スポンサーリンク

田中俊が1番で攻守に存在感 宮本の足で1点をもぎ取る

02/21 横浜DeNA-千葉ロッテ@アトムホーム宜野湾

DeNAは1番に入った田中俊がヒットと四球で2度の出塁。6回は盗塁を決めてホームに還るリードオフマンの役割を果たした。ファーストの守備でも好守を連発し、移籍初年度から存在感が大きくなっている。宮本は途中出場でヒットを放ち、暴投で一気に三振すると細川の内野ゴロ間に生還。足で同点劇をもぎ取った。先発の上茶谷は4イニングを投げたが、立ち上がりに課題を残した。

スコア

ロ 021 001 001 | 5
デ 000 101 110 | 4
勝:東妻
敗:平田
S:原
盗塁:岡(2回)、岡(6回)、田中俊(6回)
盗塁死:高部(4回)、関根(5回)、関根(7回)
走塁死:神里(6回)
暴投:東妻(8回)
失策:大和(4回)、小川(7回)、牧(9回)

個人成績

千葉ロッテ123456789
[8]藤原510右安左飛二ゴロ空三振二ゴロ
[3]菅野300二ゴロ一ゴロ一直
79加藤200右飛一失
[4]中村奨200二直併空三振
6小川310右飛見三振三安
[5]安田221中安右本(1)
54福田光211四球左邪飛左安(1)
[7]3520右安一ゴロ遊ゴロ左安空三振
[6]藤岡100四球一ゴロ
45松田100四球遊ゴロ
[D]山口212中安(2)二失四球
HD吉田100三ゴロ
[9]高部311中飛一ゴロ左安(1)
H7和田100左飛
[2]柿沼310遊ゴロ左2空三振
2佐藤100空三振
37105
横浜DeNA123456789
[3]田中俊210中安中飛四球
3000四球四球
[5]4柴田500遊ゴロ二ゴロ左飛捕邪飛左飛
[8]神里410一飛右3四球見三振右飛
[7]佐野200空三振右飛
H中井111左安(1)
R7宮本110左安
[D]細川312遊ゴロ右犠(1)左安遊ゴ(1)
[6]倉本410一邪飛左飛遊直中安
[4]大和310右飛右邪飛左2
5伊藤裕100右飛
[2]戸柱210右安二ゴロ
H2山本200右飛三ゴロ
[9]関根311中飛右安遊失(1)
H嶺井110左安
34104
千葉ロッテ
有吉3112100
大嶺3134022
山本151011
東妻152101
S151010
横浜DeNA
上茶谷4175113
武藤1.171021
伊勢1.271310
砂田141000
平田162201

所感

1番ファーストもアリ?

田中俊が走攻守で魅せた。初回、先頭打者としてセンター前ヒットで出塁し、柴田の緩いゴロで二進。ここは後続がなく無得点となったが、先制機を演出した。

3回には甘く入って来たボールを叩き、持ち前のパンチ力でセンターオーバーかという当たりを放ったが、ここはセンター藤原がスーパーキャッチを見せ、阻まれた。抜けていれば一塁ランナーの戸柱次第ではタイムリー三塁打という当たりだった。この打席だけ凡退とはなったが、内容は非常に良かった。

3点を追う6回、先頭打者として打席に入り、2球で追い込まれた後、しっかりと見極めて四球で出塁。柴田の打席でカウント2-2からスタートし、低めの投球を柿沼が捕れず盗塁成功。中井のタイムリーで生還し、得点に繋げた。

この試合ではファーストの守備に入ったが、3~5回にかけて、ファーストへの打球が多く、再三良い守備を見せた。この活躍に三浦監督も「走攻守全て、全部いいもの出してくれたなと思います」と評価していた。ファーストは打力重視の起用になることが多いが、他の内野手の状況によっては田中俊の選択肢も出てきた。

ポジションは別として、三浦監督が求める出塁率という点でも田中俊の存在感が大きくなっている。このままオープン戦に突入し、新天地でレギュラー獲りと行きたい。

宮本の足で1点もぎ取る

1点ビハインドの8回、この試合では代走から守備位置に就いた宮本に打席が回った。三遊間へ力強く弾き返してレフト前ヒット。この場面では代走ではなく自ら出塁し、足でプレッシャーをかけた。細川の打席で、ワンバウンドの投球を佐藤が弾き、ボールを見失う間に宮本は一気にサードを陥れた。

そして、細川が変化球を叩きつけて、高いバウンドのショートゴロを打つと、ゴロGOだった宮本は素晴らしいスタートでホームへ突入。同点のホームを踏んだ。宮本の足で同点劇を演出した。

代走だけではなく、バッティングも数少ない打席でアピールができた。三浦監督も「打撃でも見せてくれた。自分の役割を出せていた」と評価している。唯一の課題は守備だろうか。もともと内野手として入団したが、外野手に転向した。

9回の福田光のタイムリーは、ホームへの返球が逸れた。そこまで極端な前進守備ではなく、打球もレフトの前へポトリと落ちる形で、捕球しづらかったのは確か。しかし、代走から守備に入るような形でチャンスを得るには、さらに守備力の強化が必要だ。

神里と小池コーチ息合わず

6回、中井のタイムリーで1点を返してなおも1アウト1、2塁という場面で、細川がレフト前ヒット。二塁ランナーの神里は、ホームへ突入すべく三塁を回ったが、三塁の小池コーチはストップ。急ブレーキをかけて三塁を戻ったが、中継から送球されてタッチアウト。一気に攻められる場面で痛い走塁ミスとなった。

映像では神里が近づいてからの様子しか分からないので、それより前に小池コーチがどのようなジェスチャーをしていたのか分からない。しかし、あまり大きな意思表示ができていなかったのではないか。神里の見落としの可能性もあるし、外野の位置と自身の足から行けると思い込んでいたかも知れない。

小池コーチも今年から1軍担当となり、退団した上田コーチに変わって三塁のベースコーチを務めるようだ。コーチとしては経験を重ねており、ファームでも経験はあるのだろうが、走塁を重視するチーム方針の中では、昨年までよりも重要な役割となる。練習試合でこういったミスが出て反省ができるのは、非常に良いことだと思う。原因を追究し、再発防止に努めてもらいたい。

帽子を飛ばしながら東妻兄が力投

この日はファームが休日で、益子とともに東妻も宜野湾で練習を行った。ブルペンでボールを受ける東妻の様子も映し出された。試合では8回に東妻の兄であるロッテの東妻勇輔が登板。1点は失ったものの速球を投げ込んでいた。

東妻兄は少し髪が長めで、それは問題ないのだが、そのせいか投げるたびに帽子が落ちていた。昨年の坂本裕哉を思い出す感じだった。サイズが合っていないなら小さくした方がいいだろうし、髪で滑るなら滑り止めなどの対策取った方が良さそうだが。

昨年、ファームで兄弟対決は実現しているが、この日弟は試合に出場しなかった。リーグが違うだけに難しいが、1軍の舞台で兄弟対決が実現することを目標に、お互い成長してくれれば良いと思う。

22日は三嶋、石田が打撃投手で登板

22日はファームで中日との練習試合が予定されている。中日のファームのキャンプ地である読谷でのビジターゲーム。と言っても嘉手納とは隣町で近距離のようだが。

1軍は今クール唯一の練習日で、23日の天皇誕生日は宜野座で阪神との練習試合となる。22日はこれまで実戦登板のない三嶋、石田がバッティングピッチャーを務める。いよいよ実戦に入って来るようだ。25日の宜野湾か、週末のオープン戦から練習試合に切り替わった2試合のいずれかで投げ、あとはオープン戦での調整となって行くのだろう。

宮崎も実戦に向けてブルペンに入って投球を見ていたようだし、22日のフリー打撃では三嶋か石田と対戦するのではないか。おそらく25日の宜野湾あたりからスタメン出場し、途中交代する感じになるのではないか。ファームは22日から最終クールで、春季キャンプも仕上げの時期を迎えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました