スポンサーリンク

大和が長打3発、ロペスが好走塁

02/22 横浜DeNA9-5東北楽天@アトムホーム宜野湾

DeNAが大和の3長打などで9点を挙げ、楽天を破ってオープン戦連勝。先発の櫻井は3回1/3で3失点と今一つの結果に終わった。前の試合で華々しいデビューを飾ったオースティンは、この試合は欠場した。

ポジ

昨年の公式戦ホームラン0本の大和が、まさかのホームランを含む3長打。しかも、ホームランにならなかったダブル2本も、いずれもフェン直という当たり。風の影響もあったのかも知れないが、今年はパワーアップなのか?シーズンにとっておいて欲しい打棒だった。この日、スタメンを外れたオースティンが大和の仮面を被っているのではないかと言われたほどだった。

そして、ロペスも3安打。ファールにはなったが、2本の大飛球を打ち上げるなど、振れている印象だ。エスコバーのケガで、開幕は外国人野手3人で行くのではと言われているが、ロペスもソト、オースティンと競っている立場。アピールして行かなければならない。

一番印象的だったのは、3回裏のロペスの走塁。この回、先頭の宮崎に続いて2本目のヒットで出塁。伊藤光のファーストゴロがエラーとなり、1点入ってノーアウト1、3塁。ここで柴田がピッチャーゴロ。サードランナーのロペスは、三本間に挟まれるが、何とか粘って伊藤光がサードへ進塁し、さらに柴田もセカンドまで到達した。

キャンプでも練習しているプレーとは言え、きっちりやれていることを評価したい。主力でどちらかというと走塁よりもバッティングで還す役割の外国人選手が、オープン戦でこういうプレーをしっかりやってくれる。ロペスの姿勢が、他の外国人選手、そしてチームに影響を与える。筒香がいなくなったが、ロペスの存在は大きいと改めて感じる。ソト、オースティンがどれだけ打っても、チームの柱としてロペスの存在は不可欠だと思う。

このロペスの走塁でこの回の得点は5まで伸びた。先発転向の松井の調子が今一つで、守備の乱れと継投予定が変わったこともあるが、今年のテーマである走塁改革が、早速大量得点を生んだ、非常に良いイニングだった。

オープン戦なのにヒーローインタビューがあったが、大和とともに呼ばれたのは笠井だった。櫻井が予定の4イニングを投げ切れず、1アウト満塁のピンチを残したまま降板。ここでマウンドに上がった笠井は、島内を1球で併殺打で打ち取った。5回もそのままマウンドに上がり、三者凡退。練習試合から良い状態が続いている。

昨年も開幕1軍を勝ち取り、しばらく結果を残していたが、年間を通しては定着できず、16試合の登板に終わった。今年は試合数を倍増させ、チームの勝敗が懸かった場面でも登板できるように、信頼を勝ち取りたい。

齋藤も最終回に登板し、2三振を奪った。ヒットと四球で走者を出してしまったが、球威、変化球のキレがあり、危なげはなかった。齋藤と笠井が定着してくれれば、先発が崩れても拾える試合が増えてくる。開幕に向けて状態を上げ、ベンチ入りを勝ち取ってもらいたい。

ヤジ

先週のオープン戦開幕戦に続いて、キャンプ地宜野湾の試合の先発も託された櫻井だったが、悔しい結果に終わった。先発ローテを争うのであれば、4回くらいは余力を持って投げ切ってほしいところだが、投げ切ることすらできなかった。

楽天打線もなかなか強力。名前負けした部分があったか。ドラ1の小深田には2安打され、最後は歩かせてしまった。この日は島内だけは合っていなかったが、7番ウィーラーまで怖い打者が続く。この日の櫻井はコントロールが今一つで、ピンチを迎えたこともあり、球数がかさんだ。立ち上がりこそストレートが145キロくらいだったが、4回には140キロを超えない球もあった。87球だったが、限界という感じだった。

まだ高卒3年目、これからという投手なので、先発落第というつもりはない。今後の課題が明確に見えたことは収穫と捉えても良い。ただ現実的に、今年開幕ローテで先発というのはちょっと厳しいかなと。このレベルの投手がローテに入ってしまうようだと、リリーフがパンクしてしまう。ただ実際、ローテが揃うかどうか微妙なラインで、結果的に入ってしまう可能性はある。普通の調子であれば6イニングは投げられる先発を5枚用意したいのだが、なかなか難しい。

キジ

1軍キャンプは前日の21日は休養日だったため、22日の練習メニューは、20日のうちに発表されていた。その時点では、この試合のスタメンは2番オースティンだったが、試合前の発表では梶谷になっていた。

Twitterでも書いたが、アクシデントだったようだ。ただ、右ひじの張りということで大事を取って欠場したが、軽症のようだ。23日の中日戦には2番スタメンで出場予定。ただ、当日の状態ではスタメン変更、あるいはDHに入るということはあるだろう。

オースティンが初日に「Long day」と言っていたように、日本の練習は長いようだ。ロペス、ソトも同じメニューで練習していたため、オースティンも合わせて練習してきたと思うが、キャンプが始まって3週間、疲れも溜まってきている頃。連休が取れたことで、今後に向けてコンディションが整ってくれれば。とにかく、軽症で良かった。

23日は、濱矢が先発する。彼も先発でテストをするようだね。4イニングを予定している。2番手はこちらも4イニングを投げる予定の石田。9回があった場合や途中交代に備え、武藤、進藤らリリーフが待機する。回を跨いだ砂田、笠井もベンチ入りするが、優先度は低いだろう。

この日の試合では2エラーと良いところがなかった伊藤裕がスタメン。良い姿を見せて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました