スポンサーリンク

泥んこ試合は昔話 雨中の惜敗で初の3連敗

07/17 横浜DeNA1-2読売@ハマスタ

今季初めて観客が入ったハマスタは、2回から雨が落ち始めた。先制を許した後すぐに追いついたが、読売が丸のソロで勝ち越し。DeNA先発の井納が6回2失点に抑えるも、打線がこの日も拙攻を繰り返し、6回裏終了で雨天コールドゲームとなった。

ポジ

かなり強い雨が降り続く中、試合が強行されたが、先発の井納が6回まで投げ切った。立ち上がりはどうなるのかという感じだったが、走塁ミスもあって無失点で切り抜けた。2回はヒット3本でノーアウト満塁。この場面で柴田の候補で吉川尚を併殺に取り、1点で凌ぎ、やっと波に乗れた。

ストレートの球威はあったので、フォークが有効だった。当たっている岡本を3打席連続三振に抑えたのは見事だった。結果的には丸に打たれたホームランが決勝点になってしまったが、あれは打った方が上だった。初球のカーブが少し甘かったが、それをレフトに巧く弾き返された。

6回コールドだったため完投という形になったが、気温が低く雨のコンディションで、一人で投げ切ってくれたのはチームにとっても助かるところだろう。次回もハマスタの広島戦で登板があると思うので、この調子で試合を作って欲しい。

佐野がこの試合もマルチヒットだったが、いずれも先頭打者でチャンスが下位に回る形になった。2回は併殺崩れで1点は入ったが、繋がりに欠けた。佐野が打点を挙げる形に持って行きたいのだが。12球団の4番で唯一ホームランがないと言われながら、強引にならずにきっちり打てている。これまでレギュラーとして出場したことはないが、約1ヶ月休まず出場して.374は非常に評価できる。得点圏打率.250がもう少し改善すれば言うことなし。

柴田が素晴らしい守備を連発した。2回ノーアウト満塁での吉川尚の当たりは、強烈な当たりが難しいバウンドになったが、驚くような速さでセカンドへ送球し、俊足の打者走者も刺して併殺打にした。ちょっとでも弾けばオールセーフも、というところでプロの守備を披露した。簡単にやってしまっているが、雨の中スリップしてくる打球を捕って、濡れたボールを正確に投げている、ホントに物凄いプレー。5回にも亀井の一二塁間を抜けそうな打球を華麗に捌いた。この日はバッティングでは結果が出なかったが、守備での貢献は非常に大きかった。

ヤジ

多くの人がポイントのひとつに挙げているのが、5回に先頭の戸柱がヒットで出塁した場面。大和にバントをさせて井納に代打というのもあるし、井納を代えないのなら、せめて1アウト1塁からでもバントで得点圏に進めて同点のチャンスを作るべきという意見が多かった。

ラミレス監督は9回までやれると思っているんだ、と感じていた。もちろんすぐにコールドになる前提では采配できないが、すぐにコールドになるリスクヘッジも必要だ。レーダーや予報を見ても、19時過ぎにはかなり強い雨になるという情報だった。むしろ、もっと降ると思ったが意外と降って来ないと思うくらい、レーダーは緑やオレンジ色が通過することを示していた。

5回裏の時点で、これはいつゲームが止まってもおかしくないという風に見えていたが、ラミレス監督は違ったらしい。チームの情報では「雨は強くならないから最後までやれる」と言われていたとコメントしている。チーム全体でボジティブなのだろうか。どこの情報を見ていたのか分からないが、それは横浜の天気ではないのかもしれない。個人的にはウェザーニュースを使っているのだが、その予報を見ていれば5回でコールドもありうるくらいに認識できたはずだ。誰か紹介してあげて欲しい。

過去にロペスが30打席くらいノーヒットになった時、5番から3番に上げて爆発したことがあった。それの再来を期待しての打順変更だったのだろうが、完全にブレーキになってしまった。これ以上は何も言わないが、ちょっと寂しささえ漂う感じだ。

前日に続き、ヒットは出るものの併殺で潰す展開。この日は井納がしっかり投げてくれていただけに、援護したかった。この流れだと今度はヒットすら出ない感じに陥る可能性がある。既に宮崎は下降に入っている。梶谷、ソト、佐野の高い出塁率を還す役割がうまく繋がっていない。佐野自身は打っているので代えづらいが4番佐野への拘りが少し邪魔をしているように思う。

キジ

伝説となったCS甲子園での泥んこ試合。あのイメージもあるし、屋外球場を本拠地にしているから、読売よりはこういったコンディションに慣れていると思ったが、そのアドバンテージはなかった。先週金曜に続いて雨天コールドゲームでの1点差負けとなった。

オセロ状態が止まり、今季初の3連敗。連勝できないでいるうちに、オースティンが離脱し、チーム状態が下がってきている。そこへ4連敗からマツダで3連勝し状態を上げている読売との対戦。エース今永で落とすと厳しい状況が待っていそうだ。

今年の今永はまだそれほど良いと思えるピッチングは見せていないので、初めてハマスタのファンの前で投げる試合で、昨年のような快投を見せて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました