スポンサーリンク

全員野球で読売戦2年連続の6連勝! 最後の美技に繋がる一心

09/14 読売2-3横浜DeNA(東京ドーム)

こんな試合を観られて幸せではないか。奇跡のような逆転というわけではない。横浜一心、全員の心が繋がった勝利だった。ロメロが4回に内野ゴロ間に先制を許したが、粘り強く投げ続けた。それに桑原が応えて山口から同点弾。7回にソトが頭部死球を受けると、代わった田中豊の初球を牧が勝ち越し2ラン。自己最長の8回に入ったロメロが1点を失うと、エスコバーが連続三振で断ち、最後は読売戦の苦手を振り払うように三嶋が締めた。誰もがヒットと思った打球に大和が飛び付く、数年に一度の美技を見せて。2分を挟んで読売戦6連勝となった。

ポジ

最終的にはヒーローインタビューをロメロが受け、ウンチョコチョコチョコピーで締めたが、まさに横浜一心、全員野球という試合だった。まずは前回、やっと来日初勝利を手にしたロメロが、自己最長となる7回1/3を2失点と言う好投。

初回に1アウト1、3塁というピンチを招いたが、岡本を併殺打に取ってリズムに乗った。山口との投げ合いの中で、チームもロメロも苦手とする亀井の二塁打から1点を失ったが、最少失点で留めた。追いついてもらった後の6回、先頭の2番松原を歩かせてしまったが、坂本を併殺打に仕留めた。非常に大きな場面だった。

7回に2点の勝ち越しをもらうと、問題の亀井も打ち取って三者凡退。7回を投げて91球と普通なら交代の場面だったが、三浦監督が続投を決断。8回は大城の二塁打の後、新外国人のハイネマンに初打点のタイムリーを打たれて交代。投げ切ることはできなかったが、監督の気持ちに応える粘投だった。

1点差となって1アウト1塁という場面でエスコバーが登板。ロメロの勝利を守る為、気合の入ったマウンドだった。156キロのストレートで押し、北村には格の違いを見せ、坂本もインハイのストレートで空振り三振。2者連続三振で切り抜け、三嶋に繋いだ。

三嶋は読売戦10.13。先週のスターナイト第三夜でも9回3点差を追いつかれていた。三浦監督の中でも三嶋で行くかどうか迷いはあったようだ。だが、最終的には三嶋を信じることを選んだ。三嶋も、気合は入りながらも力み過ぎない投球。最近はフォークを多投していたが、岡本からスライダーで三振。因縁の相手、亀井もあまり投げないカーブでショートゴロに取った。三嶋のすぐ横を抜けて行くゴロだったが、右手を出して捕ろうとしていた。それだけ、この勝負に執念を見せていた。

中島には粘られ、7球目の甘く入ったストレートを右方向へ。セカンドの横を破るヒットと思った瞬間、飛び込んだ大和のグラブにボールが消えていた。三嶋の気持ち、チームの思いを体現するかのような美技。名手の大和としてもなかなかできないレベルのスーパープレーでゲームセット。ソトの代走に森を起用し、守備にはセカンドで大和を入れていた三浦監督の采配も冴えていた。

打線は5安打と苦しんだ。山口から初回、桑原の二塁打でチャンスを作ったが佐野、オースティンが凡退。前の2試合2発の主砲が封じられたが、同じく3割打者の桑原が6回に山口の初球、真ん中のスライダーを捉えて同点ソロ。相性の良さが出た場面だった。

そして7回、1アウトから山口がソトに投げた初球のストレートが抜け、ヘルメットをかすめる頭部死球。山口は危険球で退場となった。田中豊の代わり端、初球のカットボールが真ん中に入って来たところを牧が完璧に捉え、打った瞬間という勝ち越しの17号2ランが左中間スタンドの中段に飛び込んだ。

ホームランの3点だけに終わったが、初球の甘いボールを見逃さず積極的に打った、ベイスターズらしい攻撃だった。ラミレス監督が言っていたのは、ドンドン初球を打てということじゃない。ファーストストライクの甘い球を狙って打てということ。ラミレス監督の下で酸いも甘いも味わった桑原、そして入れ替わりで入団したルーキーが、その伝統を受け継ぐ一打を見せた。

ヤジ

白熱の好ゲームに水を差しかねない審判のジャッジ。前日の中日-ヤクルト戦では話ならないミスが発生したが、この日はロメロがバントした際、守備妨害を取られてアウトとなるシーンがあった。スタートを過度に遅らせて妨害していないし、走路もラインの外側を走っていた。

小林が故意にぶつかったとは言わないが、キャッチャーがランナーにぶつかって行けば守備妨害が成立しかねない。あれで取られてしまうと、キャッチャー前のバントは、打者走者は止まって待たなければいけなくなってしまう。

試合に大きく左右する場面ではなかったが、三浦監督も抗議したように納得の行く判定ではなかった。それ以外は好守にナイスゲームだった。

キジ

上茶谷、山崎がロメロに日本語を教えているようで、「せおいなげー」や「どんだけー」といったネタをロメロが口にするようになっている。「ウンチョコチョコチョコピー」もレパートリーに入っていることは最近報道されていたが、東京ドームでの読売戦、ビジターのヒーローインタビューの最後にブチ込んで来るとは怖いもの知らず。やりおったと爆笑したけど。ビジターでの連勝となったので、次はハマスタで思う存分ネタをやって欲しい。

昨年に続いて読売戦に6連勝。願わくばシーズンの序盤からしっかりと勝って欲しいところだが、対戦成績も6勝8敗5分まで戻して来た。6連敗で止めた読売に連勝を許さず、3位に後退させた。中日が好調だが、後ろに付いて上位を追いかけたい。

15日は大貫が先発する。宮國は17日のマツダに回るようだ。先発投手の登板が後ろにズレているが、軸となる今永、大貫の登板日は日、水で変更せずに回して行くようだ。先週も勝利を挙げており、2勝0敗と好成績の読売戦だけに、連勝を伸ばすことが期待される。

戸郷に対しては先週、初回に2発で3点を奪ったが、攻略し切れなかった。三嶋が同点を許して黒星は付かなかったが、1勝2敗という対戦成績だが、昨年ほどやられている感じはない。この日は5安打に留まった打線が、大貫の6連勝を後押しできるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました