スポンサーリンク

また新たな未勝利記録 復帰の山口に勝利献上

06/23 読売4-2横浜DeNA(富山)

三浦監督はどこまで開幕からの未勝利記録に縁があるのか。北陸シリーズも連敗に終わり、読売戦は10試合で未勝利。1989年に並ぶ球団ワーストタイ記録となった。この日は今永が5戦ぶりに6回まで投げはしたが、丸に2発を浴びて4失点。打線はマイナーリーグから復帰した山口から、初回に柴田の今季1号で先制したが、尻上がりに調子を上げる山口を捉え切れず。6、7回に満塁と攻め立てたが内野ゴロ間の1点に終わった。

ポジ

前日、試合中に腰の違和感で交代した伊藤光は、登録抹消にはならなかったがベンチを外れた。代わって2番に入った柴田が、初回に山口のストレートを捉え、ライトスタンドへ今季1号の先制ソロ。

桑原、佐野、大和とマルチヒットをマークし、読売を上回る7安打だったが、中軸がノーヒットで得点に至らなかった。

シャッケルフォードが連投で、ピンチを迎えながらも踏ん張った。当面はビハインドゲームで無失点の結果を出して行くことが求められる。

ヤジ

今永が6回4失点。QSはならなかったが、チーム5戦ぶりに5回以上を投げた。それほど悪い投球ではなかったが、失投してはいけない打者に、避けたいタイミングで失投してしまった。

2回の坂本のタイムリーは、強いて言えば2ボールとカウントを苦しくしてしまったことくらいで、あの低めのチェンジアップを拾われては、相手が上だったと言うしかない。

3回は1アウトから松原を歩かせた。状態が良い選手で、際どいボールを見極められてしまった。立ち上がりも歩かせていたので、2打席連続の四球というのは今永だけに工夫して欲しかったと思う。ウィーラーは打ち取ったが、丸には粘られた末、最後のスライダーが真ん中に入ってしまった。打った瞬間の2ラン。ここも3-1からストレートでフルカウントに持って行ったが、前日も3ランを放っている好調な打者に痛恨の失投だった。

その後は4回に3者連続三振を奪うなど立ち直りを見せ、6回3失点で終えられれば最低限QSというところだったが、再び丸に捕まる。1ボールから3回と同じように甘めに来たスライダーを弾き返された。こちらの方が若干低めに来たように思うが、相手が悪かった。談話ではカットボールと言っていたので、打者があまり変化を感じないキレだったのかも知れない。

今永本人のコメントもそうだが、変化球の精度が今一つだったというところだろう。中軸以外はノーヒットに抑えたのだが、松原への四球も効いてしまった。勿体ない登板だったと思う。たられば言っても無意味だが、広島戦であればもっと援護が得られたので、そういう展開なら勝利を掴めていたかも知れない。

打線は、立ち上がりに球威、コントロールともに今一つだった山口を捉え切れず、尻上がりに調子を上げられ、中盤はなかなか捉えられなかった。柴田のホームランは出たものの、桑原のフェンス際の打球は松原に捕られ、宮崎の打球もあと一歩伸びを欠いた。確実に仕留めてスタンドまで2本運んだ丸との差が出てしまった。

5回の桑原のサードライナー、7回の柴田のレフト前への打球、佐野のサードへの強烈な打球など、ヒットになりそうな打球が悉く正面を突いたり好守備に阻まれ、流れが来なかった。

6回の1アウト満塁では牧がサードゴロ、この日スタメン落ちとなったソトが代打で登場するも三振。7回ノーアウト満塁では、前述の好守備が飛び出し、佐野の内野ゴロ間の1点しか取れなかった。大江、高梨、鍵谷とピンチで登板して断ち切れる強さを持ったリリーフが整備されているところに、大きな差を感じた。デラロサや中川が不在でもそれに代わる投手がいて、彼らを打つこともできない。それが10戦未勝利にも直結している。

広島戦では1勝2敗ながら、打線は交流戦と変わらぬ得点力を見せたが、読売と対決してみると、ある程度塁上を賑わせながらも1点、2点。最下位たるゆえんを見せつけられてしまった。

キジ

1989年は、横浜大洋の友の会に初めて入会した年で、ファン歴はここからカウントしている。古葉監督の最終年で、とてつもなく弱かったイメージしか残っていない。その1989年に、読売戦は開幕10連敗を喫していた。それと並ぶ、10戦未勝利。3分があるので同じではないが、ここまで一方的にやられるのは非常に悔しい。相手が相手だけに。

さらに、マイナーリーグから復帰した山口に勝利を献上してしまったことも悔しさを倍増させる。2019年の彼は確かに素晴らしかったと思うが、この日の投球はそこまでではなかった。良い当たりが正面に飛んだりという不運もあったし、6回になってやっと捕まえかけたが、継投で逃げ切られてしまった。

リーグ戦再開後は1勝4敗で、交流戦での貯金3がなくなってしまった。借金は再び今季ワーストタイの17。この後、甲子園で首位の阪神戦と厳しい現実は続いて行く。伊藤光の腰の状態は気になるが、ケガがちの選手でもあるので、休ませて使って行くほかないだろう。この日、急遽富山に来た戸柱も含めて、一致団結してカバーして欲しい。

中川に加えて、京山もこの日に登録抹消となった。先発としては使う予定がなく、ロングリリーフとしても考えないということになる。週末は濵口、坂本は引き続き先発するとして、1枚上げることになる。上茶谷か大貫が有力になる。移動日を上手く使って切り替え、首位の阪神に意地を見せて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました