スポンサーリンク

坂本が立ち上がり4失点 細川が157キロ弾き返しHR

07/27 エキシビション 福岡ソフトバンク4-3横浜DeNA(PayPay)

地元の福岡で先発となった坂本だが、力が入ったのか甘く入ったところを打ち込まれ、初回に3失点。2回にも新外国人のアルバレスにタイムリーを打たれて4失点。5回までは投げ切ったものの、立ち上がりのコントロールに課題を残した。打線は4安打と奮わなかったが、伊藤裕がタイムリー二塁打、細川がソロと外国人選手の代わりに出場した選手が結果でアピールした。

ポジ

オースティンがオリンピック代表で不在、ソトも福岡には帯同せず調整という形で、4番ライトに細川、9番ファーストで伊藤裕が代役の形でスタメンに名を連ねた。

ソフトバンク先発の笠谷に4回までノーヒットに抑えられていたが、5回に宮崎のヒットからチャンスを得て、大和の犠牲フライで1点を返した。この時、笠谷が本塁ベースカバーの際に左人さし指を痛め交代。

急遽登板となった津森に対して、伊藤裕が3-1からのストレートをレフト線に弾き返し、タイムリー二塁打となった。今年はファームでの不振の時期が長く、前半戦は一度も1軍に昇格できなかった。それだけにこのエキシビションマッチに帯同できたことは大きなチャンス。最初の試合でスタメン出場し、結果が出たことは本人も手応えを掴んでいるだろう。続けることが重要だ。

そして、細川は9回の打席で復帰した甲斐野と対戦。スライダー3球の後、4球目は高めの156キロを空振り。6球目も真ん中高めの158キロに押されてファウル。しかし、続く7球目も同じようなコースに来たところ、アジャストして完璧に捉えた。左中間のスタンドまで十分に届く特大のソロ。先週、ファームの試合に出場して2発を放っていたが、好調さを維持している。

ソフトバンクはファーム中心のメンバーではあったが、甲斐野の157キロを打ち返したことは評価できるし、本人も自信を持っていい内容。1本打って安心というわけにはいかないが、これから結果でアピールする立場として、1軍の試合ではオープン戦を通じてもホームランが出ていなかったので、幸先の良いスタートにはなっただろう。今後も期待したい。

進藤、池谷もファームでの調整が長くなっているが、この遠征に帯同し、1軍首脳陣の前で投球を披露した。池谷は2つの三振を奪った。スピードガン表示は140キロそこそこだが、クロスファイアをコーナーに投げ込み、ストレートのキレの良さをアピールした。石田が先発転向となり、櫻井の台頭もあるが、池谷も開幕1軍に選ばれた中継ぎ左腕。後半戦のブルペン入りを狙って欲しい投手。

ヤジ

坂本が2回までに4失点。福岡出身で、地元での登板に意気込んでいたが、それがコントロールを狂わせる要因になったか。アルバレスに高めに甘く入ったストレートを弾き返され、ランエンドヒットで空振りを取ったが、セカンドベースカバーの連係ミスで2アウト3塁となった。

リチャードをストレートで押して追い込んだが、最後はチェンジアップが高めに浮いてタイムリー二塁打を許した。中谷は2球で追い込んでから、4球目の低いチェンジアップを拾われた。これは2ランにした中谷を褒めるべきだが、腕の振りが十分でなかったから、読まれて拾われた形。

2回にも先頭の増田に、初球の甘いストレートをライトオーバーの二塁打。データがあまりないというのもあるが、初球不用意に入ったところ、積極的なバッティングをされた。チャンスで再びアルバレスに回り、今度はチェンジアップが浮いたところをレフト前に運ばれて4点目。

3回は先頭のリチャードを歩かせたが、ホームランを浴びた中谷を併殺に打ち取ると、その後は九鬼の二塁打1本に抑え、5回4失点。立ち上がりのコントロールに課題を残したが、今後調整して行けるレベルではあるだろう。

打線は2点を返した5回の3安打と、細川のソロのみの4安打。野手の主力組はオールスターを挟んで約2週間ぶりの実戦となったので、まだまだ間隔を取り戻すといった段階で、気にすることはない。伊藤裕、細川に続き、楠本もヒットが1本出ているので、1軍ボーダーの選手が結果を出して行くことが重要な時期。益子も続きたかったが、この日は結果が出なかった。爪痕を残して戻って来てもらいたい。

キジ

エキシビジョンではなくエキシビション

オリンピック開催に伴う公式戦の中断により、真夏に異例の練習試合が行われる。エキシビションマッチとしてこの日からスタートした。関東を除く各球団の本拠地で、有観客試合(一部は無観客)で行われる。

このエキシビションのスペルは「Exhibition」。視覚などの意味を表す「Vision」(ヴィジョン)とは異なるので、濁らずに発音する。コラム系のサイトでも間違っているところが散見されるが、管理人もあやふやだったので、確認した。

DeNAはパ・リーグ4球団と10試合が組まれている。スカパーでは、JSPORTSが楽天戦とオリックス戦の中継を行わない為、5試合が放送されない。一方、DAZNは全試合が放送される。また、DeNAのホームゲームのみ放送しているニコニコ生放送は、ソフトバンク戦のみ現地の中継をそのまま流す形で放送された。

ソフトバンクはファーム+新戦力中心

ソフトバンクは柳田、栗原、甲斐らがオリンピック日本代表に選出されている他、主力級は試合に出場せず、ファームのメンバーと移籍した中谷や新加入のアルバレスなどの見極めという位置づけだった。

それでも坂本の甘い球を力強く捉えた打者も多く、阪神時代からDeNAを得意としていた中谷は、彼にとってもソフトバンクで出番を得るために大きなアピールとなるホームランを放った。

ハマスタでの交流戦では2勝1分と負けずに終えられたが、PayPayドームではそう簡単には行かない。2戦目はロメロの先発が予想される。この日のように、外国人選手に代わって出場する選手にとっては後半戦のベンチ入りに向けて、結果でアピールを続けて行きたいところ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました