スポンサーリンク

佐藤輝に2発3打点で濵口撃沈 宮崎ブレーキで攻め切れず

08/18 横浜DeNA2-6阪神(東京ドーム)

初回、濵口がいきなり連続四球などで1アウト満塁。佐藤輝のライトオーバーの単打で1点を失ったが、まずい走塁で1点だけに終わった。3回に佐藤輝のソロで追加点を奪われたが、打線は4回に森の二塁打から佐野がタイムリー、柴田の内野ゴロ間に同点。しかし、濵口が佐藤輝に2打席連続のソロを浴びて勝ち越しを許し、6回を投げ切れず降板。1点差の8回に山崎を投入するも4安打で3点を奪われ、そのまま逃げ切りを許した。

ポジ

この日は2番ショートでスタメン出場した森が、プロ初の猛打賞。金メダリストの青柳との対戦は、7月12日には4打席目にタイムリー二塁打を放っており、対戦数は少ないもののそこを買われた。

最初の打席はレフトフライに倒れたが、2打席目で真ん中に入って来たストレートを弾き返し、打球が伸びてセンターオーバーの二塁打となった。佐野のタイムリーでホームを踏み、同点劇を演出した。5回にも粘って7球目のシンカーを三遊間の深いところへ強い当たり。中野が弾いて内野安打に。

そして、7回はアルカンタラに2球で追い込まれた後、スプリットを叩き付けた高いバウンドの打球が、ピッチャーの後ろへ。セカンドが前進するも間に合わず2本目の内野安打。打球の力強さに脚力も見せての猛打賞。森の魅力が全開という活躍だった。

エキシビションマッチでは前半に結果が出ず、後半戦の1軍残留に黄色信号が灯ったが、後半に逆方向へのバッティングを見直して復調。起用されてすぐに結果を出した。CSという目標が霞んでいる状況下、ファンの期待も集まる。ファームでそこまで結果を出し続けたわけではないが、1軍で結果を残せるあたり、持っているものが違うと感じさせる。単純な育成シフトというわけでもなく、他の内野手と比較しても、現状は使うべき存在。疲れが出るくらいまでやらせてみてはどうか。

オリンピック以来の対決となった、オースティン対青柳。最初の打席で詰まりながらセンター前へ運ぶと、青柳も意識したのか2打席目は歩かせた。3打席目は1アウト1、2塁のチャンスだったが、アウトサイド低めのコーナーに配されたカットボールに、ボテボテのピッチャーゴロ。ワンバウンド送球で何とかアウトにした。

オースティンは9回にもスアレスから三遊間を割ってマルチヒット。2四球と合わせて4出塁。打率で再び2位に浮上し、トップに立っている出塁率を伸ばした。長打は出ずとも4番としてしっかりと脅威を与えている。後ろの打者でこれを生かしたいのだが。

ヤジ

濵口の球数の多さ、四球の多さは今に始まったことではないが、テンポが悪い。初回もストライクをボールと言われたこともあるが、サンズ、大山に連続四球で満塁。佐藤輝にはライトオーバーの当たりを打たれたが、サンズが還れずに単打となり1点止まり。これは助かった。

乗って行きたいところで、2回先頭の梅野を歩かせた。それでも青柳のバントは自らの好フィールディングで併殺に取り、今度こそ乗って行けるところだったが、ここから連続四球。暴投で2、3塁と傷口を広げたが、サンズが打ち上げてくれて、またも助けられた。

しかし、3回に佐藤輝にライトスタンドへのソロを浴びてしまう。追い込んでからアウトサイド低めのスライダーをファウルされ、ウィークポイントと言われるインサイド高めにストレートを配球したが、見事に腕を畳んで捉えられ、打った瞬間というホームランにされた。簡単なボールではないが、同じ打者にやられてしまった。

それ以降はノーヒットに抑え、5回に打線が追い付き、これからというところで再び佐藤輝にやられてしまった。1-1からの今度はややインサイド低めのストレートを、スムーズなバットの出で左中間へ運ばれた。打球は彼の特長でもある逆方向への大きな当たりとなり、2打席連続の22号勝ち越しソロ。

これで佐藤輝は対戦の多いセ・リーグの中では打率、本塁打、打点がいずれもDeNA戦がトップとなった。広島戦とほぼ同じ数字だが、ヤクルトが.164と際立って抑えているのに比べると、対策ができていないことが目立つ。三浦監督は対策は考えたと言っているが、濵口のコントロールではその通りにも行かないだろう。巧く打たれた2本ではあるが、合わせられる範囲に来ていることには違いない。残り2試合、もう少し工夫が見たい。

濵口は、この勝ち越しソロだけで6回を投げ切れば、まだ良かったのだが、2アウトから梅野を歩かせた上、青柳にセンター前ヒットを打たれた。ここで砂田に代わったが、6回は投げ切らなければならなかった。後半戦は少し期待していたのだが、裏切られた投球だった。あまり四球を気にし過ぎてストライクを揃えてしまうと、濵口の荒れ球という持ち味が消えてしまうが、もう少し攻撃にも影響しないようなテンポで投げ込んで欲しい。

打線では森が3安打、佐野が繋いでオースティンも4出塁。阪神と同じ10安打を放った塁上を賑わせたが、5番宮崎が珍しく1試合3三振を喫するなど、ブレーキになってしまった。新潟での最初の打席ではホームランを放ってスタートしたが、この試合では大きな敗因となった。特に阪神の5番の佐藤輝が3打点の活躍だっただけに、差が浮き彫りになった。ソトも4回はセンター前で繋いだが、タイミングが合っていないような打席が多かった。

新潟では2点ビハインドで三上を登板させ、勝ちパターンは使わなかった。この日は1点ビハインドではあったが、6連戦の頭でエスコバーを投入し、8回からは山崎を登板させた。しかし、山崎は1割台前半のロハスにシュート回転のボールをセンター前に運ばれると、代走の植田に走られ、梅野にタイムリーでまず1点。糸井に繋がれた後、近本に2点タイムリーを浴びて試合を壊してしまった。

1アウトしか取れずに降板したが、厳しい状況と言わざるを得ない。ストレートに打者が脅威を感じておらず、ツーシームもストライクゾーンに入って来るので打たれる。オリンピックでは初対戦で振って来る打者を料理できたが、リーグ戦では球筋も配球も熟知されており、苦しい投球になってしまう。自分で模索して行くしかない。

キジ

tvkで、初めて東京ドームの試合を自局での制作で放送ということになった。読売主催の東京ドームでの試合を中継しないサンテレビも同様に初の中継。阪神も東京ドームで読売以外と対戦するのはもちろん初めて。最初の広島戦ほどの違和感はないが、この球場ではなかなか良い展開で試合が進まない。

7試合で1勝5敗1分。読売戦はまだ開幕カードの3試合だけで、あとはホームゲームなのだが、なかなか勝てない。今週末は読売主催、来週末はヤクルト主催でも3連戦があるのだが、何とか東京ドームで良いゲームを見せてもらいたい。

なかなか見るべきところがなく敗れたが、森の活躍をポジるあたり既に秋風を感じてしまう。代打で細川、牧が連打し、若手の活躍に希望を見出すというこの時期恒例の過ごし方になりそう。

若手とは言い難い、海の向こうのYoshiは、パイレーツに移籍。すぐにメジャーの試合のベンチに入り、相手は直前に所属したドジャースというのもMLBらしい。代打でいきなり二塁打という結果が出たことは本人も少し楽になっただろう。

本人がやりたいだけ向こうでやればいいし、まだまだ需要はあるということだ。パイレーツは現在最下位で、本来であればプロスペクトを獲得して来季以降に備えるところだが、筒香の来季にも期待してのことと言われる。これで今年のうちにNPBへ復帰する可能性はほとんどなくなった。それに残りの試合でアピールできれば、来季にも繋がって来る。

ドジャースを自由契約になり、NPB復帰だろうという話で、今のベイスターズで守るところがないとか、読売への移籍とか、すぐにああだこうだ言われるが、個人的には本人が気が済むまでやればいいし、もし日本に戻る時にベイスターズであれば嬉しいと思うだけ。日本の契約と違うのだから、自由契約になったくらいで要らんことを言うなと思う。

本人もマイナーで、逆方向へのバッティングの感覚が戻って来たと言っていて、最初にその逆方向への長打が出たということに手応えもあるだろう。続けて結果を出すのは難しい世界だろうが、いろいろな経験をして、パイレーツという環境で輝きを放てるか、見守って行きたい。最下位球団での過ごし方は慣れているだろうし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました