スポンサーリンク

石田で負けたら仕方ない 大貫は信頼UP

08/21 中日3-1横浜DeNA@ナゴド

DeNAは5連勝中の大貫が先発したが、立ち上がりから細かい制球に苦しみ、いつもとは異なり球数を要する投球。何とか6回1失点で踏ん張ったが、打線は低めに集める松葉に対して追いつくのがやっと。ここまで21試合連続で自責点なしの投球を続けて来た石田が2点を奪われて敗れた。

ポジ

ここまでの5連勝とは違い、この日は調子が悪かった部類だろう。甲子園での初回3失点ほどではないにしろ、思ったところには投げられていなかった。それでも、3回に先制された後の2アウト満塁で、高橋の打球が真正面に来たが、よく反応して叩き落し、落ち着いてアウトにしたプレーが大きく、最少失点で切り抜けた。

三者凡退は初回だけ、試合前まで今シーズン四球は10だったにも関わらず1試合で4つの四球と苦しい投球だったが、悪いなりに粘り、今年の飛躍に直結している得点圏での被打率の低さを見せた。この日の調子だと、以前なら6回の打席で代打だろう。柴田が出塁してバントになったが、大貫への信頼が高まっていることを示す、6回のマウンドだった。それに応えた大貫も素晴らしい。

悪い時にどれだけ踏ん張り、試合を作るかが重要なタイプの投手。昨年の楽天戦でアウトが取れなかったように、悪い時にとめどなく打たれてしまうとチームに迷惑がかかってしまう。悪くても試合を作り、あわよくば勝つという投手が、ローテの軸として必要。この日の登板は勝ち負けがつなかったが、個人的には非常に評価を高める内容だったと思う。

ヤジ

松葉はきっちりと低めに、ストライクからボールになる球を投げていた。ピッチャーはコントロールだという典型的な投球。見事に術中にはまって、内野ゴロを量産してしまった。今年の松葉は、打てそうで打てない投手になっている。

先制を許した直後の4回表、梶谷が少し甘く来た変化球を左中間へ二塁打。すぐに追いつきたい場面で、2番神里。初球はドラッグバントでファウル。ランナーを進める意識は見せた。だが、次の球は外側の変化球だったが、ただ当てただけのレフトフライ。どういう意識でバットを出したのだろうか。神里は見逃し三振が多い選手なので、この場面は引っ張って転がして欲しいと思っていたが、左方向へちょこんと当てただけのフライは疑問だった。バッテリーも進塁打を打たせないような配球をするので、言う程簡単に打てないことは理解しているが、もう少し意識を見せて欲しかった。そういう点が3打席目の代打に繋がったのではないか。

6回にソトが粘ってライト前へ運び、同点タイムリーとなったが、続く佐野は捉えた当たりもライトの守備範囲だった。運というか流れもDeNAにはなかった。ここで一気に行けないと苦しくなる。

石田はここまで素晴らしい投球でチームを支えてきた。ずっと無失点ということはないので、この日失点してしまったことは仕方ない。リードしている展開で勝てるゲームをひっくり返されるよりは、こういったところの方が切り替えはしやすいのかなと思う。誰かの勝ちを消したわけではないし。この日は、コントロールが少し悪かったかなと思う。阿部、京田に打たれたのは変化球が甘く入っていた。郡司には何かを感じるのだろうか。大貫も少し投げづらそうにしていた。

遠藤に対して、初球ボールだっただけに、ストライクを取りに行かざるを得なかった。それを外野まで運ばれてしまった。満塁というシチュエーションでなければもっとコースを狙えたかも知れない。大島のタイムリーは技ありで、これは打った方が巧い。登板が増えてきているので、疲れも溜まってくるとは思うが、切り替えてまた頼れるリリーバーとしてチームを支えて欲しい。

しかし、完全に独り相撲で、ノーヒットでノーアウト満塁にした山崎が失点せず、石田が失点するのだから野球は分からない。自作自演でピンチを切り抜けた山崎だが、これだとまだ厳しい。ストレートがスピードガンほど速さを感じさせていないので、ストレートに合わせてもツーシームをじっくり見ることができる。また、ツーシームも落ちていないとよく言われるが、単純に投げた位置からミットに入った位置の落差よりも、打者の手元で変化していることが重要。さらにストレートと見分けがつかないことが空振りを誘うので、投げた時に打者に分かってしまう状況にあるため、空振りを取れない。ルーキーの時のツーシームは140キロ出ることもあって、もっとスピードがあり、ストレートと見分けがつかなかったと思うのだが。フォークやスプリットでなく、ツーシームと言い張るなら、もっとツーシームとして投げれば良いと思う。落とそうとし過ぎではないか。

キジ

今永、平良が抜け、勝ち頭である大貫に期待がかかるが、残念ながらチームの勝利に繋がらなかった。残り2戦、2人が離脱した穴を痛感することになるのだろうか。土曜は予想通り阪口が今季初登板となった。ファームでは素晴らしいボールを投げているので、細かいことを気にせず、1人ずつ全力で投げて欲しい。戸柱なのか嶺井なのか分からないが、カーブを巧く使いながら150キロのストレートで押して行くような投球で攻めさせて欲しい。ちょっと悪ければすぐに代えられそうだが、日曜も先発がいないことから、阪口にある程度は投げてもらう必要がある。

日曜は、ブルペンデーになるのか。この試合では腰痛のパットンが引き続きベンチを外れたが、先発が2人減っている分、伊勢を登録したため、前日に回跨ぎで1回2/3で28球を投げた平田もベンチを外れた。だから日曜は平田というのは早計過ぎるが、ありえる選択肢でもある。平良のアクシデントが水曜に発生した為、さすがに日曜の先発を他から立てるのは難しい。今週に関してはブルペンデーが一番可能性が高そうだ。阪口の内容によっては、2日連続のブルペンデーのようになってしまうかも知れない。リリーフの負担が大きくなりそうだ。試合展開では野手が登板するかも?

ファームでは坂本がケガから復帰2試合目の先発。前回は50球をメドに登板したが、ボールが高めに抜けることが多く、5四球と荒れた。この日は、立ち上がり藤原に対して、力んで高めに浮いてカウントを悪くしたが、セカンドゴロで打ち取ると、それ以降は思ったところにボールが投げられていた。

6回、藤原を歩かせ、盗塁で2塁への進塁を許したが後続2人を打ち取って2アウトというところで76球となり、前回に続いてイニング途中で交代した。笠井がその後、連打を浴びて逆転され、坂本にも1失点が付く形になった。それでも前回課題のコントロールも改善し、1四球のみ。7三振を奪うなど、球威、キレも感じさせる内容だった。体に異常がなければ、次回は100球を投げて、内容が良ければ1軍での登板があるかも知れない。離脱のニュースが続いているが、復帰という朗報が早く届けば良いと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました