スポンサーリンク

先発投手が5試合連続で勝利 立て直しが浮上の鍵

DeNAが今季初の5連勝。6月の月間MVPを争う4番オースティン、1番桑原が支える好調な打線の援護もあり、先発投手が試合を作って5試合全てで勝利投手になっている。先発ローテーションの投手が揃わず、5回を持たないことが多い中で、5試合連続の勝利は非常に価値がある。

先発投手が試合を作れれば、打線は調子を取り戻しており、勝機が広がって来る。これまでの先発投手の状況を振り返りながら、今後の展望、期待を書いてみた。

成績

イニング自責点防御率
先発352回1/32105.36
救援299回2/31313.93
合計652回3414.71

まずは先発と救援の成績の比較。チーム防御率4.71は12球団最低の数字で、広島が唯一、4.03で4点台だが、他の10球団は3点台。極端な話、毎試合他のチームよりも1点ほど多く取られていることになる。

そして、先発投手に限れば防御率5.36の惨状。75試合での1試合当たりの投球回数は4.7回で5回を下回っている。そして、5回を投げ切れずに降板した回数は32回。先発が投げたイニングと救援が投げたイニングの差も50回ほどしか変わらないところからも、救援への負荷の高さを物語る。

長いイニングを投げることを期待していた今永が、肩の手術の影響で開幕に間に合わず、平良が早々に離脱。上茶谷、大貫の大不振で先発経験が浅い投手を投げさせざるを得ず、どうしても早い回で降板が増えた。先に点を与えてしまうため、代打を出すケースも多かった。

投手勝率打率防御率平得QSHQS
濵口14572.417.2423.443.492
京山5140.200.3036.866.200
平良21011.000.2621.503.000
大貫10271.222.2385.593.332
入江4040.000.2055.292.000
上茶谷4031.000.2268.493.511
阪口6321.600.2883.233.810
坂本8530.625.2414.374.320
中川5212.667.2834.506.410
ピープルズ7331.500.3164.655.021
ロメロ4220.500.2674.894.800
今永6330.500.2684.764.231
7527399.409.2614.714.1227
打率、防御率、平均得点は先発が投げている間だけでなく試合全体の数値

続いては先発投手ごとのチーム成績。先発投手自身の成績ではない。自身に勝ちは付かなくともチームが勝つことが重要。

こうして見ると、開幕ローテーションに入っていた京山、大貫、入江、上茶谷が先発した試合でのマイナスがかなり大きい。この分を取り戻す必要があるが、勝ち越しているのは坂本、阪口だけ。中川は自身が早い回に降板した2試合でチームが勝利している。

濵口も自身は5勝5敗の五分に戻したが、後続が打たれて敗れておりマイナスとなっている。借金を減らして行くには大きくマイナスとなっている大貫、上茶谷が取り戻すと同時に、今永、阪口らの先発試合での貯金を増やして行く必要がある。

濵口は、チーム全体の平均得点4.1に対して、自身の先発試合では3.4点しかもらえていない。それを考えれば健闘していると言える。大貫も3.3点であり、特に4月が打てなかったことにより、彼の投球を苦しくした可能性もある。阪口、上茶谷も今後の登板ではもう少し援護が得られるかも知れない。

打線の援護を生かすも殺すも、先発投手が試合を壊さないことだ。大量失点してしまった後で、反撃によって得点が入ってもチームの勝利には結びつかない。東京ドームの11-12のように。そうした意味で、現状QSは22試合に留まっており、この数字を上げて行くことが、チーム全体の流れを良くすることになるだろう。

中6日の週1回の登板で、6回3失点というのはハードルが低いとも言われるが、DeNAの先発投手陣にとっては簡単なことではなく、3試合に1回もないという状況。まずはここを目指すことが重要だろう。

ローテーションの変遷

6月26日に濵口が登録抹消となり、開幕ローテーションだった6人全員が登録抹消を経験したことになる。なかなか陣容が揃わないローテーションの変遷をまとめてみた。

123456
1濵口京山平良大貫入江上茶谷
2濵口京山平良大貫入江阪口
3濵口上茶谷大貫入江阪口
4濵口上茶谷坂本大貫入江阪口
5濵口上茶谷坂本大貫京山阪口
6濵口中川坂本大貫ピープルズ阪口
7濵口中川大貫ピープルズロメロ
8濵口大貫ピープルズロメロ
9濵口今永坂本大貫ピープルズロメロ
10濵口今永坂本中川ピープルズロメロ
11濵口今永坂本中川ピープルズ京山
12濵口今永京山
13濵口今永坂本中川ピープルズ
14濵口今永坂本大貫阪口
15(上茶谷)(今永)(坂本)(大貫)(阪口)

開幕戦が金曜日なので、おおよそ金~木を1週としているが、登板日が多少入れ替わっているので、1~6は先発順序を表すものではない。雨天中止や交流戦予備日などで6人が先発しなかった週もある。

開幕ローテーションに入っていた平良が2度の先発だけで離脱、その後トミージョン手術に踏み切った。入江は4連敗でファーム落ちとなり、その後右肘の違和感で実戦から離れている。京山も最初の2度でローテーションを外れ、その後は他の投手の離脱などで数回、先発の機会を与えられているが、生かせていない。

代わってローテーションを支えたのが阪口と坂本。阪口は平良の離脱により7番目の先発から昇格。三浦監督の初勝利に貢献し、ローテーションに定着した。坂本も4月後半に1軍へ上がり、10連敗を止める活躍を見せた。だが、ゴールデンウィーク中の登板で、坂本は打球が直撃、阪口は右肘の違和感で離脱となった。

このタイミングで外国人投手が1軍へ昇格。ピープルズは昨年の経験も生かして結果を残したが、ロメロは4試合の登板で勝ち星なしで、再調整となった。

交流戦直前に今永が復帰。しかし、同時期に開幕からローテーションに入っていた大貫が不振で登録抹消。その間は中川が先発に入って凌いだ。好投もあった中川だが、プロ初勝利はならなかった。

交流戦明けにはピープルズが投球中に腰を痛めて離脱。14週ローテーションを守った濵口も左脇腹の違和感で初の登録抹消となった。代わってファームで調整していた大貫、阪口が復帰した。

7月2日から15週目に入った。濵口の代わりに上茶谷が予告先発として発表されていたが、雨天中止によりスライドせず、翌週のマツダでの先発に回ると予想される。中止により先発は少なくとも5人で足りる。

今後の展望

オールスター前は9連戦となっており、ちょうど梅雨の本番というところで、バンテリンドーム以外は屋外の球場であるため、どれくらいの試合が消化できるかわからないが、6人もしくは7人の先発が必要となる。上茶谷が久々に1軍で先発することになりそうだが、もう1人くらいは必要になりそうだ。

濵口の左脇腹の状態が気にかかるが、軽傷であれば12日の甲子園あたりでの先発を考えているかも知れない。あとは、国吉とトレードで移籍した有吉。ファームでの前回の登板では3発を浴びて5回6失点と不安を残した。オールスター前に一度、1軍で先発させて様子を見るだろうか。

前述したように、半分近い試合で先発が5回を投げられていない。この段階から、QSをマークするような状況に上げて行かなければ、上位進出は難しいだろう。6月は12勝8敗2分の好成績だったが、オールスターまでこのままのペースを維持して中断期間に入りたい。天気も睨みながら、状態の良い先発を優先して使って行きたいところだ。

勝率打率防御率
35041.000.2745.6520292
4266173.261.2174.707612518
5229103.474.2664.6210110831
6221282.600.3024.5911010324
7527399.409.2614.7130736575
月別チーム成績

全く打てなかった4月から、打線は劇的な改善で6月のチーム打率は3割を超えた。しかし、投手陣は4点台後半で、誤差レベルの変動はあるが改善していない。最初に見たように救援の防御率は3点台であり、先発がQSでイニングを投げれば負荷が減り、さらに改善できるだけの余地がある。

中断期間明け、濵口、今永、大貫を軸に、阪口、坂本が現状の投球を維持し、そこへ上茶谷、ピープルズあるいはロメロが入って来ることが理想。有吉はまだ未知数な部分はあるが、QSを狙える投球ができるようであれば、貴重な戦力になりうる。

打線は水物ではあるが、主力に大きなケガがなければ、ある程度計算できる状況になって来ている。数字からも明白で、当たり前の話ではあるが、チームの浮上の鍵は先発投手が握っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました