スポンサーリンク

足を絡め少ないヒットで得点、最後は知野の一発

02/19 ファーム練習試合 北海道日本ハム2-6横浜DeNA@タピック名護

DeNAは初回、先頭の森がヒットで出塁し、桑原が歩いて1アウト1、3塁。楠本のセカンドゴロで難波がエラーで先制点。さらに1、3塁から楠本がスタートし、その間に3塁から桑原が還るダブルスチールで追加点を挙げた。3回は二塁打の山下をバントで送り、蝦名がきっちり犠牲フライ。9回には知野が左中間へ2ランを放ってゲームを決めた。先発の中川は力のあるボールで3回1安打1失点の好投。

スコア

デ 301 000 002 | 6
日 010 010 000 | 2
盗塁:桑原(1回)、楠本(1回)、宮田(5回)、田宮(8回)
走塁死:桑原(5回)、田宮(6回)
失策:難波(1回)、横尾(1回)、森(4回)、益子(8回)
暴投:望月(1回)

個人成績

横浜DeNA123456789
[6]510右安一ゴ併二ゴロ遊ゴロ二ゴロ
[9]桑原100四球見三振死球
9乙坂100投ゴロ
[3]山下210右飛右2
4田部210右飛右中2
[7]楠本301二失(1)投犠二飛左飛
[8]蝦名301三飛左犠(1)空三振遊ゴロ
[5]小深田310四球中飛二ゴロ左2
[D]2高城300三失一飛遊飛
H東妻100空三振
[4]3知野412空三振空三振遊ゴロ左本(2)
[2]D益子420右安中飛左安遊飛
3274
東妻は代打で出場も守備には就かず、高城が引き続き捕手として出場
北海道日本ハム123456789
[6]細川200空三振捕邪飛
6上野310一ゴロ右2中飛
[D]5300空三振遊失死球遊ゴロ
[7]谷口200二ゴロ空三振
7海老原210一ゴロ右安
[9]万波420空三振左中2右中2空三振
[5]横尾200投ゴロ遊ゴロ
D田宮210中安三ゴロ
[3]今井211右本(1)一ゴロ
3高濱100遊飛四球
[8]片岡210中飛中安
R8宮田200一ゴロ遊ゴロ
[2]石川亮211右飛右安(1)
2梅林200二ゴロ二飛
[4]難波300遊ゴロ投犠投ゴロ左邪飛
3482
横浜DeNA
中川3101301
飯塚151100
三上162011
風張142000
櫻井292110
勝又130000
北海道日本ハム
望月3153224
福田130100
130010
鈴木健130000
柿木282000
鈴木遼152102

所感

鮮やかにダブルスチールが決まる

1軍、ファームともにチーム方針として積極的な走塁をテーマとしているが、この試合では初回に走力が発揮された。森が積極的に初球を打ってヒットで出塁。桑原は、走者を気にする望月のボールを冷静に見極めてノーアウト1、2塁。山下の深めのライトフライで森がタッチアップして1、3塁。

楠本の打席で、カウントが2ボール1ストライクになったところで、1塁ランナーの桑原がスタート。楠本が打って、強い当たりのセカンドゴロだったが、ややイレギュラーバウンドになって難波が弾いてしまった。取っていてもセカンドは微妙なタイミングだったが、ランナーを動かしたことで内野手にプレッシャーをかけた。

そして、蝦名の2球目で楠本がスタート。キャッチャーが2塁へ送球する間に、サードランナー桑原がホームを突いてダブルスチール成功。2点目を奪った。楠本もいいスタートを切っていたし、桑原はホームを突く準備ができていた。

取り組んでいるテーマに対して、非常に良い内容の得点だった。高城のサードゴロで横尾が悪送球し、さらに1点を追加。守備の乱れにも乗じ、先頭の森の1安打だけで3点を奪った。3回にも山下の二塁打から犠打、犠飛と1安打で追加点と効率よく得点する野球ができた。練習試合でなかなか成果が出ていなかったので、まずはひとつ形を作れて良かった。

エラーを取り返す好守を見せた森

バッティングでは積極的に打つ姿勢で、ヒットは1本ながら良い当たりも見せていた森。4回に郡の打球に合わせることができずにエラー。飯塚が踏ん張って失点には繋がらなかった。

8回は2アウト1塁から田宮が盗塁。益子がセカンドへ悪送球し、ランナーは3塁へ。高濱を歩かせて1、3塁のピンチとなり、打席には宮田。三遊間の深いところへゴロが転がったが、森が追い付いてファーストへ目一杯の送球。間一髪アウトとなり、得点を防いだ。森の強肩が生きた守備だった。4-2という場面だった1点を返されると試合はますます分からなくなるところ。殊勲の守備だった。

9回には楠本がレフトのファウルゾーンで、スライディングキャッチ。長い距離を走り、切れて行く打球に対して最短距離で入って捕まえた。知野もファーストで好守を見せており、エラーもあったが、守備で光るものが見えた試合だった。

力強い腕の振りで好投の中川

スピードガンでは140キロそこそこが計時されていたが、中川の腕の振りが良く、打者が押されていた。3イニングで10人の打者に投げて、今井のソロの1安打に抑え、3三振を奪った。

今井に対しては、ストレートがやや高めに行ってしまったが、インサイド寄りのボールを巧く巻き込んで打っていた。これは打った方を褒めるべきだろう。本人も低めへの投球に手ごたえを感じていた様子。視察した三浦監督もボールに力があり、中川本来の投球ができていたと評価した。

今年はファームスタートとなっているが、虎大だけに1軍昇格を虎視眈々と狙っている。阪口、京山、あるいはルーキーの入江が躓くようなら、割って入って来るだろう。それだけの気迫を感じる投球だった。本人もオープン戦で呼ばれるようにやって行きたいと意欲を見せていた。

パンチ力を再びアピールした知野

紅白戦で初回にいきなり先制ホームランを叩き込んでアピールし、1軍の練習試合にも参加した知野だったが、練習試合では結果が出なかった。1軍昇格はならなかった知野だが、この試合では最初の2打席は連続三振に倒れたが、最後の打席に甘く入った139キロのストレートを力強く叩き、左中間のスタンドへ運んだ。

この試合ではセカンドでスタメン出場し、途中からファーストに入った。ファーストで好守を連発し、守りでもアピールができた。再び1軍昇格のチャンスを得るために、アピールを続けて行きたい。

三浦監督も視察、20日は山下、楠本が参加

1軍は19日が休養日だったが、三浦監督は宜野湾から少し距離がある名護に来て、練習試合を視察した。森や中川のプレーに評価を与えていた。フル出場して最後の打席に実戦初ヒットとなるレフト線への二塁打を放った、高卒ルーキーの小深田は見る機会も限られているだろうから、三浦監督には良いインパクトを与えられたのではないか。

初回も甘い球を捉えた当たりを放ち、3回にはライト線へ二塁打を放った山下が、20日の1軍の練習試合に参加し、スタメン出場する。この試合でフル出場した楠本はベンチスタートになるが、アピールの場を狙う。

投手ではルーキーの入江、池谷が初登板する予定。三浦監督も入江について、どれだけ力むのか見たいという独特の注目ポイントを挙げていた。

9神里
6大和
8細川
7佐野
D中井
3山下
5伊藤裕
2伊藤光
4牧
P入江(2イニング)

[控え投手]
濵口(4イニング)
池谷(1イニング)
伊勢
平田
砂田
武藤
国吉

内容的にも寂しい試合が続いているが、この日のファーム練習試合の刺激を受け、躍動する選手が見られることを期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました