スポンサーリンク

快勝もV完全消滅でラミレス退任、三浦監督へ

10/23 横浜DeNA2-0広島東洋@ハマスタ

京山の好投で完封リレーの快勝。しかし、読売が勝ったことで今季の優勝が完全に消滅した。日刊スポーツなどがラミレス監督の退任、後任の有力候補として三浦2軍監督を挙げた。10月の初めにスポニチが報じた通り。いよいよ来季に向けての動きが活発化する。

ポジ

京山が久しぶりに素晴らしい投球を見せてくれた。立ち上がりはいきなり野間を歩かせ、盗塁を決められて、あっという間のピンチ。これはまたいつも通りという感じがしたが、田中広のところで野間が3塁に行かれなかったのが大きかった。鈴木は想定内の四球で松山勝負となったが、落ちる球のキレが良かった。

2回以降は、球威あるストレートにキレのあるスプリットとカットボールを中心とした変化球で広島打線を抑えた。5回に2点をもらい、6回のマウンドに上がったが、先頭の田中広にヒットを打たれて正念場を迎えた。続く鈴木はアウトサイドのカットボールをひっかけて、ショート正面の強いゴロ。俊足の鈴木でもこれなら併殺!と思った直後、ボールが大和のグラブからこぼれた。しかし、このエラーにも負けなかった。1アウト1、3塁となって西川を内野ゴロに仕留め、最後は坂倉からこの日冴えていたスプリットで空振り三振を奪って切り抜けた。

6回99球で2安打無失点という素晴らしい結果を残した。もう少し長いイニングとか、望むことはあるが、現状ではしっかりQSで投げてくれる先発が貴重。シーズン最終盤ではあるが、来季への手応えを掴んでおきたい。

パットンは堂林とはホントに相性が悪いようだ。高めに行ってしまった失投とは言え、あと僅かでホームランという当たり。だが、後続を振り切って無失点で抑えた。長野に投じたストレートは、少しコースは甘かったが、低めへ伸びのあるボールだった。コンスタントに投げられれば良いのだが。石田も一時の不安定さからは脱したのかなという投球。三嶋も安心して見られるような投球で、8球で締めた。

打線は、この日スタメンに復帰した梶谷が初回先頭でヒットを放つも、神里が併殺打に倒れるなど、4回まで相手のエラーも含めて毎回先頭打者を出しながら無得点。完全にナゴヤドームでの流れを引きずっており、絶望的な気持ちになった。

しかし、5回にバントの悪送球が絡んでノーアウト満塁。ここで梶谷がレフト前へタイムリー。神里も犠牲フライを打ち上げてやっと得点を取った。いや、もらったという方が正しいか。その後は、7回に梶谷が猛打賞となる二塁打で出塁してチャンスを作ったが、オースティンが倒れて無得点。打線の得点力の深刻さは変わっていないが、ロペスの日米通算2000安打も含めて、次の試合に期待したい。

梶谷が大島を抜いて.323で2位に浮上した。佐野の首位打者を脅かすのは大島じゃなくて梶谷か?

ヤジ

大事には至らなかったが、6回の大和の守備。田中広がスタートしたので、セカンドのタイミングが気になるところ。柴田なら機敏に入るが、ソトがどの位置にいるのかも気になる。そのため早くボールから目を切り、セカンドを見てしまった。気持ちはすごく分かるが、雑なプレーだったと言わざるを得ない。素晴らしいプレーも多い大和だが、こういうミスが時々出る。上手いが故に軽率になったり、基本を外してしまうことがあるので、気を付けてもらいたい。

その後、1アウト1、3塁からの西川のファーストゴロで、ロペスがバックホームで挟殺プレーとなったが、上手くアウトにできず2、3塁にランナーが残ってしまった。サードランナーが田中広なので、簡単にはアウトにできないが、2、3塁にしてしまうと一打同点になってしまう。チームの作戦がバックホームなら、セカンドでアウトを取るわけには行かないが、上手く挟殺して1、2塁にしたかった。6回2点リードの1アウト1、3塁ならセカンド送球でも良かったのではないか。結果的には無失点で切り抜けられたのだが。

キジ

優勝はかなり前から絶望的だったので、今さら完全消滅と言っても、という感じはあるだろうが、一つの区切りだろう。各スポーツ紙もこのタイミングを待っての報道。残り13試合というところで、26日にはドラフト会議もあり、この週末のうちに方向性は出るのではないか。

ラミレス監督の振り返りは、上記の投稿を更新していくので、この投稿では多くは書かない。しかし、球団として大きな功績を残したのは紛れもない事実。そして、5年間という長期渡ってチームの指揮を執った功労者にしっかりとした花道を用意して欲しい。

一部報道では、編成などのポストを用意とあるが、どうだろうか。上記の投稿でも書いた通り、DeNA監督の就任前もコーチなどの誘いはあったようだが、監督に拘りがあったと言われている。他球団からもラミレス監督には一定の評価があるようだし、監督としてのオファーを優先して退団となるのではないか。

この日も勝利したとは言え、試合後の監督インタビューは非常に笑顔だったのが印象的だ。彼の中で覚悟ができたというか、吹っ切れたというか。ラミレス監督らしく、最後まで明るく笑顔で終えてもらいたい。

京山が好投で広島打線を封じた流れに乗って、井納も好投を期待したい。前回は非常に良かったが、勝利を付けることができなかったので、援護点を取りたい。佐野を欠いているが、今週は全て2点以下に抑えられている。新人王がかかる森下が、唯一勝っていない相手として、意地を見せたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました