スポンサーリンク

京セラ阪神戦7連敗 濵口が5回持たずKO、チグハグな攻撃

08/24 阪神8-2横浜DeNA(京セラ)

相性の悪い京セラドームでの試合の典型的な結果になった。初回にチグハグな攻撃で先制機を逃すと、濵口が2回に先制点を許し、3回には近本のソロなどで中押し。5回は3連打で追加点を許して降板。代わった櫻井が大山に2ランを打たれ、この回4失点。ダメ押しをされた。打線の反撃は9安打したものの神里の2点打のみに終わり、大敗で連勝は3でストップ。

ポジ

プロ初の1番に入った森が、初回に青柳からレフト前へ鮮やかなライナーのヒット。良い流れを持って来れそうな出だしだったが。それ以降の打席は少し苦しんで、1番としてチームの得点に貢献できなかった。

この日、昇格して即スタメンだった神里。初回に併殺打、3回は四球で出塁も牽制死と、桑原に代わっての出場に疑問符が付いたが、6回に先頭で二塁打。7回は2アウト満塁から2点タイムリー。最初の2打席を挽回したような形だが、復帰最初の試合で一つ結果が出たことは、今後に繋がるはずだ。センターのレギュラーは桑原が大きくリードしているが、脅かす存在になって行きたい。

同じく復帰の倉本は左打者だがスタメン起用せず。7回に代打でヒットを放ち、2点を返す反撃に繋げた。守備には就かず交代したが、今後は柴田、森らと競いながらという形になって来そうだ。

代打で一二塁間への内野安打を放った楠本。エキシビションマッチではチーム一の結果を残したが、なかなかチャンスも少なく、結果が出せていなかった。どんな良い当たりよりも、ヒットという結果が大事。そのまま守備に入り、2打席目でもショートへ内野安打。足も生かしつつということで、このまま結果を出して行きたい。

ヤジ

青柳と投げ合ってこの内容ではどうしようもない。比較的相性の良い阪神戦ではあったが、期待を大きく裏切る結果となった。ボール球が多く、塁上を賑わしながらも荒れ球で絞らせず、ここという場面で甘く行かずに失点を防ぐ投球だが、この日は勝負どころで高めに甘く入るボールが多かった。

前回、2発3打点の佐藤輝ひとりにやられたような登板だったので、そのリベンジに燃えていたと思う。佐藤輝は2打席、三振と内野ゴロに抑えたが、近本、木浪といったところに長打を許し、5回はサンズに甘く入ったところを長打。後半戦8戦目で先発投手が初めて5回持たなかった。火曜のカード初戦を任せる濵口がこれでは困る。

櫻井も先発が崩れた場合は、早い回から投げる予定ではあったと思うので、緊急登板というわけでもない。大山に対して初球が外れ、2球目がアバウトなコントロールで投げた、高めの失投になってしまった。ビッグイニングで試合が壊れてしまった。ロングで行って欲しいということで右の大山の打席から登板したが、心の準備が足りなかったのかなという印象。2イニング目は普通に投げられていたので、こういったイニング途中の登板の場数を踏んで、慣れて行って欲しい。

打線はチグハグな攻撃だった。初回、森がヒットで出塁して良い流れを作れそうだったが、神里が併殺打。足のある彼だが、強い打球を打てることもあり、意外と併殺を取られる印象がある。良い当たりだったとも言えるが、この併殺は痛かった。簡単には得点できない相手なので、積極的に仕掛けたいところ、2球目を打ってこの結果はいただけない。

結局、佐野が歩いてソトがヒットを放ったが、宮崎が凡退で2者残塁。4回も先頭で佐野が歩いたが、ソトがセカンドライナーで進めず、今度は宮崎がヒットを放ったが、後続が断たれた。関根の見逃し三振は、ボールにも見えたが。6回も先頭の神里が二塁打を放ったが、三塁にすら進めなかった。

7回にやっと2点を返したが、あまりにも遅すぎた。投打ともに流れを掴めない、完敗という試合になってしまった。

キジ

前日に伊藤裕、宮本、細川の3人を登録抹消。ケガから復帰し、ファームでも調子が上がって来た倉本と神里を復帰させ、ファームで好調な蝦名も昇格した。3人の入れ替えを行い、さらに青柳との相性を考えて、首位打者に立っている桑原をスタメンから外し、森をプロ初の1番、2番に神里を入れるオーダーを組んだが、ヒットは出るものの得点には至らなかった。

東京ドームでの読売戦の初戦で、ダイビングキャッチの際に上半身を負傷したオースティンは、帯同してベンチ入りはしたが、3試合連続でスタメンを外れた。この日は中盤に大差をつけられた為、代打起用はなかったが、展開によっては起用していたという。それほど遠くない時期にスタメン復帰できる見通しなのだろうが、不在の穴を感じてしまうような攻撃だった。

エキシビションマッチでは、オリックスの協力で後攻で試合を行い、サヨナラ勝ちをしたが、長年相性が悪い京セラドームで、その典型的な試合をしてしまった。阪神戦のビジターでは、甲子園では好成績な一方、ハマスタは阪神の本拠地であるかのように負け、春先や夏場に組まれる京セラドームでの試合も負けが込んでしまっており、DeNAの球団初勝利(2012年)以来、7連敗だそうだ。交流戦でオリックスと戦う際も京セラドームでの印象は良くない。

25日も、既にカモにされている伊藤将との対戦。前回も投手戦を繰り広げた大貫と同じ顔合わせになる。前回、ホームランを放っているオースティンがスタメン復帰できるのか、あるいは蝦名が抜擢されるか。大貫は一時の不振からどんどんと良くなっているが、援護がないことにはリリーフも含めて厳しい。いかに得点を取るか。ずっと課題としていることだが、相性の悪い球場だからこそ、丁寧に着実にチームバッティングに徹して欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました