スポンサーリンク

石田はリリーフで開幕へ、先発ローテ埋まらず

06/12 練習試合 中日4-8横浜DeNA@ナゴド

6月の練習試合再開後、初めてナゴヤドームでの開催となった。両チーム開幕投手が先発したが、結果は今一つ。DeNAは開幕ローテ入りと思われていた石田が8回に1イニングだけ登板。ラミレス監督が、開幕はリリーフとして起用することを明言した。

ポジ

打線が序盤から活発だった。中日の開幕投手、大野雄から2回で5得点。9番に入った投手の今永にもタイムリー二塁打が出て、打線が繋がった。

梶谷は連日の活躍で、この日も2得点にタイムリーも放った。ロペスも状態を上げてきており、点が入りやすい状況になっている。

オースティンはこの日も凄い当たりのホームラン。レフトスタンドに観客がいたら危険というくらいの弾丸ライナーが飛び込んだ。

今週は、2番オースティン、3番ソトで試していたが、先週と同じく2番ソト、3番オースティンに戻した。ラミレス監督としては、こちらの方がしっくり来ているようだ。オースティンの方が選球眼が良いという理由を語っていたが、それだったら2番の方が梶谷も動きやすくなるのではないか。始まってからも変更することはあるだろう。

中井が広いナゴヤドームでホームラン。今年もユーティリティープレイヤーとして欠かせない。内野の守備のバックアップにもなるし、代打でも期待できるし、ホントに便利だわ。日程が過密になってレギュラーを休ませたりする際に、中井の存在感はより大きくなりそうだね。

この日も平田が難なく三者凡退で片付けた。武藤も悪くなかったね。6回あたりを投げる投手がすんなり抑えてくれると、継投が楽になるから、彼らの役割も重要だ。

ヤジ

石田を先発させつつも、リリーフ起用をずっとほのめかし続けたラミレス監督。この日は、石田が8回に1イニングだけ登板した。これはリリーフにしたなと思ったが、やはり試合後に明言した。

この記事を書いている時点で、中継ぎ左腕の不在から石田のリリーフはあるかなと思っていたが。

個人的には反対で、先発を軽視していると感じる。先発投手が潤沢なら、石田がリリーフにいれば心強い。ただ、石田を除けば3枚しかいない中で、リリーフに回すのは賛成できない。

ラミレス監督の考えていることは分かる。これまでも口にしていた通り、開幕までの準備期間が短いことから、先発投手はこれまで以上に早く降ろすつもりなのだろう。5回で交代し、リリーフを4~5枚使って逃げ切る作戦を考えているんだと思う。そうした中で、リリーフの負荷を下げるためにも、「勝負どころで使える」左腕を用意しておく必要があると考えたのだろう。

先日の記事にも書いたが、エスコバーしかいないし、そのエスコバーも恐らく外国人枠の関係で毎試合は使えない。そうなると、櫻井や坂本に「勝負どころ」を任せるのは酷だから、石田の出番になる。5年目にもなると考えていることは分かるが、相変わらず意見は合わないね。

今永、濵口、平良、井納、櫻井、ピープルズというローテになるのかな?埋まったというか、埋めたという感じ。まあ、決めたのならそれでやってみればいい。後ろに回した石田の出番が来る前にゲームが決していることが多くならなきゃいいけど。

キジ

先日の読売戦で頭部付近への投球を避けた際に、首を痛めて張りがあるということで、伊藤光が名古屋には帯同しなかった。そのため、高城が出場している。開幕には間に合うということだが、練習試合でのバッティングもあまり冴えていないので、戸柱の開幕スタメンもあるかもしれない。今永が先発ということもあるし。

その今永だが、確かに投げているボールは素晴らしかった。150キロのストレートにカーブやチェンジアップなどの変化球も決まり、5回で8奪三振。ただ、今永クラスに求めているのは、凄いボールを投げることではなく、確実にチームへ勝利をもたらすことだ。

この日は、確かにチームも勝った。だが、それは打線の援護があったからこその結果論で、2点を取ってもらった後にすぐ同点とされている。前回も初回に3失点しているのに、だ。今永クラスだからこそ、開幕直前のこの投球に「OK」は出せない。

もちろん完璧な投手はいないし、シーズンでもこういうことは何度もあるだろう。チームを優勝に導くエースとして、細心の注意を払いながらミスを最小限にし、自分の先発する試合は必ず勝つという強い意志を持って、マウンドに上がってほしい。この試合は練習試合だが、それくらいのものを最後に見たかったというのは少し贅沢か。

練習試合もあと2試合。石田がリリーフに回ったため、平良のほかに、先発ローテを競う投手がラストチャンスで投げてくるだろう。石田がローテにいなくても大丈夫かもねと思わせる投手が出てくることを期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました