スポンサーリンク

3年連続で15試合時点は9勝6敗

いわゆる対戦カード1巡目が終了した。15試合で9勝6敗とまずまずのスタートを切っているが、実は3年連続で同じ成績になっている。この位置から2018年は4位、2019年は2位となっているが、今年はどうだろうか。この3年の比較をしてみる。

投打の数字

年度打率防御率得点失点
2018.2402.45544812
2019.2533.20705519
2020.2973.55765717

2018年は、投手力で好成績を収めていた。今永、濵口、ウィーランドが開幕ローテーションを離脱し、開幕投手・石田の後は、バリオス、京山、飯塚、ルーキーの東というフレッシュなローテになっていた。これが意外にもハマり、バリオスが2勝、京山が3勝するなど、4月7日からラミレス監督としては最長の8連勝をマークして首位に立った。

2019年は、ソトが順調な滑り出しで6本塁打をマーク。神里も好調で3本塁打をマークしていた。本塁打で得点を奪うパターンに加え、先発も安定。濵口、今永が1回ずつ完封勝利を挙げ、井納も2勝を挙げる活躍を見せていた。15試合終えたところまでは順調だったが、翌日から10連敗。その後、最大借金11から2位まで躍進したのは記憶に新しい。

そして、今年は何といってもチーム打率.297をマークしている打線。梶谷の復活、オースティンの加入、佐野と宮崎の絶好調に加え、控えも含めた他の打者も打っており、どこからでも点が入る雰囲気がある。筒香の不在を感じさせない滑り出し。投手はリリーフが苦しんでいるが、先発は今永、平良、濵口が安定感のある投球を見せている。4枚目以降が課題となっている。

先発ローテ

201820192020
石田1今永2今永2
バリオス2京山0ピープルズ0
京山3井納2平良2
飯塚0上茶谷0濵口1
1濵口1井納1
平田0大貫1坂本1
櫻井0
大貫0
中川0

15試合だと6人のローテーションで回した場合、週末に登板した投手で3試合、平日だと2試合の先発になる。この時点でローテーションが入れ替わっていること自体、今年は異常。ケガや外国人枠の関係もあるが、既に9人の投手が先発している。

勝てているときは、先発投手がきっちりと役割を果たして、勝利が付いている。各年6~7勝を先発が挙げている。今永、平良、濵口に続く先発を確立できれば、安定した戦いができるはず。試合を壊さない程度には投げられているが、誰かが抜きん出て欲しいものだが。

打順

201820192020
18神里8神里8梶谷
26大和9楠本4ソト
37筒香4ソト9オースティン
43ロペス7筒香7佐野
55宮崎5宮崎3ロペス
62嶺井3ロペス5宮崎
78桑原2伊藤光2伊藤光
81投手6大和1投手
94倉本1投手6大和

開幕スタメンではなく、期間中に一番多かったオーダーをチョイスしてある。2019年は一応書いたが、毎日のように打順を替えていて、特にソトは2、3、5、6番と打順が動くなど、4番筒香以外は変動が激しかった。その点、今年はオースティンやロペスの欠場はあったが、基本的な打線は形ができている。結果も出ている選手が多いので変える必要性がない。

梶谷は2年連続で1番センターの開幕スタメンとなったが、2019年は結果が出ずに4試合目からスタメンを外れた。しかし、今年はコンディションも良く、結果が出ている。12球団で唯一ホームランのない4番と言われることもあるが、佐野が4番にハマっているのも大きい。この打線の並びであれば、佐野が繋いでくれた方が得点になる。そのうちホームランも出るだろう。

対戦カード

201820192020
広島2-12-11-2
中日3-02-13-0
阪神0-22-12-1
読売3-12-11-2
ヤクルト1-21-22-1

最後がカード別の勝敗。2018年は阪神戦が2連戦だった為、読売との2カード目が15試合に含まれている。8連勝があったため、読売と中日を3タテしている。2019年はヤクルトだけに負け越したものの、他のカードは勝ち越しと安定したスタートを切っている。それだけにまさかいきなり10連敗と崩れるとは思わなかった。

今年は中日に3タテしたが、2カードで負け越している。こう見ると出だしは中日戦で勝って好スタートを切っている。ヤクルトには最初のカードで苦労していたので、神宮で勝ち越せたのは良かった。とにかく苦手カードを作らないというのが鉄則。昨年の阪神戦は最初のカードである甲子園で勝ち越したが、2カード目が10連敗の最中で3タテされている。火曜から始まる2カード目もきっちり取って行きたい。

☆この記事のサムネイル画像は以下を使用しています。

紺色らいおんさんによる写真ACからの写真

コメント

タイトルとURLをコピーしました