトが、ここに来て急速に冷えている。この日は5タコでブレーキになってしまった。手を出すボールが良くないので、もう少し自分のポイントに来るボールに絞って欲しい。

珍しく佐野も5打数ノーヒット。マツダでの打率は4割を大きく超えていたが、大学の後輩である森下との対戦で力が入り過ぎたか。それでもチームが勝ったことが救いだろう。

キジ

開幕シリーズの3戦目、森下がハマスタのDeNA戦でプロ初登板。7回を4安打8奪三振の鮮烈なデビューを飾った。しかし、9回にスコットが4連打で逆転サヨナラを許し、勝利でのデビューとはならなかった。思えば、あの試合で勝ちが付かなかったことが大きかったのかも知れない。

9月4日の対戦では、プロ最短となる3回5失点で降板している。この試合では井納も5失点だったため、負けは付かなかったが、良いイメージは残っていないだろう。そして、この試合でもコントロールに苦しみ、甘く入った球を痛打された。自身ワーストの11安打を打たれての敗戦。プロで3敗のうち2敗をし、ワースト登板があったとなれば、プロ初登板での好投は印象として薄れているだろう。

素材から見れば、近いうちに広島のエースとなるのは間違いない。今後はずっと苦しい戦いを強いられるであろう相手が、少しでも苦手意識を持ってくれれば大きいが、まだ相性というほどの対戦数でもないし、年度が変わればそれもまた変わるかも知れない。

DeNAとしては、井納で落としただけに濵口で勝てたことは大きい。4連戦なので一気に連敗してしまうと5割ラインから遠ざかってしまう。阪神がコロナ感染の影響で成績を下げるようなら、読売のマジックを簡単に減らさないためにも、DeNAができる限り勝つしかない。優勝が絶望的でも、簡単に決めさせない意地を見せて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました