スポンサーリンク

ロメロ、ピリッとせず5回で9安打4四球も3失点

08/04 エキシビションマッチ 北海道日本ハム5-2横浜DeNA(函館)

エキシビションマッチの後半戦がスタート。函館のオーシャンスタジアムでの試合は、先発のロメロが初回から4安打を浴びて2失点。毎回走者を出す苦しい投球で、5回までに9安打4四球と塁上を賑わせたが、何とか3失点で凌いだ。打線は2点ビハインドの6回、ノーアウト満塁でソトの併殺打の間の1点のみに終わり、リリーフが追加点を許し初戦は黒星となった。

ポジ

桑原が3回の打席で、蜂が近づいて来てプレーが中断するアクシデントがあった。この打席は落ち着いて四球を選び、6回はサードへ痛烈な打球を放ち、レフト線への二塁打。好調でオールスター、オリンピックの中断に入ったが、そろそろエンジンをかけて行きたい。

途中、代走から出場した森が、7回に左中間への三塁打。追い込まれていたが、高めに入って来たストレートを力強く弾き返した。なかなか結果が出ていないが、柴田も戻って来たので争いに残って行きたい。

その柴田は、途中出場でセカンドの守備に就いた。打席ではゴロアウトが2つだったが、まずは復帰できたことはチームにとって好材料。セカンドの守備力はひとつ抜けているので、バッティングがどれだけ上がって来るか。今後はスタメン出場もあると思うので、仕上げて欲しい。

細川は8月4日が誕生日で、最初の打席がバースデーヒットになった。最初の試合でのホームラン以来ヒットが出ていなかったので、彼にとっては嬉しい一打になったのではないか。もう1本出したいところではあったが、守備では好返球でアピールできた。

投手は4人中3人が失点を許し、15安打を浴びていたので、相対的に良く見えたということもあるだろうが、伊勢が12球で3人を片付けた。王柏融には8球を費やしたが、甘いコースには行かず、最後もストレートがコーナーに決まって見逃し三振。ストレートに力があって変化球も効果的。昨年の良かった時までとは言わないが、だいぶ戻って来ている。後半戦はリリーフとして期待したい。

ヤジ

ロメロは、決して良くはないが、そこまで悪いという感じでもなく。函館のマウンドという面はあるかも知れないが、前回は球速が上がっていたのに対し、この日は球威で押せる感じではなかった。甘く入るボールが多く、日本ハムの打者に捉えられていた。

初回は2点を失ったが、3点目の走者をライトの細川からの好返球で刺してもらい、救われた。2回も2アウト1塁から淺間に三遊間へのゴロを打たれ、これを大和がファンブルして記録は内野安打。しかし、セカンドランナーの石井がオーバーランでタッチアウト。サードへ冷静に送球した大和に救われた。

3回は先頭の西川にヒットを打たれ、高濱を併殺に取ったが、ロドリゲスを歩かせた。さらに、隙を突かれてロドリゲスが盗塁。山本の送球も逸れてサードまで進まれ、 王柏融のタイムリーで3点目を奪われた。

5回は3つの四球で満塁のピンチを招いたが、何とか無失点で切り抜けた。 王柏融と渡邊にはストライクが入らず8球連続でボールと、かなり不安定だった。相手の走塁を含めた攻撃、味方の守備に助けられての5回3失点。他の投手との比較になるが、後半戦ローテに少し疑問符が付く内容だった。

スタメンでマスクを被った山本が、彼のウリである肩で魅せられなかった。ロドリゲスには不意を突かれ、焦って投げたせいか悪送球。エラーが付いてサードまで進めてしまった。5回の西川の盗塁も悪送球だったが、柴田の膝がスライディングしてきた西川の頭に当たり、先へ進むことができず、エラーは付かなかった。投手との共同作業だが、4回の石井も含めて3つ盗塁を許したのは本人も不本意だろう。

バットでは最初の打席でヒットを放ったが、5回に大和がヒットで出塁し、代走に森が出たところで、初球のアウトサイドへのシュートを引っ掛けてサードゴロ併殺打。森の足を使ってというところで内容の悪い打席だった。

前半戦で何度となくノーアウト満塁のチャンスを逃し、流れが変わって負けに繋がった。この日も6回に1~3番が出塁してのノーアウト満塁。4番に入ったソトに対し、際どいボールが外れて3ボール。ソトであれば、3ボールから打ちに行くのは全く問題ないが、低めのボール球の変化球を空振り。打ちに行ってもいいが、ゾーンは上げて待って欲しい。

結局、2球ファウルした後、アウトサイド低めへのカットボールを引っ掛けて、おあつらえ向きの併殺打。ソトは好きな選手だが、守備での送球判断なども見る限り、クレバーな選手ではないね。もう少し判断が良くなればもっと成績を残せる選手なのだが、勿体ない。

柴田の一二塁間への強い当たりは、ファーストのロドリゲスが好捕し、結局1点止まりで同点もならず。この攻撃で流れを失い、追加点を許して敗れるという何度も見たパターン。オースティンが不在で、主力が交代していた打線とは言え、先が思いやられる。

キジ

札幌ドームがオリンピックのサッカーで使用されるため、日本ハム主催のエキシビションマッチは、函館で行われている。ベイスターズにとってはかなり久々の試合となった。

15安打を浴びながら5失点に留めてはいるが、リリーフの櫻井、中川も不安要素の残る登板になった。打線も6安打は放ったが、ノーアウト満塁での1点止まりがあり、打てなかったという印象が残る。残り2試合、もう少しポジティブな要素を見せて欲しいところ。

ファームは前日に続いて、平塚でのヤクルト戦が中止となった。ヤクルトが新型コロナウィルスの2回目のワクチン接種を行い、副反応による体調不良などでチーム構成ができないためという理由だった。

管理人も月曜に2回目の職域接種を受けたが、17時間後に震えが止まらなくなり37.5度の熱が出た。36時間後には収まったのだが、もっと高熱が出たり、長引く人もいるとのこと。これだと野球の試合に出場するのは難しいだろう。3日目となる5日の試合はどうだろうか。

そして、ハマスタでは昼の試合で、オースティンがオリンピック2号となるソロをバックスクリーンに打ち込み、アメリカがドミニカを下して敗者復活を勝ち上がった。夜には日本が宿敵の韓国に競り勝ち、決勝進出を決めた。久々にオリンピック競技に復活した野球で、日本がこれまた久しぶりの銀メダル以上を決めた。

山本が素晴らしい投球を見せてくれたし、6回に捕まったところで岩崎へのリレーで同点止まりだったことは大きい。そして、リリーフとしてルーキーの伊藤がよく投げてくれたし、同じくルーキーの栗林が、大変なプレッシャーのかかる場面できっちり抑えてくれた。そして、山田も1球に全集中で弾き返したのは見事だった。それ以外の選手も自らの役割を果たし、全員野球での勝利だった。

ガチのメンバーで来ているのは日本とせいぜい韓国くらいと言われるが、それはそれ。トッププロまでの参加がOKという中で、どこまでの選手を送れるか、それで勝てるかというだけ。もちろんMLBの全選手が加わった場合はまた別の戦いになるだろうが、このオリンピックで勝つということに変わりない。あと1試合、全力で戦って正式競技として初めての金メダルを掲げて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました