スポンサーリンク

快調の今永、7回に暗転 連弾で3点リードもドロー

08/22 読売4-4横浜DeNA(東京ドーム)

初回に丸のソロで先制を許した今永だったが、その後は威力あるストレートを軸に、読売打線を6回まで2安打に抑え込んだ。打線は、4回にソトの逆転2ランなどで3点。6回にも桑原のタイムリーで追加点を挙げ、3点リード。7回もマウンドに上がった今永だったが、1アウトから岡本に二塁打を許し、続く中田に初球を2ラン、さらにウィーラーにも初球を同点ソロ。快調に投げて来たが、2球のミスで勝利を取りこぼした。試合はそのまま引き分けに終わった。

ポジ

ソトが逆転2ラン。オースティンの欠場で2試合4番に入ったが、2戦連発。この日は、アウトサイド高めに甘く入ったストレートを押っ付けて、ライトポール際のギリギリのところに飛び込むホームラン。これはソトらしい打ち方。前日に1本出たことで、本来の打球も飛ぶようになった。このまま復調となってくれれば良いが、昨年からソトは全開になりそうでならないという状況が続いている。この右方向へのイメージを忘れずに続けてくれれば。

宮崎がマルチヒットで、後半戦は初めてとなる。相性が抜群の高橋からの2本ではあったが、きっかけにしてもらえればと思う。その二塁打の宮崎を還したのが牧。前日は代打3ランからのマルチで、この日はスタメン。4回、高橋に計6球のファウルを打った後、8球目をセンター前へ弾き返した。ファウルも当てただけではなく、しっかりと振ったうえでのファウルだった。インサイドを5球ファウルした後で、アウトサイドを捉えた、内容のあるタイムリーだった。

桑原が2本の二塁打で打率を.320に上げ、ノーヒットだった佐野を抜いて首位打者に躍り出た。まだまだ50試合を残したところではあるが、昨年に続き佐野とチーム内での争いになっており、1番センターが2年連続でこのポジションにいるのは凄い。さらに今年の場合はオースティンもいる。

桑原は6回、今永が繋いだ2アウト1、2塁で代わった桜井と対戦。初球、甘いストレートを見逃し、2球目のストレートはファウル。何を待ってるのか分からないなと思ったが、カーブを2つ見た後、ストレートをきっちり捉えて右中間を破った。一塁ランナーが今永だったので還れなかったが、貴重な4点目となるはずだった。

同点で迎えた9回は、ビエイラの速球を意識する中で、スライダーに苦しんで2つ空振りをしたが、160キロのストレートを弾き返して左中間への二塁打。元来、ストレートには強い桑原だが、変化球に対応するためにポイントを後ろにしたことで、ストレートも打てなくなってしまっていた。今年は、ポイントが少し前になっていて160キロのストレートも捉えられるし、変化球が来てもバットのヘッドが我慢できるので、.320という高打率になっていると思う。残り50試合、突っ走って欲しい。

今永は6回までのピッチングは本当に素晴らしかった。新潟でも悪くなかったが、この日はストレートの走りも全盛期に戻っている感じがあったし、丸に打たれた1球以外はきっちりと投げられていた。7回は、ヤジの方で。こちらではバッティングに触れておく。

打席も無駄にせず、相手投手に少しでも負担をかけるように、簡単にアウトにならないという考えで打席に入っている今永だが、この日はマルチヒット。打率.333は素晴らしい。背番号21の左腕の系譜で言えば、野村弘樹さんもバッティングが良かった。野村氏の場合は高校時代にも4番を打つほど、もともとバッティングセンスがあったが、今永はプロに入ってから上達している感じがある。

まさかの同点劇となり、球場の雰囲気も読売へ大きく傾く中、きっちりと抑えてドローに持ち込んだ山崎、三嶋もナイスリリーフだった。三嶋にとっては亀井が出てきた方が嫌だったかも知れない。7番に投手が入っていたので、そこまで回ればというところだったが、三者凡退で片付けた。山崎も最初の2球をスライダーで入るなど、工夫が見られた。うまくコンビネーションに加えて打ち取るような投球へのシフトができれば。

ヤジ

先制を許したが、打線がソトの2ランなどで逆転。貴重な追加点も挙げ、理想的な試合運びだった。まさにナイスゲームと言える内容だったが、7回の今永の2球で暗転してしまった。本人も相当悔しいに違いない。

前回、新潟では5回まで無失点。1点リードで迎えた6回に、2アウト2塁から山田、村上に対して慎重になり過ぎ、連続四球を与えてしまった。ピンチを自ら広げオスナの逆転タイムリーに繋がってしまった。そうした失敗から、今度は大胆さも必要ということでストライクを先行させたい気持ちがあったのかも知れない。

先頭の丸は完璧な投球で、膝元のチェンジアップで空振り三振。岡本にも2球目でインサイドのコーナーにストレートを投げ込み、カーブでファウルを取って追い込んだ。だが、緩急という意図でストレートが来ることは読まれていたかも知れない。これがコースへ行けばまだ良かったが、甘く真ん中高め付近に入り、右中間へ弾き返された。ちょっと勿体ない打席だと思っていた。

ここで伊藤光がマウンドに行き、少し長い会話になった。何を話したのかはもちろん分からないが、配球についても意識合わせをしたのではないか。中田への初球は、インサイドのストレートを選択した。

もちろん、アウトサイド一辺倒では抑えられない。インサイドを使うことは悪いことではない。ただ、最初の打席で、インサイドのストレートを見逃し三振、2打席目は同じくインサイドのストレートに詰まってセカンドフライ。中田は相当意識があった打席のはず。行くのであれば完全にボールにするか、せいぜいファウルにしかならない高めに投げるべき。

それほど甘い球ではないので、謹慎明け新天地での初スタメンで打った中田の方を褒めるべきなのかも知れないが、今永であれば防げる1球だったと思う。ここでは読売移籍の経緯などには触れないが、一番打たせたくない相手に打たれたことで、雰囲気が大きく変わってしまった。

三浦監督も試合後に自らのミスと認めたように、ここで間を置かなかったことで、ウィーラーへの初球も何となく投げてしまった。観ているファンも気持ちが折れるような一打の後だ。当の本人も僅かな時間で切り替えることは難しい。初球にチェンジアップを選択した意図は分からないが、あまりにも甘かった。

もちろん、今永が来週の登板に向けて切り替え、これを糧としてくれることと思うが、今永クラスだからこそ、ここで学んでいるようでは困る。肩の手術明けだったとしても、そうした勝負どころでの感性は持っているはずの投手だから。そこはやはりチームの大黒柱である今永に求めたい。

エスコバー、山崎、三嶋はいずれも前日登板していなかった。彼らが万全という手応えだったら、6回95球で交代もあったかも知れない。後半戦の開幕を託したエースだからこそ、7回まで行って欲しいという思いが強かったのが一番だと思うが、そこは監督との信頼関係。それだけに本人も応えたいという思いが強かったはず。7回に入って3人が使えた状況で同点まで許してしまったのは残念だが、ミスとまでは言い難い。

キジ

開幕から11戦勝てず、7月に入ってやっと一つ勝って1勝8敗3分というカード。この3連戦に入る前のことを考えれば、ビジターゲームで2勝1分と負けなかったことは上出来だろう。前回もやられている山口、相性の悪い戸郷、9勝でリーグトップタイの高橋という3枚と当たったことを考えれば、尚更ポジティブに捉えられる。

ただ、試合展開が6回まで完璧に近い形で進んでいたので、7回の2球であっという間に同点にされたこと、そしてよりによって中田に打たれたことが、非常に悔しさを大きくしている。上出来の3連戦だが、もっと上を目指すなら3タテしなければならない3連戦だった。負けに等しいとは思わないが、勝つべきところで勝てるチームでないと2桁の貯金はできない。エース今永が投げていて、勝ちパターンも温存できていた状況だからこそ特に。

引き分けの中でも悔しい部類の試合ではあるが、アメリカから筒香の2試合連続ホームランという良いニュースも届いたので、そちらで気持ちよく次の試合に向かうとしたい。パイレーツのTwitterで映像を見たが、筒香らしい打ち方のホームランだった。今後にも期待したい。

ファームは週末、戸田でヤクルトを3タテ。今週は火曜の西武戦が中止となったが、東と阪口が登板していない。杞憂ならいいのだが、阪口は特に後半戦のローテーションに入ると思われていたし、函館で122球とプロ最多の投球をしただけに、影響が心配になる。阪口は5月頭の登板で右肘に違和感を訴えて1ヶ月ほど離脱しているので、そこも含めて122球を投げさせた判断が正しかったのか気になるところ。

18水 石田5回
19木 有吉3回
20金 上茶谷4回2/3
21土 ディアス7回
22日 宮國5回

火曜からの平塚、横須賀のホームゲームで東や阪口が投げれば良いのだが。石田は先発転向でまだ調整が必要という段階。有吉は打球が当たって離脱し、イニング数を増やしている段階。ひとまず1軍の先発ローテーション6人が一回り目で結果を出しているので、しばらくは入れ替えがなさそう。上茶谷もチャンスを窺うためにも結果を出して行きたい。

ディアスはビックリするほど良い投球をしたので、続けて結果を出せるかどうか。外国人枠は埋まっているが、今年中に1軍登板の可能性があれば、支配下登録も視野に入る。24日からは5試合の週となるが、誰をどのように使って行くか。こちらも注目したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました