スポンサーリンク

嶺井が山本由伸から豪快弾!京山は開幕ローテ入り前進

03/05 横浜DeNA5-1オリックス@ハマスタ

DeNAはオープン戦の初戦で、嶺井の3ランと京山の4回無失点の好投で白星発進。三浦監督の初陣を飾った。2番手以降の投手も、池谷が実戦初失点で苦しんだが、4投手が無失点でリレーした。途中出場の田部、関根が連打でチャンスを作る働きを見せ、存在をアピールした。

ポジ

抜群ではないが開幕ローテに前進

京山は立ち上がり、変化球でストライクが取れず非常に苦しい投球になった。3番の紅林の初球は、スライダーが完全に抜けてしまった。しかし、勝負球が上手く決まって打ち取ると、その後はストレートの球威で何とか凌ぎ切り、尻上がりにカットボールを中心とした変化球も良いコースに決まり出した。

同学年のオリックス山本由伸が153、4キロを連発しているのと数字だけで比較してしまうと見劣りするが、重要なのは数字ではなく打者が遅れて詰まっていること。そういう意味で、変化球が決まらずに苦しんでも球威で押し切るピッチングができた。本人もストライク先行で押し込めたことを収穫とした。

宜野座での練習試合ほどのインパクトはなく、抜群という感じで開幕投手もあるぞ、というところまでは行かなかったかなという印象で、それはあまりにも高望みか。現状、ローテ4~5番手を争う立場だが、個人的には京山がローテに文句なしで入るくらいでないと今季は苦しいと思っているので、少し辛めに評価したい。次回登板でローテ当確を勝ち取って欲しい。

現地観戦の醍醐味、打球音を堪能

ちょうど少しだけ雨が落ちてきたタイミングで、脱いでいたジャケットを着ている時に、凄い打球音がした。その音を聞いただけで、これは行ったかなというようないい音だった。

嶺井が山本由伸の153キロストレートを完璧に捉えてセンター左へ3ラン。今年はキャンプからずっと状態が良く、三浦監督が打撃投手を務めた時も快打を連発していたし、キャンプの実戦も内容が良かった。それでも、山本由伸のストレート、しかも低めのボールをあれだけ豪快に運ぶとは。非常にバッティングが良くなっているので、ソト不在のファーストがうまく回らない場合、起用を視野に入れてもいいのではないか。

もちろん、キャッチャーとしての出場も期待されるが、大貫、平良は昨年、戸柱とのコンビで結果を残しているので、戸柱の起用が優先されるような気がする。ここは三浦監督がどう考えるか分からない。状態の良い選手を使うという言葉が、キャッチャーにおいてバッティングの調子に対してどのくらいウエートを占めるのか。

7日はファームの試合に出場する予定の嶺井だが、今後の活躍にも注目して行きたい。

大和の好守、田部の快打

移籍後、初のハマスタ登板となった風張は1アウトを取った後、ヒットと死球でピンチを招いた。中川圭の打球は痛烈な当たりで三遊間を襲った。少しバウンドが高く跳ねたが、大和が流石の身のこなしでキャッチし、すぐさまセカンドへ送球。見事に併殺を取ってピンチを切り抜けた。こういうプレーを見るとプロ野球を観に来たなと実感する。

この日だけファームから参加となった田部は、8回2アウトで打席が回って来た。リードしていたので打席なしで終わらずに済んで良かった。左腕の富山からレフト線へのヒット。真ん中に落ち切らないフォークが来たところを力強く打ち返した。高卒2年目だが、だいぶ体が出来上がって来た。昨年、キャンプで見た時から多村を連想させる選手だと思ったが、やはりそういうイメージ。思えば多村も高校から入団した時は細く、非力に思えた。リストの強さとトレーニングにより40本塁打をマークするまでになった。内野手という違いはあるが、多村のような将来を期待したい。もちろんスペ体質は除いてね。

田部が繋いだお陰で関根にも打席が回り、初球の甘い球を積極的に捉えることができた。この日はあまりいいところがなかった細川も、選球眼の成長を感じさせる四球を選び、相手のエラーでダメ押しの1点を奪った。こういう2アウトランナーなしからの得点は非常に意味があるものだと思う。

嶺井に続いて、戸柱も途中出場で、アンダースローの中川颯から巧くレフトの前に落としてタイムリー。この日、ファームの試合に参加した山本がホームラン。沖縄での練習試合から引き続き、キャッチャーのバッティングが目立つ。伊藤光は6日に出場することになるだろう。4人の争いは引き続き熾烈だ。

ヤジ

今年もいよいよ始まったという高揚感、ハマスタで試合を観られる喜びを感じることができた。加えてこの試合内容であれば、文句のつけようがないだろう。

キジ

安達のPCR陽性を受けスタメン急遽変更

試合後、オリックスの安達がPCR検査で陽性と判定されたことが発表された。37.2度の微熱と鼻水などの症状で検査を受けたところ陽性だったとのことで、保健所の判断では濃厚接触者はいなかった。しかし、ロッカーが隣だった太田、トレーニングを一緒に行ったT-岡田が試合から外れ、ホテル待機となった。

この日の試合は13:05開始で、5分遅れた。予定の時間には三浦監督と中嶋監督が出て、メンバー交換を行った。三浦監督がスタンドに手を振りながら戻り、ベイスターズの選手がグラウンドに飛び出す演出が始まったが、選手が出て来ない。

三浦監督はベンチに戻ったが、中嶋監督は審判団と話を続けた

グラウンドを見ると、中嶋監督と審判団がまだ話をしていた。そのまま13:00を迎えたところでアナウンスがあり、オリックスのスタメンが変更になるという。当初、1番セカンド太田、8番ファーストT-岡田で発表されていたが、1番ファースト中川圭、8番セカンド大城となった。

その時点では原因について分からないまま、謎の変更だったのだが、理由はこういうことだった。現状、いつプロ野球選手が感染してもおかしくないのだが、安達は火、水のロッテ戦に出場していたので、ロッテ、オリックスの関係者への感染拡大が心配される。また、ベイスターズもこの日は通常通り試合を行っている。プレー中での感染は非常に可能性としては低そうではあるが、不安はある。試合前には伊藤光とT-岡田が話している様子もあったようだし。

オリックスは、この日の試合後に全員がPCR検査を受けることになった。他にも感染者が出た場合、クラスター認定されると試合が行われない可能性もある。開幕が近づいて来ているだけに、これ以上の拡大がないことを祈りたい。

サード宮崎が一二塁間を守る吉田正尚シフト

ラミレス監督の時からベイスターズはチーム方針として、データアナリストが集計した打球方向のデータを使い、極端な傾向が出ている打者に対してはシフトを敷いて来た。三浦監督になってもそのチーム方針は変わらない。

それでも、ショート、セカンドを大きく左右に動かすシフトは数多くあったが、サードを一二塁間に持って行く大幅なシフトはあまり見なかった。

一二塁間にいるのがサードの宮崎

ショートの大和はややセカンドベース寄り、サードは完全に不在で、宮崎が一二塁間に移動している。セカンドの田中俊もセカンドベース寄りに守っている。これだと、おっつけて三遊間に転がせばヒットになる。

オープン戦だから思い切ったことをできるというのもあるだろう。吉田正尚にかなり極端な傾向が出ていたということもあるのだろう。

初回はランナーがいたので、思い切ったシフトはしておらず、4回は先頭打者だったので、宮崎が一二塁間に行ったことに気が付かなったが、吉田正尚の打席が終わった後に、宮崎がセカンド方向から走って戻って来たので、そっちにいたのかという感じだった。

4回はこのシフトが影響したわけではないが、ファースト手前への当たり損ねのゴロで、京山がベースカバーにうまく入れず、内野安打にしてしまった。6回の打席もシフトにあまり関係なくファーストゴロだった。それでも、こういうことを試すには良い機会だったと思う。宮崎、伊藤裕が一二塁間でノックを受けていたのは、この為の練習だった。6日以降の試合でも吉田正尚の打席では同様のシフトを考えているのだろう。

ファームは山本のホームランで1-0勝利

ファームはこの日、法政大学とオープン戦を行い、初回に山本がプロ注目の三浦投手からホームランを放ち、その1点でベイスターズが勝利した。三浦投手は4回をその1安打だけに抑え、7三振を奪う好投だった。

投げては7人の継投で完封リレー。中川虎大投手(21)が先発し、3回を被安打3、1四球、2奪三振で無失点。砂田毅樹投手(25)は1回を無安打、1四球、2奪三振。宮城滝太投手(20)は1回を被安打1。伊勢大夢投手(22)は1回を無安打、2奪三振。国吉佑樹投手(29)は1回を被安打1、1四球。9回は三上朋也投手(31)が締めて、完封勝利となった。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103050000941.html

日刊スポーツさんの記事では、山崎も登板したようだ。彼の場合は結果もそうだが、本来のボールが投げられているかが重要なので、この日の登板でどうこうということはないだろう。来週以降に、今回のような形で山崎がオープン戦に呼ばれることがあるだろうか。その際は投げるボールに注目したい。

6日は平良が先発、開幕投手を獲れるか

6日のオリックスとの2戦目は、平良が先発する。開幕投手候補なだけに、三浦監督に決断させるような内容が求められる。野手では山下が試合に参加する。田部に続いて活躍を見せたいところだ。

最後は観戦記事の恒例、写真で終わりたい。

有吉の壁 in ハマスタを見た人には分かる
オリックス練習中。シートノックの時間は日差しが出て、少し暑かった
この日、発売となった熱き星たちよ2021のPV
ハマスタ初登板の池谷。苦しいマウンドになった
オープン戦初戦は勝利。ハイタッチの列ができた
直立不動のソトがいないのが淋しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました