スポンサーリンク

新記録はならずもマシンガン打線で9得点

10/14 東京ヤクルト6-9横浜DeNA@神宮

DeNAは初回にソトの振り逃げから宮崎のタイムリーで先制。3回も宮崎のタイムリーなど5安打で3点を追加し、主導権を握る。5回には佐野の3試合連続ホームランが出て、セ・リーグ新記録の10試合連続複数ホームランに王手がかかる。6回には2四球に4安打を絡めて4点を追加。しかし、ホームランは出ず新記録はならなかった。8回に西浦の3ランなどで3点差まで詰め寄られたが、三嶋が締めて連勝。

ポジ

ホームランだけが得点ではない。この日は12安打だったが、長打は3本。猛打賞だったオースティン、宮崎もこの日は全部単打だった。特にオースティンは長打を警戒する中で、外野手がかなり後ろに守っているところ、詰まった当たりが落ちるラッキーなヒットだった。当てに行っていないからこその結果。

これでオースティンの10月は、打率.439、8本塁打、19打点。まだ14日なので半分も終わっていないのだが、やはり期待してしまう。もうそれくらいしか楽しみがないから。いつケガするのかヒヤヒヤしつつ、彼の活躍を見て行きたい。

さらに個人成績の話を続けると、この日宮崎が猛打賞だったことで、急降下の村上と青木を抜いて3位に上がった。1位佐野、2位梶谷、3位宮崎とDeNAで独占する状態になった。残りちょうど20試合。既にシーズンの最終規定打席には到達しているので、首位打者に向けて調整できる状況にある。.333だとだいぶ下がったというくらいの感覚さえあるが、今が不調ならこの後もう少し状態を上げられるはずだ。

その佐野は不調と言いながら3試合連続ホームラン。5打数1安打でも最低限といったら贅沢な仕事をしている。前日に続いて最初の2打席、チャンスで凡退した後、3打席目でホームランを放った。前日は3-0から力んでフライを上げたが、この日は石川が完璧なコースへ投げたので仕方ないだろう。5打数1安打でかなり打率が下がる状況だが、ノーヒットが続かないところが首位打者を争う要因。ここを乗り越えればまた打率が上がって来るのではないか。

坂本は5回101球と球数が多過ぎた。この展開なら6回は投げられないといけないが、ルーキーに100球を超えて無理に投げさせるわけにもいかないだろうから、交代は仕方ない。西浦には高めに浮いた球をしっかりと捉えられた。続いて松本友にも二塁打を打たれたが、その後を失点せずに抑えられたことを評価したい。一気に5-2となると流れが行きそうだったが、DeNAペースのまま進み、6回の追加点に繋がった。

それにしても坂本が投げる試合では援護が多い。前回は菅野が相手だったので難しかったが、それ以外は7失点した試合も含めて大量点が入っている。これで4勝。長期離脱があったが、5勝以上でシーズンを終えられればまずまずだろう。あと何回かある登板で勝ち星を重ねたいが、来週は順番通りになるとナゴドの大野雄。今までの援護がウソのような無援になりそうな気配。

砂田、平田がともに素晴らしい投球だった。この流れで8点差だったら、武藤にきっちり投げてもらいたいという起用は当然。パットンと交互にベンチ入りしているエスコバーは、そのままの点差だったら9回を予定していたか。8回が上位に回るから、そこでエスコバーを投げさせて9回に進藤というようなリレーでも良かったかも知れない。

ヤジ

点差は詰められたが継投は妥当なもので、歩かせたり打たれた投手の問題。2アウトまで行ってから、青木を歩かせたことが良くなかった。8点差でランナーを溜めることが一番良くない。巧打者で選球眼も良いとは言え、ストライクを投げて打たれたのならまだしも、四球ではノーチャンス。点差を考えると進藤へのスイッチも妥当かなとは思う。ホームランを打たれるとは思わなかっただろう。

それよりもフジテレビONEで解説だった若松氏。「DeNAは9回誰でしょうね?」と発言し、アナウンサーから「三嶋じゃないですか」と教えられる始末。いや、神宮はブルペンがグラウンド上にあるから見えるでしょうが。何年、神宮でやっているのかと思ってしまった。他にも?となることが多く、ちょっといろいろな意味で心配ではある。

キジ

ヤクルトに連勝で借金は1に戻った。4位は変わらないが、2位に上がった中日から3チームが僅差にいる。これだけ首位とゲーム差が離れておいて気が引けるのだろうが、CSがあったらかなり熱い争いだった。

この後大きく順位が変わってしまうかも知れないが、かなり予想に近づきつつある?別に意味はないが。思ったより広島が悪くて、阪神が良かったという感じだろうか。パ・リーグは、ちょっと楽天は難しそうだ。

15日は昨日書いたように平良が復帰登板となる。しかし、あまり天気予報が良くない。夜には雨が上がるかも知れないが、気温が低くなりそう。病み上がりなので、無理がないようにして欲しい。ヤクルトは、吉田大喜。過去3戦全てQSで、どうやらDeNAだけが苦手としているようだ。2020年の神宮最終戦、勝って締めくくっておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました