スポンサーリンク

リリーフカーUターン、火災発生、クセの強い演出

05/09 横浜DeNA2-3阪神(ハマスタ)

GIRLS FESTIVAL 2021最終日は色々なことが発生した。試合の方は、初回に先制点を奪ったDeNAだが、3回のノーアウト2、3塁で無得点に終わると、先発のピープルズが5回に突然乱れてサンズの同点打の後、糸井の2ランで逆転を許す。7回に桑原のソロで1点差に詰め寄ったが、阪神の勝ちパターンに逃げ切られて連敗。4カードぶりの負け越し。

ポジ

2度目のサイクルにリーチ

桑原が3安打猛打賞。初回、ガンケルのストレートを強く叩いた打球が、ファーストを強襲。弾いた打球がフェンス際に転々とする間にセカンドを陥れ、二塁打とした。3回は二塁打のピープルズに続き、レフト前ヒットでチャンスを拡大した。

そして、7回は岩貞からレフトスタンドへの3号ソロ。1点差と迫る貴重なホームランとなった。これで三塁打を残して、サイクルヒットにリーチとなった。9回に第5打席が回ったが、スアレスの155キロに押されてショートゴロ。残念ながらサイクルヒットはならなかった。

今年は無心で打つことを心掛けているという桑原。守備も考えれば.280を打ってくれれば文句なしのリードオフマン。四球でもう少し出塁率があればというのはあるが、桑原の活躍はチームに活気ももたらす。これから暑い季節がやってくるが、夏男の復活なるか。

強風で妙な軌道を描いたレフト線への打球

ソトが2回に打ったレフト線への打球は、妙な軌道を描いた。アウトサイド低めのカットボールをバットの先で拾った打球は、打った瞬間にスタンドへのファウルかなという感じだったが、強風にあおられて、レフト線のフェンス手前のフェアゾーンに落ちた。ラッキーな二塁打で出塁したソトは、6回にも右中間への二塁打。マルチヒットで打率を.244に上げた。

先日まで1割台中盤に落ち込んでいたが、4月末から打ち始めて、5月は.345と状態を戻している。ホームランはまだ3本だが、いつ量産体制に入ってもおかしくない状況。現在は打順を7番から6番に上げた状態だが、近いうちに当初の構想通り5番に入るかも知れない。

この試合でもリリーフは無失点のリレー

前日もロメロが4失点した後は無失点でリレーしたが、この日も5回途中でピープルズが降板すると、三上が勢い付きそうな阪神打線に対して8球で3人を料理。石田が6回の1番から始まる好打順で、近本、糸原を連続三振。マルテも打ち取って三者凡退で片付けた。開幕当初の不振から脱却している。

翌日に試合がないことから2点ビハインドでも7回から勝ちパターンを投入。エスコバーは2本のヒットで1アウト1、3塁のピンチを招いたが、梅野を併殺打に仕留めた。山崎も高校の先輩である原口に二塁打を打たれたが、1、2番を詰まらせて切り抜けた。最後は三嶋が完璧な投球で追加点を許さなかった。

ビハインドの展開でもリリーフが追加点を許さなければ、逆転できるケースも出て来る。この試合では勝利には繋がらなかったが、いつもできるリレーではないものの、こうしたリリーフの安定は心強い。

ヤジ

突然崩れたピープルズは攻撃が原因?

前回、6回無失点の好投を見せたピープルズ。この試合でも3回まで首位阪神の強力打線をパーフェクトに抑え、5三振を奪った。4回に先頭の近本にヒットを打たれたが、マルテの打席で見逃し三振と盗塁失敗と良い流れで攻撃を断った。

しかし、5回先頭の佐藤輝は警戒したのか、3-1から歩かせてしまった。続くサンズに2球目の139キロストレートが浮いたところを左中間に痛打された。この当たりで佐藤輝にホーム生還を許した守備もいただけない。サンズにもサードに進まれ、1アウト3塁という場面で糸井。

3球とも真ん中より高めに行ってしまったが、最後の142キロストレートがほぼ真ん中に入り、ライトスタンドへの勝ち越し2ラン。ここで三浦監督が交代を告げた。

4回まで1安打6奪三振という快投だっただけに、急な崩れ方だった。ピープルズはこれまでも立ち上がりは145キロを超える球威あるストレートで押し、中盤はスピードが少し落ちてきて、コントロールで抑えるという形だったが、5回はコントロールが甘くなり、ボールの力もなかった。首位の阪神打線がしっかりと2巡目で対応してきたということもあっただろう。

ピープルズは昨年、来日した際に大学、プロでは打席に立つ機会はなく、高校以来と言っていた。昨年もヒットは1本だけで、12打数で8三振、打率.083とバッティングは期待できるものではなかった。この試合では3回の打席で、キャッチャーがファウルチップを捕ったと勘違いしてベンチに帰りかけるシーンもあったが、その後右中間への二塁打を放った。来日初の長打でチャンスメイクしたが、後ろが続かずにずっとサードベース上で釘付けになっていた。途中、梅野が牽制球の構えを見せていたが、ランナーとしてリードを取ったりといういつもはやっていないことをする形になった。

プロでDHのないリーグに所属しているので言い訳にはならないが、そうしたことが影響した可能性はある。追加点を取れないばかりが、ずっと投手をランナーとして立たせていた影響が出てしまったとしたら、3回の逸機が悔やまれる試合となった。

阪神を上回る8安打も繋がらず

この試合のターニングポイントは、誰もが分かる通り3回裏の攻撃だろう。前述した通り、投手のピープルズがサードランナーとなっていたので、早くきっちりと還したいところだったが、ガンケルの粘りに負けてしまった。

倉本が初回の走塁でヘッドスライディングを試み、左手の指を負傷して交代となった。代わって入った大和が、ノーアウト2、3塁という場面で8球目を打ち、サード正面のゴロに終わった。オースティンも粘ったが、最後は低めの良い高さにスプリットが決まって空振り三振。佐野が敬遠され、牧は4球目のアウトサイドのスライダーを見送って三振。

ガンケルはアクシデントがあったのか、この回でマウンドを降りた。4回から緊急登板した馬場に対して、打線が攻め切ることができなかった。

7回、桑原のソロで1点差と迫り、大和がショートのエラーで出塁。続くオースティンがヒットで繋ぎ、1アウト1、2塁で佐野。4番の働きを期待されたが、2球で追い込まれた後、高めのストレートに押されてショートゴロ併殺打。この場面での逸機が最終的に大きく響いてしまった。

初戦ではチェンをノックアウトし、その後のリリーフを打ち込んだが、残り2試合は阪神投手陣を崩せなかった。そこはリーグトップの成績を誇る投手陣が上だったのかも知れないが、5月反抗に向けては乗り越えて欲しいところではあった。個々の状態は良くなっているのは確かなので、打順も含めてもう少し繋がりを意識して次の読売戦に臨んでもらいたいと思う。

キジ

勝ち越したいカードだったが次の読売戦で

相性が悪いハマスタでの阪神戦で、初戦に打線の繋がりで先勝しただけに、土日の試合で勝ち越しを決めたかった。今季デーゲームは無敗、日曜日は6戦全勝という阪神が、強さを見せつけた。それでも試合内容としては、ピープルズが3失点とはなったものの、リリーフが踏ん張っただけに、5月は状態の良い打線が何とかして欲しかった。先発にアクシデントがありながらも、馬場がしっかりと中盤を投げたことが阪神の勝利に繋がった。

次の読売3連戦も含めて5割で乗り切れるように、勝ち越しを狙って行きたい。木曜日は天気予報によると強い雨の可能性もあるということだが、今永の1軍登板が予想されておりどうなるか。何としても勝ち越したいカードになる。

リリーフカーがUターン

7回裏、マウンドに馬場が上がったところで投球練習を止めた。すぐにレフト側のブルペンの扉が開き、岩貞が乗ったリリーフカーが出てきたが、阪神ベンチからストップの合図が出た。サードベース横まで来ていたリリーフカーは、Uターンしてブルペンに戻った。非常に珍しい状況。

実際、リリーフカーが出てきた時点では、まだ矢野監督が交代を告げていなかった。馬場がマウンドに上がったのは、DeNAの攻撃が9番投手のエスコバーからだったため、左の代打を出させてから岩貞を登板させるつもりだったのだろう。しかし、ブルペンへの連絡がうまく行っていなかったのか、交代が告げられる前にリリーフカーが出て来てしまったということ。

DeNAから乙坂の代打が告げられた後、矢野監督が投手の交代を球審に告げ、今度は岩貞がブルペンから走って登場した。岩貞にとっては桑原にソロも浴びて散々な登板になったが、その後のピンチを断って1点リードを守ったのは流石と言ったところか。

ハマスタの外周で火災発生

8回裏のDeNAの攻撃中、ニコ生の実況でも火災報知器のベルが何度か鳴っているという話があり、マイクを通じてその音が聞こえた。誤作動であろうということで進んでいたが、9回表の攻撃前、三嶋が投球練習をしている時に、三塁側のベンチへ煙が流れて来て、ベンチにいた選手やコーチらが一時、グラウンドに避難する状況が映された。

その後、消防車などのサイレンが激しく鳴り響き、騒がしい中で試合が続行された。結局、試合はそのまま9回裏まで滞りなく続けられて終了。試合終了後、ウグイス嬢が球場付近で火災があったが既に鎮火したことを報告した。

報道によると、「駐車場入り口周辺の球場外周フェンスと五輪用仮設オーバーレイフェンスの間(球場敷地外)のごみが何らかの原因で出火した」とのこと。三塁側ベンチに煙が入ったので、おそらく関内駅南口からの横断歩道を渡ったところにあるSTAR SIDEへ通ずるスロープの右脇、道路の歩行者通路を少し行ったバス停付近で出火があったのだろう。現在、オリンピックの準備の為に、囲いが設置されており、その部分が燃えたようだ。

原因は警察と消防で調査中ということなので推測で書くのは良くないが、もしかしたら歩行者のタバコのポイ捨てが原因かも知れない。現在、ハマスタは喫煙所が設置されていないので観客ではないと思うが、特に大きな被害等がなく済んだようだ。

ダンス、歌、演奏は見事だが脚本が謎

この日の試合終了後は、GIRLS FESTIVAL 2021のShow Timeということで、東宝芸能の8人の女優によるユニットCASPELが、ミュージカルショーをすることになっていた。

そもそもターゲットとなっている女性ではないし、映像で見ただけなので、現地で観た人とは受け止め方が異なる可能性はあるが、なかなかクセが強い演出だなと思った。強調しておくのは、演者のダンス、歌、演奏は素晴らしく、ライブで観たいなと思えるものだったが、脚本、設定が謎で、序盤からそこが引っかかってしまったという感じだ。

『YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2021 Supported by ありあけハーバー』スペシャルゲストとして第1戦にMay J.さん、第3戦にCASPELさんが来場! | 横浜DeNAベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ オフィシャルホームページ

元々、横浜DeNAベイスターズ公式サイトのニュースで、ミュージカルショーのストーリーや役柄が書かれていて見たのだが、何だろうという感じだった。8人がそれぞれの悩みを抱えている中で、ハマスタでの試合を観戦し感動することで、勇気を得て、元気づけられるというストーリーなのだと思う。それがテーマの「Royal Bay Party」と言いたいのだろう。

実際、ショーの冒頭で8人の役柄がMC.TEDDY氏のアナウンスで紹介されてからスタートするのだが、その説明時間が長い。そして、ミュージカルなので演技もありつつ歌やダンスが展開していく。ミュージカルを見たことはないが、今回のショーは非常に短時間なので、8人の役柄を細かく設定していても、感情移入できないし、どれが誰だか分からない状態。

この設定いらんよねというのが冒頭に大きな違和感になるので、その後の歌や演奏に入って行けない。そして、マスコットとdianaが加わってのダンスとなるのだが、あの設定は何だったのという感じになってしまった。ミュージカルとはこういうものと言われるとそうなのかも知れないが、最初から歌や演奏をメインにしてくれた方が素直に楽しめたと思う。そして、テーマ「Royal Bay Party」である女性が主役のイベントとして、これで良かったの?という疑問が拭えない。

野球の試合終了後イベントしては異例の内容で、ベイスターズらしく攻めた結果なのかも知れないが、ちょっと凡人には理解できない内容と感じた。前日は、ゲストいないんだねとは思いつつも「Royal Bay Party」という感じはしたが、最終日を飾るイベントにはそれを感じることができなかった。

だが、コロナ禍で十分に観客を入れられない中でも、こうしたイベントを開催してくれる球団の運営には感謝したいと思う。18日からは10th Anniversaryのイベントも続くので、そちらも期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました